LFJ:ネルソン・ゲルナー、多彩な音色が素晴らしかった ♪

LFJ2017.png
昨日はラフォルジュルネで、ネルソン・ゲルナー(Nelson Goerner)を初めて聴いた。

ネルソン・ゲルナーはこんなピアニスト(↓ LFJサイトから引用、写真も)。

1969年アルゼンチン生まれ。ブエノスアイレスのリスト・コンクールで優勝し、アルゲリッチに才能を見出されて渡欧。1990年、ジュネーヴ国際コンクール第1位。クリヴィヌ、N.ヤルヴィ、ルイージ、ロンドン・フィル、スイス・ロマンド管、ドイツ・カンマー・フィル、アルゲリッチ、イッサーリスらと共演。

art_077.jpg


曲目は以下。私の好みからするとドビュッシー以外はそれほどではないが、こういうプログラムもたまには面白いだろうと思ってでかけた。

ショパン:ポロネーズ第5番 嬰ヘ短調 op.44
アルベニス:「イベリア」から エボカシオン、港、トゥリアーナ
ドビュッシー:「版画」から グラナダの夕べ
リスト:スペイン狂詩曲

pia small.png

先行抽選予約でゲットしたチケットだったので座席が心配だったが、なんと!前から2番目の中央左。ピアニストの手も見えるし、結果的には音響も悪くなかったし最高の席だった ♪

1曲目、ショパンの最初では、低音が、よく響くのだがややこもって聴こえて来たので、音が頭の上を通り過ぎているのかと心配した。が、途中からそんなこともなくなったので、ゲルナーさん、ちょっと緊張していたのかも知れない。

そのあとの演奏での音(音色・音響)の素晴らしさを考えると、緊張で「音が響きにくいタッチ」になっていたのかも知れない。なので、演奏の印象としてはやや硬めのポロネーズであった。

音質も(たぶん)解釈も、よくある「ショパンらしい」演奏とはちょっと違っていたので、もう少し弾力性があってこなれてくれば面白いショパンになったような気がする。

pia small.png

このプログラムで一番気に入ったのがアルベニス。

私としてはよく聴く曲ではないが、とても面白く心地よく聴かせてもらった。とくに、音色・タッチの多彩さと、その使い方・組み合わせの妙味が素晴らしかった。

右手の旋律と左手の伴奏、とはっきり分かれているような作りでは(たぶん)ないのだけれど、明快に響く右手と何とも言えないタッチで絡む左手と、まさに「織りなす」とか「紡ぎ出される」といった印象。それは、旋律が左手に移っても、両手での和音が混じり合っても立体的に響いてくる。豊かな色彩さえ感じられる演奏だった。

こんな風に弾けたら気持ちいいだろうな…♪ と思いながら聴いた。

pia small.png

ドビュッシーは一番期待した曲だったのだが、残念ながら私の好みの演奏ではなかった。1曲だけだったので、もう少し聴いてみたい気もした。

もう少し細い、というか研ぎ澄まされた感じの緊張感のある音が欲しかった。あるいは、ゲルナーさんの音色にあった曲の作り方?もあったのかも知れない…。聴いている方が最後まで「乗り切れず」?何となくどっちつかずの印象だった。

pia small.png

最後のリストは、あの小さな手でよく弾くな〜、よくリストの和音がつかめるな〜と感心するほどの熱演♪

リストの曲、とくにこの「スペイン狂詩曲」のように派手な曲はあまり好みではないのだけれど、面白かった。アルベニスと同様、音色やタッチがダイナミックに変化して、音楽の流れもドライヴ感があってどんどん進んでいくのは痛快でもあった。

ただ、途中からゲルナーさんの顔が、どことなくサーカスの熟練の芸人のように見えて来た…(^^;)。でも、終わったときの会場の「ブラボー」に珍しく共感できた演奏であった ♪

pia small.png

それにしても、やっぱりナマのピアノの音はいい♪ 少し前にスタインウェイの本を読んでいたので(→《スタインウェイを買うなら1900年〜1967年もの?》)、気のせいか、響板とフレームと弦が響きあって楽器がよく鳴っているような気がした。

ゲルナーさんの印象は、舞台に出てくるところは、どこにでもいそうな「人のいいおじさん」という感じ…。思ったより小柄で手も小さい感じ。それで、これだけエネルギッシュな演奏ができるのだから、驚きである。

ピアノを弾く姿は、音楽に集中して、とても誠実な印象を受けた。私の「お気に入り」度で言えば、曲によっていろいろだが、全体としてはとても好感度が高かった。

わずか45分間のプログラムなのだが、なかなか充実していて楽しめた ♪







オックスフォード・ピアノ・フェスティバル、凄い!♪

今年の夏に行われる「オックスフォード・ピアノ・フェスティバル」("2017 Oxford Piano Festival")というのをたまたま発見した。

オックスフォード・フィルハーモニー管弦楽団が主催するようだが、内容が素晴らしい。


OxfordPianoFes.png


教授陣を見ると有名人では、アンドラーシュ・シフ(プレジデント)、リチャード・グード、メナヘム・プレスラー、イェフィム・ブロンフマン、アルフレッド・ブレンデル(パトロン)、ファニー・ウォーターマン(Leeds で有名な…)などが並んでいる。

他に、名前を初めて聞くピアニストとしては、Marios Papadopoulos(音楽監督)、Zhang Zuo、John Lill、Saleem Ashkar など。

こういう充実した教授陣(ピアニスト)が、昼間はマスタークラスや講義、夜はリサイタルという、実にぜいたくな1週間強である。スケジュール表は下記。


OxfordCal.png


マスタークラスは公開されているようで、2時間のものが約1,000円(£7)、3時間のものが約1,500円(£10)で聴ける。リサイタルのチケット価格も「リーズナブル」で、£10〜25(約1,500円〜3,600円)くらい。一番高いのが、シフ(バッハの平均律 Book1 全曲、休憩なし)の£42〜10 だが、それでも一番高い席が約6,100円である!

ブレンデルの "Beethoven’s Last Sonatas and his Late Style" という講義はちょっと聞いてみたい気がする。また、「パフォーマンス」の専門家による "Managing Performance Nerves" というのも面白そうだ。

詳しくはこちらのパンフレット(PDF)をどうぞ。

いや〜、オックスフォードの近くに住んでいる人が羨ましい…(^^;)。

pia small.png

こういうものを見るたびに、日本という国は「文化僻地」なのかな〜と思ってしまう。少なくとも、クラシック・ピアノ音楽に関しては…。

私のような素人のピアノ・ファンでさえそう思うのだから、ピアニストを目指す人たちにとっては、たくさんの音楽祭やコンサート・シリーズがいつも開催されている環境とそうでない環境とでは、天と地ほどの差が感じられるのではないだろうか…。

参考:
《ヴェルビエ音楽アカデミーの受講生ピアニスト》

「浜松国際ピアノ・アカデミー」というのもあったが、中村紘子さんが亡くなられた途端に終了することになってしまった。後継者がいないということは残念なことだ。

参考:
✏️浜松国際ピアノ・アカデミーの終焉
《中村紘子さんの訃報に接して》







日本人ピアニスト:探索候補リスト作成中 ♪

数日前に、日本人ピアニストの探索を再開(というか第2弾を開始…)したいという記事を書いた。
《日本人ピアニスト:探索再開しようかな…♪》

問題は、探索するピアニストの候補をどうやって見つけるか?

前回(2015年)《日本人ピアニスト35人、聴いてみようかな…》のときは、『音友』の人気ランキングなどを参考にしている。

試しに Google で「日本人ピアニスト」で画像検索すると、下の図のような結果になる。よく見ると日本人以外もいる。牛田智大クンとか辻井伸行クンが目立つのは、とり上げられる頻度が多いからだろう。

JapanesePianist.png


で、今回はラフォルジュルネや「いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭」を含む5月の国内コンサート出場者から、リストアップしてみることにした。

これまでにチェック済みのピアニスト等を除いても50人のリストになった。(文末参照)

ちょっと多すぎるし、選び方から考えてもかなりの幅があると思われるので、まずは大雑把にチェックして少し絞り込むことにした。コンクールの「予備審査」みたいなもの? …といっても、基準は上手下手ではなく「私の好み」に合うかどうか。

方法は、YouTube の音源をいくつか聴いてみて直感的に決めることにした。YouTube に音源が十分にない場合には、残念ながら「落選」とすることにした。

pia small.png

で、その結果は私のもう一つのブログ(というより下書きノート?)『ぴあの研究ノート』にメモしていこうと思っている。

〈日本人ピアニスト探索2候補者リスト:worksheet〉

この記事(50人のピアニスト・リスト)を元に、順次チェックしていって、結果を随時記入していく予定。すべてチェックが終わった段階で、残ったピアニストについては再度じっくり聴いてみる(本審査?)つもりにしている。

何人候補に残るかは終わってみないと分からない…。一人でも応援したいピアニストが見つかると嬉しいのだが…♪



★参考(にならないかも知れない):50人の日本人ピアニストリスト

稲垣聡
碓井俊樹
永野美佐子
賀集裕子
菊池祐介
近藤嘉宏
源田泰子
江澤聖子
高橋悠治
佐藤篤
三浦友理枝
三輪郁
山口哉
児玉麻里
篠崎みどり
秋元孝介
小杉麻梨子
松本明
深沢亮子
杉谷昭子
石本えり子
川合亜実
前田陽一朗
大導寺錬太郎
丹羽悦子
池田葉子
中沢万里子
塚田尚吾
椿佳美
鶴見彩
田代純子
田島睦子
渡辺治子
藤井一興
藤野まり
波田紗也歌
泊真美子
白河俊平
白石光隆
樋口一朗
尾崎未空
平野加奈
米谷昌美
北川暁子
牧田弥子
堀内龍星
木下由香
木田左和子
木米真理恵
有森博









アルゲリッチがクリーヴランド・ピアノコンクールの2017年シリーズに…

アルゲリッチがクリーヴランド国際ピアノコンクールに出演するわけでも、審査員を務めるわけでもなく、このコンクールが主催している "2017 Concert Series" に登場するという話題。タイトルが分かりづらくてすみません…(^^;)…。

そもそもこの話題を見つけたのはこんな記事(↓)。

✏️Just in: Martha Argerich to make Cleveland debut
 (速報:マルタ・アルゲリッチ、クリーヴランド・デビュー)

この記事の中にも「アルゲリッチ、Severance Hall(セヴェランス・ホール:クリーヴランド管弦楽団の本拠地)デビュー」という記述のあとに「でも、クリーヴランド管弦楽団との共演じゃないよ」と書いてある。

pia small.png

で、真相?は、クリーヴランド国際ピアノコンクールというのはコンクールだけではなく、年間を通じてコンサート・シリーズなどを開催しているようで、アルゲリッチが出るのはそのコンサートの一つということ…。

公演内容は、1989年にこのコンクールで優勝した、アルゲリッチの友人でもあるセルゲイ・ババヤンとのデュオ・コンサートで、曲目は下記。日にちは今年の10月30日。

"U.S. Premiere" というのは「米国初演」ということ。まぁ、ババヤン編曲なのでそういうこともあるだろう。

W.A. MOZART (1756 – 1791)
Sonata for Two Pianos, K. 448
Larghetto and Allegro for Two Pianos, K. deest.

PROKOFIEV (1891 – 1953)/trans. S. BABAYAN (b. 1961)
Suite from “Romeo and Juliet,” Op. 64
Selections from incidental music to “Hamlet,” Op. 77 (U.S. Premiere)
Selections from incidental music to “Eugene Onegin,” Op. 71 (U.S. Premiere)
Film music from “Queen of Spades,” Op. 70 (U.S. Premiere)



cipc-desktop-argerich-banner.jpg


ところで、クリーヴランド国際ピアノコンクールというのはあまり聞いたことのない名前だったので少し調べてみた。

公式サイトを見ると、結構しっかりやっているコンクールのようだ。

というか、優勝賞金が $75,000(約840万円)とかなり高額だ…(^^)! ショパンコンクールの3万ユーロ(約370万円)などよりずっと多い。
→参考:✏️国際コンクールの賞金を調べてみると

それに加えて、カーネギーホールでのリサイタル、Steinway & Sons レーベルでのCD録音、米国内コンサートなどの「副賞」が付いてくる。

過去の履歴を見ると2年に1度開催されているが、最近は3年4年と間があいてきている。前回は2016年、次回は2020年の予定だ。間の2018年に Young Artists(12〜17歳)のコンクールがある。

pia small.png

過去の受賞者を見ても、あまり知っている名前はない。それこそババヤンくらい…。

と思ったら、2003年に福間洸太朗さんが日本人として初の1位に輝いている ♪ 以前、日本人ピアニストのお気に入り探索で、彼のプロフィールにあったはずだがまったく気にも留めていなかった…(^^;)。

《福間 洸太朗:闊達に歌うピアノ ♪(お薦め日本人ピアニスト)》


2000年代の優勝者を並べてみると…。一番有名なのは誰なんだろう…?

2016 Nikita Mndoyants, Russia
2013 Stanislav Khristenko, Russia
2011 Alexander Schimpf, Germany
2009 Martina Filjak, Croatia
2007 Alexander Ghindin, Russia
2005 Chu-Fang Huang, China
2003 Kotaro Fukuma, Japan
2001 Roberto Plano, Italy


日本人入賞者としては、1993年の3位に Seizo Azuma, Yuko Nakamichi、4位に Katsunori Ishii。ババヤンが優勝した1989年の3位に Megumi Kaneko という名前がある。

pia small.png

まぁ、2020年に覚えていたら、チェックしてみようかな…♪

* * * pia small.png * * *
★追記(2017/05/03 9:00)★

ピアノコンクールつながりで…。今朝、ニュースをチェックしていたら、マレイ・ペライアがリーズ国際ピアノコンクールの "patron"(パトロン、支援者:経済的にも?)になることが決まった、という記事があった。

✏️Murray Perahia joins Leeds Piano Competition

2015年のちょっと残念なコンクールのあと、ポール・ルイス芸術監督となって「新ヴィジョン」を発表し、ここにきて大御所マレイ・ペライアが "patron" に就任する(6月1日〜)ということは、来年のリーズは少し期待できるかもしれない ♪

【関連記事】
《リーズ国際ピアノコンクール、復活なるか?ー新ヴィジョン発表!》
《ポール・ルイスがリーズ国際コンクールの芸術監督に ♪》







ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章、苦戦中…

ベトソナ13番の最終楽章、練習としては毎日確実にできていて、それなりの充実感もあるが、進み方からいえばカタツムリといい勝負かもしれない…🐌…!?

少し前に書いた《10分間練習法:ピアノの効率的練習方法?》に沿って、ほぼ計画通りに「提示部」のブロック①〜⑤を練習している。

ところが①〜⑤それぞれレベルは違っていても、私にとってはすべて「難所」なので、まぁ、この進み方(の遅さ)は仕方ないとも言える。歳のせいで?気が短くなっている?

pia small.png

で、進み具合を自分で認識するために、各ブロックの進捗度を%で数値化してみることにした。しかも3つの視点で。

下の表がそれで、💚は「暗譜したかどうか」、🎹は「ゆっくり楽譜通りに弾けるか」、🆗は「テンポや強弱も含めて自己満足できるレベルに達したか」をそれぞれ100%を満点として示してある。

「暗譜」は頭で覚えるだけでなく、指が迷わずに動くところまでできて100%とする。🎹マークの100%は、ゆっくりでいいので一定のテンポでミスなく弾けるレベル。

🆗は、プロの演奏よりは遅いテンポでいいのだが、自分のイメージする許容範囲のテンポで強弱や表情も含め自己満足できるくらいに弾けるレベルを目指す。少なくとも一つのブロック内では止まらないで弾くことが目標。


BeeSona13m4s11.png


改めて、自己評価の数字を見てみると…。

暗譜の進み具合はまぁこんなものだろう。④と⑤のところは、今ひとつ音楽の流れをつかみきれていないことが覚えられない原因だと思う。あとひと頑張りである。

🎹マークの「ゆっくり弾けるか」というところで苦労しているのは、③の後半の上下にオクターブ、ジャンプするところ。なかなか、目的地のポジションがスッと決まらない。それこそ10分間練習での繰り返しで何とかするしかないだろう。

🆗マークは全体にまだまだなので、今回はぜんぶ「0%」にした。①くらいは「10%」にしてもいいかも知れないが…。

pia small.png

…という感じで、このペースで行くとあと1ヵ月くらいはかかりそうだ。第1楽章を始めたのが3月1日だったので、3ヵ月の大プロジェクトになるかもしれない。

今のところ、次に練習したい曲が見つかっている訳でもないので、ゆっくりベトソナを楽しむことにしよう…(^^)♪