小川典子'新'審査委員長の意気込み:浜松国際ピアノコンクール

NIKKEI STYLE の隠れた?音楽コーナーに浜松国際ピアノコンクールの新しい審査委員長、小川典子さんのインタビュー記事(↓)が載っていた。

✏️小川典子さん「浜松国際から世界に直接ピアニストを」

ogawa.jpg

それによると、浜松国際ピアノコンクールの新しい目標は「浜松から世界のひのき舞台へ直接ピアニストを送り込む」ことだそうだ。

つまり、これまでは「浜松の後にショパン国際やチャイコフスキー国際に行って優秀な成績を収めてくれること」で喜んでいた。簡単に言えば三大コンクールへの "springboard"(踏み台)というか、練習ラウンド?みたいなもの、ということだろう。

で、これからは「もう一歩先へ進んで、浜松から直接、仕事のできるピアニストを」生み出したい、ということのようだ。

何気なく読むと「そうか…」と思いそうなのだが、これって言い換えると「三大コンクール」(チャイコフスキー、ショパン、エリザベート)と肩を並べたいという、けっこう壮大かつ大胆な目標にも見える。

でも「三大」の一つであるエリザベートでさえ、少なくとも2016年はパッとしなかったし、「五大コンクール」に入るだろうリーズもロンティボーも相当苦戦中(↓)である。浜松、ホンキなの?と思ってしまう…。

《リーズ国際ピアノコンクール、復活なるか?ー新ヴィジョン発表!》
《ロンティボー国際コンクール、1年延期!》

pia small.png

一方で「浜松国際はすでに成熟しているコンクール」という認識のようで、大きな変革はないようだ。個人的な感想としては、「成熟」が「行き詰まり」でなければよいのだが…。

小川さんの「英国でのネットワーク」を使って、入賞者への「ご褒美として付いてくる演奏会」を充実させたい、というのが一番の目玉?らしい…。

pia small.png

「国際的に活躍できるピアニストの条件とは?」という質問に対して…。

体力」というのは当然なのだろうが、その次に「自分がどのくらいできるかが分かっている」とあったのがちょっと面白いと思った。「己を知る」ということなのだろうが、いろんなピアニストの言動を見て(ネットから垣間見て)いると、そうじゃない人もけっこう見受けられるような気がする…。

もう一つ、「自分の意見を持って個性を打ち出せるピアニストを探している」とも仰っているが、逆に言うとそういうピアニストがなかなかいないということなのかも…?

pia small.png

小川さん自身、ピアニストとしての立場からの発言もある。

自分ではドビュッシーや武満徹の作品がいちばん得意な感じがある」「でも最近は、ピアノの楽器としての発展と作曲家が訴えたい気持ちの強さを考慮すると、やはりピアニストはベートーベンからシューベルト、シューマン、ブラームスあたりまでの作品に戻っていくものだと感じ始めている。

…このあたり、あまり共感はできないが、そういう感じ方もあるんだ…と思った。確かに、ピアノ音楽の全盛期は18〜19世紀の200年ほどというとらえ方もあると思うが、個人的にはこれからも発展していくものだと信じたい。

それから、元理工系として興味深かったのは、小川さんが専属契約しているBIS社(スウェーデン)でのレコーディングの話。

BIS社が使っているマイクは性能が非常に良く、すごく広いダイナミックレンジ(強弱の幅)を要求される」、そのため「弱い音を出す勉強をすることができた」そうだ。録音技術の向上がピアノ奏法に影響を与えることもある、ということかナ?

pia small.png

おまけ。ところで、この記事が掲載された「NIKKEI STYLE の隠れた?音楽コーナー」であるが、実は NIKKEI STYLE のなかの「エンタメ!」というコーナーの中のサブジャンル?である「ビジュアル音楽堂」というところだ。実に奥まった所にあってなかなか見つからない…(^^;)。

いまさらながら、日本での「音楽」(とくにクラシック音楽)の地位の低さ(メディアでの取り扱いのマイナーさ)に驚嘆してしまう。英語の記事を見ていると、例えば The Guardian などはかなり中身のある記事を載せていたりするのだが…。

音楽記者とか投稿者のレベルの問題かもしれないし、メディアの態度かもしれないし、読者側(世間)の状況を反映しているだけかもしれないが、残念なことだ…。

記事もかなり「ドメスティック」に偏っており、読みたい記事も多くはない。例えば、これまでの記事に登場したピアニスト(鍵盤奏者)の名前を並べるとこんな感じ(↓)だ。

上野優子、福原彰美、花房晴美、伊藤恵、瀬川裕美子、山口友由実、河村尚子、進藤麻美、横山幸雄、高田泰治、大嶺未来、クルティシェフ、小倉貴久子、鈴木雅明、アリス=紗良・オット、アルゲリッチ、小曽根真、小林愛実、田部京子、小菅優

これは、日経を読んでいる層の趣味を反映しているのか?、個人的には「なんだかな〜」という気がするが…(^^;)。(補足:私自身は現役時代から日経を読んでますが、この「趣味」はちょっと違う気がします…)







ピアノの本棚2014 ♪

PianoHondana.png 2014年に読んだ本
 2013 2015 2016

My Piano Life 2014 振り返り3:知る・楽しむ
:お薦め、→:関連記事
『ロシア・ピアニズムの贈り物』

ロシア的《響き》の謎を追う
重量奏法を身につけるために
✍️読書ノート
『人生が深まるクラシック音楽入門』

「人生が深まるクラシック音楽入門」:音楽は心を入れる器
『線の音楽』

現代作曲家たちが考えてきたこと
✍️読書ノート
『ピアノ音楽史事典』

「ピアノ音楽史事典」から:現代音楽とピアニスト
✍️読書ノート
『武満徹―その音楽地図』

武満徹のピアノ作品(現代ピアノ曲探索の旅)
武満徹のピアノ曲を調べ始めた…
『ピアニストたちの祝祭 - 唯一無二の時間を求めて』

「ピアニストたちの祝祭」:興味深い話がたくさん
『指先から感じる ドビュッシー』

ドビュッシー「アラベスク第1番」をもっと知るために
『ドビュッシーとの散歩』

ドビュッシー「アラベスク第1番」をもっと知るために
『ピアノQ&A 136 (上)』

参考になることがたくさん…
『ピアノQ&A 136 (下)』

拍子感、フレーズ感、音楽的センス…
『現代のピアニスト30: アリアと変奏』

『現代のピアニスト30』人 知ってますか?
『大人のための リズム感を鍛える ピアノ・エクササイズ1』

大人のためのリズム訓練を探す
『本当に役立つ! ピアノ練習法74 17人の指導者が実践する最強のトレーニング』

『本当に役立つ!ピアノ練習法74』:指を鍛える方法など
『本当に役立つ! ピアノ練習法74 まだまだ知りたい! 編』

『本当に役立つ!ピアノ練習法74』:指を鍛える方法など
『千住博の美術の授業 絵を描く悦び』

絵心から音楽の心を学ぶ:イマジネーションの力
『音楽の文章セミナー―プログラム・ノートから論文まで』

「音楽の文章セミナー」→音楽関連の資料の探し方
『音楽と人間と宇宙~世界の共鳴を科学する~』

たまには壮大なことを考えてみる?「音楽と人間と宇宙」
『芸術を創る脳: 美・言語・人間性をめぐる対話』

ピアノ演奏とF1レースの共通点?
✍️読書ノート
『バレンボイム音楽論──対話と共存のフーガ』

バレンボイムはただ者ではない
モーツァルトから学べること
✍️読書ノート
『ペダル・テクニック 基礎編 ピアノの美しい響きと表現のために』

ペダルの踏み方をきちんと練習する
『ペダル・テクニック 応用編 ピアノの美しい響きと表現のために』

ペダルの踏み方をきちんと練習する
『音楽を「考える」』

音楽を「考える」→"内なる音"
『ピアノ・レパートリー事典』

本:「ピアノ・レパートリー事典〈増補改訂版〉」
『ショパンのピアニスム―その演奏美学をさぐる』

ショパンはオペラ・ファン!?
✍️読書ノート
『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

小澤征爾×村上春樹の対談が素晴らしい!
『ピアノと向きあう 芸術的個性を育むために』

「ピアノと向きあう」:基礎練習も取り込もう
『僕はいかにして指揮者になったのか』
『クラシックでわかる世界史 時代を生きた作曲家、歴史を変えた名曲』

※Amazon「インスタントストア」終了(2017.10.27)に伴い内容をこちらに移動


クラシックピアノ界、話題のピアニスト&CD ♪

突然ペンタトーンへ移籍したエマールさんの新しいCDについて、ねもねも舎の記事に「エマールの鳥のカタログ・・・なら、売れたとしても数百枚程度」と書いてあって「えっ!そんなに少ないの?」と思った。

…のだが、そもそもファンが多いとは言えないクラシック音楽の、その中でもたぶん少数派のピアノ音楽の、しかもメシアンというちょっとマイナーかもしれない作曲家、となればそんなものかも知れないと、5秒後には妙に納得していた…。

「爆発的に売れ」たというチョ・ソンジンのCDは何枚売れたのか、ちょっと気になるところだ。

pia small.png

でも、このところピアノ音楽のCDリリースやピアニストのレーベル契約の記事をよく見るような気がしている。「レコーディング業界はもはや青息吐息」というのはどの程度の息切れ状態なんだろう?

最近の話題を思いつくまま並べてみると…。


●レイフ・オヴェ・アンスネスのシベリウス

ソニー・クラシカルから9月13日発売予定。

✏️レイフ・オヴェ・アンスネスの新録音は“悲しきワルツ”のピアノ版を含むシベリウスのピアノ作品集!

『悲しきワルツ~シベリウス:ピアノ名品集』



●ピエール=ロラン・エマールのメシアン

エマールさんがドイツ・グラモフォンからペンタトーンへ電撃移籍? その第一弾「鳥のカタログ」は来年2018年3月発売予定。

✏️PIERRE-LAURENT AIMARD SIGNS TO PENTATONE


●高橋悠治のサティ

DENONレーベルから高音質のUHQ-CD 版『サティ:新・ピアノ作品集』が9月20日発売予定。高橋悠治さん79歳、40年ぶりの録音。

✏️クラシック・ピアノ界のレジェンド・高橋悠治が40年ぶりの再録音となる『サティ 新・ピアノ作品集』発売


●松田華音の2ndアルバムはロシアもの

✏️松田華音『ムソルグスキー:展覧会の絵』 約2年7ヶ月ぶりの新譜は、スケール感と繊細さを備えたロシア作品集!!

6月14日発売の『ムソルグスキー:展覧会の絵』。他にプロコフィエフの《ロメオとジュリエット》から10の小品を含む。10月30日には東京オペラシティで発売記念リサイタルが行われる。


●エフゲニー・キーシンのベトソナ

グラモフォン移籍後の第一弾が8月30日発売予定の『ベートーヴェン・リサイタル ~《月光》《熱情》《告別》他』。これは、ドイツ・グラモフォンの「ピアノ・マスターズ・シリーズ」の第一弾でもある。

《キーシンのグラモフォン移籍第1弾が8月にリリース♪「ピアノ・マスターズ・シリーズ」のトップ!》




●クリスチャン・ツィメルマンのシューベルト

9月8日(20日?)発売予定の『シューベルト:ピアノ・ソナタ 第20番&第21番』はソロのフル・アルバムとしてはドビュッシー前奏曲集以来23年ぶりのリリース。2015年末〜翌1月の日本ツアーでの録音。上記「ピアノ・マスターズ・シリーズ」の第二弾。

✏️Facebookの記事


●アルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ、Deccaと契約

シドニー国際ピアノコンクールで2位入賞のアルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ(タチアナ・ニコラーエワの孫)が、Decca と契約した。来年に予定されているデビューCDは、ラフマニノフなどのロシアものを集めた『楽興の時(Moments Musicaux)』というタイトルになるようだ。

《アルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ、Deccaと契約 ♪》

pia small.png

こうやって見ると、クラシック・ピアノ業界も捨てたものではないと思われる。少なくとも「青息吐息」状態には見えない(ような気もする)。それとも「最後のあがき」みたいなところもあるのか? キーシンやエマールさんの移籍もそういう中でのことなのか?

pia small.png

最後に「懺悔」?

こんな記事を書きながら、そういえば自分自身、このところ(それもずいぶん長いあいだ)CD を買っていないことに気がついた…(^^;)。

定年後、ピアノの練習を始めてからかなりクラシック音楽、とくにピアノ曲を聴くようになったのだが、そのほとんどが、YouTube、TVの録画、ピアノコンクールなどのストリーミング配信、そして昨年入会したNAXOSのCDストリーミングくらいである。

ネットでのストリーミング配信もそれなりに音質が良くなってきて、少なくとも安いイヤホンで聴いている分には、まったく問題ない。なので、いま我が家には、CDプレーヤーもないし、大きなステレオセットもスピーカーシステムもない。

…ということで、スミマセン、上にあげた話題の CD も NAXOS に登録されたら(あるいは YouTube にアップされたら)聴きたいと思っております…(^^;)。







最近のピアノに関するモヤモヤを整理してみると…

このところ、連日の暑さのせいもあるのだろうが、カラダもココロも今ひとつシャキッ!としない…。またしても例の?「モヤモヤ」が漂っている感じだ…。

練習の進み具合も今ひとつ、"My Piano Life" としての充実感もあまり感じられない…。

pooh1.png


ちなみに、上の挿絵は、初代「モヤモヤ」キャラクターである「くまのプーさん」(2016年4月登場)。その由来は《ピアノ練習の方向性?(悩み・もやもや…)》に。

最近は、下の「モヤモヤおじさん」を使うことが多い(2016年7月登場)。ちょっと気に入っているかも…。まぁ、どーでもいいことですが…(^^;)。

ついでに、文末にこれまでの「モヤモヤ」記事リンク集を作ってみたので、おヒマな…じゃなく興味ある方はどうぞ…(^^;)。去年がやたらと多いことが分かった。悩んでたのか…?

moyamoya.png

で、今回の「モヤモヤ」はというと…。

一つには、やはり今やっているモーツァルトのソナタ(K.570 第1楽章)の進み具合がパッとしないことなのだろうと思う。

《近況:改めて基礎が大事なことを痛感して…》にも書いたが、モーツァルトには基本的なパターンがたくさん出てくる。それこそ、ツェルニーにも出てきそうな音型が実にうまく使われている。なので、一見するとそれほど難しいとは見えない。でも、弾いてみると弾けない…。

しかも、これまで「基礎訓練」らしいものをほとんど経験せずに来てしまった私としては、この曲の中で基礎練習をしようと思っているわけだが、その練習にはけっこう時間がかかるようで、なかなか進歩を感じられない…。

難しい曲の場合にはいくつかの「難所」があって、最初はどうにもならないのだが、難所攻略のあの手この手を考えながらやっているうちに少しずつ弾けるようになる。その「進歩」のプロセスが嬉しいものだ。

ところがモーツァルトの場合には、一見すると「難所」はなさそうなのだが、私にとっては、ある意味すべてが「難所」なのだ。で、その「難所」を攻略するには、どうも地道な練習しかなさそうなのだ…(^^;)。

…といった状況が、それなりにストレスになっているのかも知れない。

pia small.png

もう一つの「モヤモヤ」は、「弾きたい(&弾けそうな)曲」が思い当たらなくなってきていることにあるのではないか?と思っている。

これまでにも「選曲」に苦労したことはない訳ではないのだが、候補曲はそれなりにあって、その選び方などで悩んでいたことが多かった。…ところが、このところ「この曲弾きたい!♪」というのがあまりないのである…。

弾きたい曲のうち弾けそうなものは弾いてしまった…、という訳でもないと思うのだが。

一つには、「ホールでスタインウェイ」の経験から、もう少し「自分でコントロール」できる曲を弾いた方がいいのかもしれないと思い始めていることがあるだろう。

今年の目標として、少し難易度の高い曲にも挑戦しようと思っていたのだが、コントロールして弾くためには、当然だが少し難易度を下げる必要がある。

そうすると、「好きな曲で弾いてみたいと思うけどとても無理」という曲は候補にさえ入らないことになってしまう。早い話が、ベートーヴェンの後期ソナタなどは最初から除外することになってしまう。

でも、問題はそれだけではなく、そもそもピアノ曲をそんなに知っている訳ではない、ということに対して、この数年いろいろ聴いたり探索したりしてきたのだが、それがまだまだ不十分なのだと思う…。その原因の一つが次の「モヤモヤ」だと思われる。

pia small.png

つまり、最近あまり新しい作曲家やピアノ曲を聴いていない、ということ。

ピアノ曲を聴くことに飽きたわけでもない。新しい作曲家やピアノ曲を探すことに興味が失せたわけでもない(つもり…)。

音楽を聴くときには、ほとんどピアノ曲を聴いているが、その頻度や時間が減っているような気がするのだ。で、聴いている曲も、いま練習している曲がほとんどだったりする。

思い当たる理由としては、いろいろ新しいものを探してはみたが、結果的にはそれほどの「成果」がなかったから、というのもあるかも知れない。つまり「お気に入り」の作曲家やピアノ曲がそれほどたくさん見つかったわけではないし、好きな曲を見つけても到底弾けそうもない曲が多かったりする…。

もう一つ、あまり考えたくはないが、「加齢」による感受性の低下?みたいなことも、もしかすると関係しているのかも知れない。新しいものへの興味とか、たとえ興味はあったとしてもそれを追いかけるエネルギーとか行動力が低下したとか…。そういうことも、完全にないとは言い切れない…かも…。

サミュエル・ウルマンの「青春」という詩(こんな(↓)出だし)でも、読み返してみるか…(^^;)?

青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の様相を言うのだ
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心
安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる


pia small.png

おまけ:「モヤモヤ」の履歴。

2017/07/07《「ホールでスタインウェイ♪」の反省:次へとつなげるために…》
2017/05/16《ピアノの「いい音」「いい演奏」再々…考?》
2017/04/05《基礎練習を曲の中でやることの言い訳?》
2016/12/01《改めてピアノの上達とは?…どこを目指すのか?》
2016/09/29《大人のピアノ:選曲・難易度・仕上げレベル》
2016/07/16《趣味のピアノの選曲は悩ましい…》
2016/07/03《ピアノに関するモヤモヤ:久しぶり?》
2016/05/26《ピアノ練習の方向性?(悩み・もやもや…)》
2016/04/24《ピアノについての私的雑感(モヤモヤ?)…》
2015/01/18《「いい音楽・演奏とは?」を考えてみる…》
2014/08/09《雑想:「いい音楽」に関するもやもやした想い》
2013/11/19《雑感》
2013/05/18《「いい音楽」とは》







ピアノの本棚2013 ♪

PianoHondana.png 2013年に読んだ本
 2014 2015 2016

ピアノの本ベスト5:①弾き方・練習方法
ピアノの本ベスト5:②理論・科学
ピアノの本ベスト5:③読み物など
:お薦め、→:関連記事
「からだで変わるピアノ」

読書メモ:からだで変わるピアノ
弾き方ガイドブック『からだで変わるピアノ』
「ピアニストの脳を科学する: 超絶技巧のメカニズム」

読書メモ:ピアニストの脳を科学する
感動を生み出す演奏
「脱力」を科学する
「ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで」

読書メモ:ピアノを弾く手
「ピアニストは指先で考える」

暗譜力?
「目からウロコのピアノ奏法」
「『ピアノ力』をつける!」
「ピアニストの毎日の基礎練習帳」

基礎練習の下調べ:「ピアニストの毎日の基礎練習帳」
「よくわかるピアニストからだ理論」
「ピアノが上手になる人、ならない人」
「『音楽的』なピアノ演奏のヒント: 豊かなファンタジーとイメージ作り」
「世界最高のピアニスト」
「静けさの中から: ピアニストの四季」

ピアノの本ベスト5:③読み物など
「クラシックがすーっとわかるピアノ音楽入門」
「ラヴェル―回想のピアノ」

読書メモ:ラヴェル ―回想のピアノ
「音楽の捧げもの」
「すべては音楽から生まれる」
「青島広志の作曲ノススメ」

読書メモ:青島広志の作曲ノススメ
「ピアノはなぜ黒いのか」

読書メモ:ピアノはなぜ黒いのか
「ピアノと日本人」
「スタンウェイ戦争 誰が日本のピアノ音楽界をだめにしたのか」
「100のレッスン・ポイント」

読書メモ:100のレッスン・ポイント
「耳で考える ―脳は名曲を欲する」

読書メモ:耳で考える
「感動をつくれますか?」

読書メモ:感動をつくれますか?

※Amazon「インスタントストア」終了(2017.10.27)に伴い内容をこちらに移動