現代のピアノソナタ(1)ニコラ・バクリ

「現代のピアノソナタ」探索シリーズ(シリーズにまでなるかどうか?)第1弾は、フランスの作曲家、ニコラ・バクリという人。

ニコラ・バクリ(Nicolas Bacri)は1961年11月23日パリ生まれ、1983年に「ローマ大賞」を獲得した「フランスで最も嘱望される作曲家」とのこと。

「ローマ大賞」って、あのラヴェルが何回も落選した有名な賞?1983年にあったの?…と思って調べたら、元祖「ローマ賞」は1968年に廃止されたが、1971年から「奨学金給付生の選定」という形でなかば復活しているらしい。(Wikipedia による)

詳しくは、本人サイトと言いたいところだが、フランス語なので読める方はどうぞ…(^^;)。日本語では、下記サイトに簡単な紹介と主要作品リストがある。PTNAのピアノ曲事典にもピアノ曲が紹介されている。

✏️ニコラ・バクリ Nicolas Bacri (1961 - )
✏️PTNA:バクリ, ニコラ Bacri, Nicolas [ フランス ] 1961 -

下記写真は"Nicolas Bacri : Piano Music"というCDのブックレットからお借りしたもの。右がバクリ、左はピアニストのエリアンヌ・レイエ(Eliane Reyes、ベルギー、1977〜)。

ElianeReyes NicolasBacri.png

pia small.png

バクリの作風は一言で言うのが難しいようだ。彼の "Notes étrangères" という本では、自分自身の音楽について以下のように言っているらしい。(「∵」=「なぜならば」)

私の音楽は…
ネオ・クラシカルではなくクラシカルである。
∵時を超越した "Classicism" の側面(表現の厳密さ)を持っているから。
ネオ・ロマンティックではなくロマンティックである。
∵時を超越した "Romanticism" の側面(表現の濃密さ)を持っているから。
モダニストである。
∵時を超越した "Modernism" の側面(表現の領域の拡大)を持っているから。
ポストモダンである。
∵時を超越した "Postmodernism" の側面(表現技術の混合)を持っているから。


よく分からないが、あえてまとめると、

音楽表現において、クラシカルな厳密さ、ロマン派の濃密さ、モダニズムやポストモダニズムがやったような表現技術の多様化やその組み合わせを取り込んでいる。

…ということだろうか? 現代の音楽のあり方というのは、過去の音楽とは違うものを創り出すということではなく、過去の音楽のすべての積み重ねの上に、すべてを包含した形で新しいものを創り出す、みたいなことなのかもしれない。

なんとなく、ラウタヴァーラの次の言葉を思い出した。

「数千年の西洋音楽の歴史全体を、現代の音楽家は一つの領域として捉えるべきだ」
《ラウタヴァーラ、自らの音楽を語った言葉 ♪》

pia small.png

で、バクリは「ピアノソナタ」をいくつか作曲しているが、主なものは次の2曲のようだ。「第1番」がなぜか見当たらない。

ソナタ/ SONATE Op.105 n°2 [2007/(2008/2010)年] [12'00"]
衝動的なソナタ/ SONATA IMPETUOSA Op.122 n°3 [2011年] [12'00"]


YouTube では第2番しか見つからなかった。(第2番の方が有名ということ?)

Nicolas Bacri : 2ème sonate pour piano, Opus 105

11分ほどの曲。続けて弾かれる3つの楽章から構成されている。

1: Adagio doloroso
2: Scherzo (Vivace non troppo)
3: Allegro moderato alla fuga

CD の解説文によると、曲全体の統一感は、第1楽章の2つのテーマがその後もいろんな箇所で形を変えながら使われていることから来ているとのこと。私自身は、2〜3回聴いた限りでは、それに気づくことはできなかったが…。

個人的な好みでいうと、嫌いではない(「現代音楽」的な嫌味などは感じない)が、すぐに「いいなぁ〜」と思うような曲ではない。ちょっと暗い感じ("doloroso":悲しげに)がそう感じさせるのかもしれない。あえて言えば、スケルツォ部分のテンポの速いところはわりと好みではあるが…。

ちなみに、このソナタは2007年にブリュッセルで作曲され、献呈された Julien Quentin というピアニストが初演している。その後2008年・2010年に改版され、最終版はエリアンヌ・レイエにより初演された。

pia small.png

YouTube にあったその他の曲も聴いてみたが、わりといいなと思ったのはこの(↓)「プレリュードとフーガ」である。ややとりとめない印象もあるが、対位法的なところが気に入った理由かもしれない。

BACRI: Prélude et Fugue, Op. 91 (Eliane Reyes) [Naxos 8.572530]

それと「季節(Les Saisons)」の4曲(秋・冬・春・夏)も、やや甘すぎる(ムード音楽的?)かも知れないが、なかなかいい感じの小品である。

Les Saisons op.123, n°1 Nicolas Bacri , Eliane Reyes : L'Automne
Les Saisons op.123 n°2 Nicolas Bacri, Eliane Reyes, L'hiver
Les Saisons op.123 n°3, Nicolas Bacri, Eliane Reyes : Le Printemps
Les Saisons op. 123 n°4, Nicolas Bacri, Eliane Reyes : L'été

pia small.png

おまけ:バクリのピアノ作品集が NAXOS レーベルから出ている。(ピアノ:エリアンヌ・レイエ)

"Nicolas Bacri : Piano Music"
(バクリ:ピアノ作品集)


収録曲は下記。(参考:NAXOS の紹介ページ

前奏曲とフーガ Op. 91
ピアノ・ソナタ第2番 Op. 105
Diletto classico, Op. 100: No. 1. Suite baroque
Diletto classico, Op. 100: No. 2. Sonatina classica
Diletto classico, Op. 100: No. 3. Arioso barocco e fuga monodica a due voci
2つの抒情的スケッチ Op. 103
小前奏曲
芸術の幼年期 Op. 69 No. 1
十二音によるパルティータ変奏曲 Op. 69 No. 3



【関連記事】
《現代ピアノ音楽作曲家探索:コンテンポラリなピアノソナタ ♪》
〈Contemporary ピアノ音楽作曲家:list〉







近況:ベトソナ3番第2楽章、少し進歩?でも暗譜できない…

いつのまにか10月、ベートーヴェンのソナタ第3番の第2楽章を練習し始めて3週間以上経つ。あと1週間ほどで1ヶ月になる。最近は、仕上げのレベルを少しでも上げたいと思っているので、1曲に1ヶ月以上かかるのは仕方ないだろうとは思っている。…が、ちょっと焦りが出る時期でもある…?

今回、とくに気がかりなのが、なかなか暗譜ができないということ。A 部分はかなり前に暗譜できているのだが、なぜか B 部分(↓)が覚えられない。


BeethSonata3mv2B.png


和音が次々に変わっていくのと、その中で、アルペジオの音の組み合わせや順番が微妙に違うのが理由の一つかもしれない。やはりこの楽章は即興的な性格を持っているのか…な?

それと、私の「暗譜」の仕方が「頭で覚える」に偏っているので(たぶん)、こういう曲は苦手なのかもしれない。もっと「音楽的」に曲を把握するとか、あるいは「指で覚える」努力が必要なのかも…(^^;)?

pia small.png

少し進歩したかもしれないと思うのは、部分的にではあるが「コントロール感」を持って弾けるようになってきたこと。少なくとも、自分自身の感覚としては。

次の音をどう弾くのかを、意識しながら弾けるようになった箇所が増えてきたような気がする。まぁ、これはテンポが遅いから出来ることなのかもしれないが…。

意識があって「コントロール感」があるからといって、必ずしもミスタッチしないとか、意識した通りの音が出せるわけでもないのだが、少なくともうまくいく確率は上がっているのではないだろうか?

ただ、やはり「暗譜」が完全でない箇所についてはこれが出来ないので、当面の一番の課題は「暗譜」ということになる。

pia small.png

ところで、「なんちゃってアナリーゼ」をやったあと、図書館の棚で目についた『ベートーヴェンを “読む”』という本を借りてみた。



実はこの本、図書館にあるのは知っていたのだが、アマゾンのカスタマーレビューで「誤訳・ミスプリントが多い」という評価だったので、一旦は借りる(予約する)のをやめた本なのだ。

でも、なにせ情報が少ないので「藁にもすがる」気持ち?、というか「何かあればラッキー」という気分で目を通した。結果的には、どう弾くか悩んでいたコーダの部分で参考になる話があった。少し抜粋すると…。

「オペラのレスタティーヴォのような短い終結部」

「最高音域から最低音域までの飛躍を伴うソプラノの下降によるモーツァルト的な表現」

「旋律はソプラノからバスまで下降するが、あたかも1人の声で歌われているかのよう」



実は、A 部分についても、「オペラ的な色合いを帯びている」「(各小節の休符は)歌手が短い一つ一つの動機の後でブレスのために歌を止めているかのようだ」「すべての沈黙に感情的なエネルギーが込められている」…というように「オペラの歌」をイメージさせると書いてある。

これを弾きかたにどう反映するのか?…というのは私にとっては難問なので、少なくともそういうイメージを持って弾くことを試してみようと思っている。

そして、第2楽章全体については、

「ベートーヴェンの最もドラマチックな作品の一つであるこのソナタの中でも、素晴らしい創意を示している。彼の独自性は、和声のパターンよりも、ダイナミクスやテクスチャに現れている」

…と書いてある。「ダイナミクスとテクスチャ」か…、少し考えてみるとしよう…。

pia small.png

ちなみに、この本の著者はチャールズ・ローゼンというわりと有名な人で、2014年に『ピアノ・ノート』という本を読んだことがある。

【参考記事】
《「ピアノ・ノート」の読書メモを書いてます》
〈「ピアノ・ノート」読書メモ〉









現代ピアノ音楽作曲家探索:コンテンポラリなピアノソナタ ♪

現代ピアノ音楽作曲家の探索を9月の頭から始めて(↓)、まぁボチボチやろうかと思っていたのだが、その「ボチボチ」でさえなかなか進まない…(^^;)。

《ミゲル・デル・アギラのピアノ曲いい♪:現代ピアノ音楽作曲家探索》

このときの作曲家リスト(一覧表)がこれ(↓)なのだが、ドビュッシーとかプロコフィエフとか結構知っている名前があることも「探索しよう!」という意欲を削いでいるかもしれない(知ってるし…ということで)。

〈20世紀のピアノ音楽作曲家:list〉

なので、この際気分を変えて、もっと新しい「コンテンポラリ」の作曲家リストを先に「探索」することにした。その一覧表がこれ(↓)。

〈Contemporary ピアノ音楽作曲家:list〉

昔ちょっと調べたレーラ・アウエルバッハとか、つい最近知ったジョヴァンニ・アレヴィとか、有名なリゲティとかカプースチンとかの名前も入っているが、初めて聞く名前の方が圧倒的に多いので「探索」のしがいがありそうだ。

pia small.png

それと、今回の探索は「ピアノソナタ」を中心に聴いてみようかと思っている。

今年は念頭の目標で「ソナタなどを中心に『本格的』な曲に取り組みたい」と言っており、ここまではソナタを中心に練習して来た(↓)。なかなか手こずってはいるが…(^^;)。

シューベルト:ピアノソナタ 第14番 第1楽章
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第13番
モーツァルト:ピアノソナタ 第17番 K.570 第1・2楽章
ベートーヴェン:ピアノソナタ 第3番 第2楽章

《2017年 My Piano Life の目標 ♪》
《[ピアノ練習履歴2017]》

…ということもあり、現代作曲家が作るピアノソナタがどういうものか?という興味も出てきたという訳だ。心の片隅に、1曲くらい私でも弾けそうな曲があるといいなぁ〜というかすかな期待がない訳ではないが、とりあえずは「聴く曲」として「いい曲」に出会えるといいなぁ〜♪ ということで…。

pia small.png

とりあえず、最初の何人かを見てみた。…が、なかなか YouTube に(ピアノソナタの)音源がある作曲家がいなくて、5人目のニコラ・バクリ(Nicolas Bacri、1961〜、フランス)で初めて音源を見つけた。

Nicolas Bacri : 2ème sonate pour piano, Opus 105

1回聴いただけでは正直なところよく分からないが、ちょっと面白いとは思う。一度落ち着いて聴いてみようと思っている。「現代音楽」過ぎないところが好ましいが、なんだかプロコみたいな部分もある?

ちなみに、もう1曲 "Prélude et Fugue, Op. 91" というのを見つけた(↓)ので聴いてみたが、曲としてはこちらの方が好きだ。

BACRI: Prélude et Fugue, Op. 91 (Eliane Reyes) [Naxos 8.572530]


まぁ「探索」はこれからなので、今日のところは「こんなこと始めました」というご紹介まで…。







ラン・ランvsマルカンドレ・アムラン?

「ラン・ラン vs マルカンドレ・アムラン」と言っても、ヴィルトゥオーゾ・ピアニストの対決という訳ではなく…。

どうもラン・ランの左手の治りが芳しくないようで、またまた(また…?)リサイタルをキャンセルしたというニュース。そのリサイタルというのは、シアトル交響楽団のシリーズ("Distinguished Artist Series")の中の一つで、実は本日(9月28日)行われる 。ラン・ランの代役となったのがマルカンドレ・アムランである。

✏️Pianist Marc-André Hamelin to fill in for Lang Lang in Seattle Symphony series

LangHamelin.png


で、この記事の中にどっちがいい?という話…
…はないのだが、がっかりした人もいるし、そうでない人もいるだろうと書いてあり、シアトル交響楽団としては「(アムランの)2015年以来のシアトルでのリサイタルを歓迎する」と言っている。まぁ、チケット売りたいし、当然のコメントだろうと思う。

ちなみに、ラン・ランのリサイタルのキャンセルが公表されてからのチケットの払い戻しや交換の数は「通常」以上ではなかったそうだ。

pia small.png

ラン・ランとマルカンドレ・アムランを比較したコメントが載っていて、ちょっと面白い。

「ラン・ランもアムランも一流のピアニストであるが、ステージ上の『パーソナリティ』は明らかに異なっている」

「ラン・ランは華々しく(flamboyant)その身振りはときに大きくダイナミックだ。そこには身体性(physicality)があり、感情的でもある」

「一方アムランは、どちらかというと知的で(intellectually oriented)、物事を深く考える人(thinker)で、洗練されたアプローチをする」


まぁ、両者の演奏の違いを十分に分かっている訳ではない私でも頷けるコメントではある。ただし、アムランの演奏は「洗練されたアプローチ」ではあると思うのだが、結果としての演奏からは「感情的」な部分も感じられると思っている。

pia small.png

それよりも、個人的にはアムランのプログラム(↓)に興味がある。

Franz Liszt
 「詩的で宗教的な調べ」から「孤独のなかの神の祝福」
 バッハの名による幻想曲とフーガ
Samuel Feinberg
 ソナタ第4番
Claude Debussy
 画像 第1集
Leopold Godowsky
 J・シュトラウス2世のワルツ 「酒、女、歌」のトランスクリプション
Franz Liszt
 ハンガリー狂詩曲 第13番 イ短調


リストにはそれほど興味はないのだが、フェインベルクとかゴドフスキーの曲は聴いてみたい気がする。

それから、アンコールでは自作(今年のクライバーン国際コンクールの課題曲:委嘱作品)の "Toccata ‘L’homme armé" を(も?)弾くつもりとも言っている。これもちょっと(本人の解釈を?)聴いてみたい。

pia small.png

それにしても、ラン・ランの左手、11月末の来日までにはさすがに治るんだろうなぁ…?

見にいくつもりはないけれど、ラン・ランの「スペシャル」(真鍋大度とのコラボ)で何をやるのかは少し気になる。


【関連記事】
《ラン・ランの「スペシャル」は真鍋大度とのコラボ…》
《ラン・ランのスペシャル・プロジェクト!?》
《ラン・ランが腱鞘炎!?…インフルエンザの次は…》








リストのピアノソナタ、オンラインレクチャー: Jerome Rose

もうすぐ(10月8日〜)リスト国際ピアノコンクール(オランダ、ユトレヒト)があるなぁと思いながら公式サイトを見ていたら、リストのピアノソナタ全曲をレクチャーしている動画を見つけた。

どうせ、リストのピアノソナタなど弾くことは一生かかってもないだろうと思いつつ、興味本位で見てみたが、なかなか面白かった。

演奏時間30分ほどのロ短調ソナタを、1時間ちょっとかけて演奏しながら解説(英語)してくれる。この先生はけっこう有名なリストの大家で、ジェローム・ローズ(Jerome Rose、米国、1938〜)というピアニストらしい。(参考:PTNA音源提供者のページ

✏️ONLINE LECTURE JEROME ROSE

JeromeRose.png

YouTube の方の動画タイトルが "A libretto to Franz Liszt Sonata B minor, S178 by Jerome Rose" となっているが、"libretto" は辞書で引くと「台本」「台詞(せりふ)」という意味。たしかに、語りながら(うなりながら…)弾いてくれるので、「ピーターと狼」をお話し(解説)付きで聴いているような分かりやすさがある。

英語なので、ここはジプシーの音階だとか、このモチーフがこちらでこう変形されて使われているとか、これは「悪魔」のテーマだとか、ところどころしか分からないが、それでも説明を聞いているときは曲のことを少し分かった気になって…それなりに楽しめた。

弾きたい人も聴いて楽しむ人も一聴の価値ありかも…。

ちなみに、動画の宣伝文句では "A must-see lecture for all pianists and music lovers"(すべてのピアニストと音楽愛好家にとって必見のレクチャー)となっている。

pia small.png

このジェローム・ローズさん、たくさんのCD・DVDを出しているというので、YouTube を見ていたら『リスト:ピアノソナタ/孤独の中の神の祝福/葬送曲/ペトラッチ・ソネット/オーベルマンの谷』というタイトルのDVDと同じ内容と思われる動画(↓)を見つけた。

Jerome Rose Plays Liszt - Sonata, Bénédiction, Funérailles, Petrarch Sonnets, Vallée d'Obermann

少しだけ聴いてみたが、私の好みとは少し違うような気がした。そもそもリストは、コンクール以外ではほとんど聴くことがないので「聴く耳」がないだけかもしれない。

pia small.png

このコンクール、10月8日からいきなりセミファイナルが始まる。実は今年の2月にニューヨーク、ユトレヒト、モスクワ、東京で1次予選が行われており、その結果、14名のセミファイナリスト(→こちら)が決まっているのだ。

そのなかに、日本人は2名(↓)。二人とも初めて聞く名前のような気がする。

Asagi Nakata (1995, Japan)
Ayumu Yamanaka (1988, Japan)

ライブ配信はなさそうだが、YouTube のチャンネルはある。どの程度タイムリーにアップされるかは分からない。

これまでの入賞者などはこちらに。日本人優勝者も2人いる。1999年の岡田将さんと2011年の後藤正孝さん。


なお、ハンガリーのブダペストで昨年9月に開催された、阪田知樹さんが優勝した「リスト国際ピアノコンクール」とは別のコンクールである。紛らわしい…(^^;)。

《リスト国際ピアノコンクール、1/3が日本人!?》
《リスト国際ピアノコンクール、ファイナリストに日本人2人》
《リスト国際ピアノコンクール、阪田知樹さん優勝 ♪》