吉松隆のピアニスト論:暗譜の時は目のやり場に困る?

楽譜を見ながら弾けない!という私の悩みを書いた昨日の記事《「楽譜を見て弾く」じゃなく「手元を見ないで弾く」!》が思いもかけず注目記事の2位になった(ブログ村 2017/11/27 09:30現在)。久しぶりに頂いたコメントもとても参考になった。

で、そういえばプロのピアニストはどうなんだろう?と何となくネットサーフィン(古い!?死語かも…)していたら、面白い記事を見つけた。古い記事だが、作曲家の吉松隆さんのブログである。(↓下のイラストもお借りした)

✏️ピアノとピアニストたち
pianon.jpg


この記事にはピアノを弾くことは「椅子に座って鍵盤を弾きながらペダルを踏むこと」などと、ピアノを弾くことやピアニストについての面白い(けどちょっと役に立つ?)話がいろいろ書いてあるのだが、その中に「ピアノを弾く顔」というのがあって、ピアニストはどこを見るのか?についての話がある。

ちょっとだけ引用してみる。


「楽譜がある時は音符を目で追いながら弾けばいいわけなのだが、暗譜の時は目のやり場に困るのも確かだ」

「四六時中ピアノの鍵盤を見ているのも芸がない。というより、せっかく暗譜して指が覚えているのに、あまりその指を見ていると、かえってミスタッチしてしまいそうになるのである」

「かと言って、うっかり横を見たりすると、お客さんと目が合ったりしてしまう」

「そんな時、ピアニストがよくやるポーズが、『上を見る』ことだ」

「というわけで(目のやり場に困るから?)、ピアニストは『目を開いていても、何も見ていない』状態でピアノを弾くわけだが…」



このあたりから、話はピアノを弾いているときの「顔」に移って行くのだが…興味ある方は吉松さんの記事をどうぞ。

まぁ、要するに、プロのピアニストは暗譜も完全で、手元を見る必要もなく、どこを見ていても弾ける、だから上を見たり目をつぶったり、逆に手元を見て集中している雰囲気を出したり?…なんでも出来てしまう、ということなのかな?

吉松さんの結論?(記事の最後の言葉)

「いろいろなピアニストが、様々なスタイルで『椅子に座り』『鍵盤を叩き』『ペダルを踏む』。
 それが、ピアノ。
 そして、それが音楽なのである」


…(^^;)???


【関連記事】
《本「作曲は鳥のごとく」:現代音楽からの決別》
〈読書メモ:『作曲は鳥のごとく』(吉松隆)〉
《音楽の歴史観・進化論?(読書感想)》
〈読書メモ『西村朗と吉松隆の クラシック大作曲家診断』〉
《日本の現代ピアノ曲を探す:吉松隆「フローラル・ダンス」》







「楽譜を見て弾く」じゃなく「手元を見ないで弾く」!

「楽譜を見て弾く」ための練習方法をネットで探していたら、同じような悩みやその練習(矯正?)方法みたいなことがたくさん出てきてちょっとびっくりした。何となく分かってきたことを順不同で並べてみると…。

pia small.png

まず、最初にちょっとびっくりしたのは、いくつかの記事で「楽器(ピアノ)というのは手元を見て演奏するものではない」と書いてあったこと。

パソコンのキーボードと同じで、本来のやり方(ブラインドタッチ)ができないため、やむなく手元を見ている。つまり、手元を見て弾くのはピアノ本来の弾き方ではない…らしい。

そういえば、ずいぶん前になるが、《ミスタッチを減らすための方法》を模索していたときに「ブラインドタッチ」という言葉に思い当たり、こんな本(↓)を探し当てていたのだった。タイトルに「鍵盤を見ないでピアノが弾ける! 」とある…。

『鍵盤を見ないでピアノが弾ける!  ピアノブラインドタッチ入門』
PianoBlind.jpg

この目次の最初の方に「指先の触覚を鋭くする」「鍵盤の位置を手で把握する」「指をひろげる」「はなれた黒鍵の位置をつかむ」などというのが並んでいる。このあたりが練習方法のヒントになりそうだ。

いずれにしても、ピアノは「手元を見ないで弾く」のがどうも常識らしい…(^^;)。

pia small.png

それから、「楽譜を見ながら弾けない」or「手元を見ないと弾けない」人たちには2種類あるようだ。

一つはピアノを習いたての子ども。

「ピアノを習い始めた時は、4~8小節ぐらいの簡単な曲が多いので、子どもは楽譜を見て弾くというよりも、音と長さを頭の中で憶えて、鍵盤を見ながら指で再現するような弾き方をします」

ということが下記の記事に書いてある。子どもの場合は、そのあと「手元を見ないで弾く」練習を重ねて行くのだろうからあまり問題になることはなさそうだ。

✏️手元(ピアノ鍵盤)ではなく楽譜をみて弾けるようになるコツとそのメリット


もう一方が私のような「大人の初心者」「大人になってからピアノを始めた人」。ピアノの先生の中には「大人から始めたほとんどの人は、暗譜でしか弾けない 」とおっしゃる方もおられるようで…(^^;)。

要するに、問題なのは「手元を見ないと弾けない」ということで、そういう人が曲がりなりにも?ピアノを弾こうと思うと「暗譜」せざるを得ない、となる。

言い換えると、ピアノをちゃんと習った人たちは「楽譜を見ながら弾く」が普通にできて、その先に「暗譜する」がある。一方、大人の初心者にとっては「暗譜しないと弾けない」が普通で、その先にある悩みが「楽譜を見ながら弾く」にはどうすればよいか?ということになる。

これは、私の「暗譜」能力に対するウチのカミさんの疑問「ちゃんと弾けてないのになんで暗譜できるの?」に対する解答になっているような気もする…(^^)♪

pia small.png

で、そういう大人はどういう練習をすればよいか?であるが、次の記事が参考になる。

✏️上達のヒント 鍵盤感覚

ここに、練習を始める前のチェック方法のようなことが書いてある。「いつも弾いている曲が、楽譜を見ながら鍵盤を見ないである程度弾ける」かどうかやってみる、というものだ。

…で、やってみた。結果は惨憺たるもの。なので、そのあとに説明してある「鍵盤感覚をつかむことからはじめましょう」をやってみようと思っている。最初は「ドレミファソファミレド」とか音階なので問題ないと思うが、黒鍵の位置とかになると自信がない。まぁ、ボチボチやるしかない。

大事なのは、鍵盤を位置をイメージで捉える「鍵盤感覚」だそうだ。

「鍵盤の位置を正しく把握できていないと思ったときに、近くの白鍵や黒鍵を触ってみて、これから弾く鍵盤の位置をつかむというのが、とても重要なことです。本来は、今弾いている鍵盤の位置から、次に弾く鍵盤の位置を全て把握できればいいのですが、慣れないうちは、他の鍵盤を軽く触ることによって、鍵盤感覚を養ってください」

…とのこと。要するに「手探り」で次の音を見つけることで「鍵盤感覚」を養うことができる…ということのようだ。

pia small.png

おまけ。この記事を書いているうちに、昔の記事(↓)を思い出した。

《ピアニストはどこを見て演奏しているか:視点計測動画》

この記事にも書いたが、「手元を見ないで弾く」というとどうしてもケイト・リウ(2015年ショパン国際ピアノ・コンクールの3位)を思い出してしまう。こんな感じ(↓)。

KateLiuLookUp.png
YouTube "Kate Liu – Nocturne in B major Op. 62 No. 1 (first stage)"より







12月の練習曲どうしよう?「楽譜を見て弾く」練習も?

「ホールでグランドピアノ(練習!)」も無事?終えて、それほど大したことではなかったのに何だかちょっと気が抜けているかも知れない。少なくとも「一段落」感があるような?…練習の進み具合から言って、とてもそんな状況ではないのだが…(^^;)。

それで、なんとなく12月の練習曲をどうしよう?などと思い始めている。…のだが、今とくに弾きたいという曲も思い浮かばないし、シューベルト(ソナタ18番)はこのまま終わるわけには行かないし…。

一方で、「楽譜を見て弾く」練習もしようかな?という気持ちもありながら、その練習方法もよく分からないし…。ということで、ない知恵を絞って?とりあえず案を考えてみた。

pia small.png

こんな感じ(↓)。

①シューベルトのピアノソナタ18番第1楽章は仕上がるまで続ける
②初見練習をする:「楽譜を見て弾く」練習になる?


①の「仕上がる」は、例えば発表会で弾けるようなレベルを目指したいのだが、とてもそこまでは行けそうもないので、いつもの「自己満足」よりはもう少し上を目指す…くらいの意識。たぶん、ミスしながらも止まらずにそれなりに表現?というか自分の思うような音が出る…という感じかな?

12月の練習メニューのつもりなので、年末で「時間切れ」となる可能性もあるが…(^^;)?…まぁ、とりあえずやれるところまで頑張ってみようと思う。

pia small.png

②は以前にもやったことがある(↓)が、そのときは家にあったギロックとかグルリットとかの曲集を順番に弾いて行った。目的も「楽譜を見て弾ける」ことではなく「指にいろんなパターンを覚えさせる」ためだった。

《初級向けの曲集もやることにした→初見・脱力・経験》
《初級向けの曲集ご紹介(初見とパターン蓄積のために)》

今回は「楽譜を見て弾く」練習方法として「初見」をやってみようという訳だ。今のところ他にいい方法を思いつかない。

「初見」も「楽譜を見て弾く」という意味ではやることは同じだし、コツのようなものも共通するものがあるのではないだろうか。例えば、ちょっと先を見るとか、ひとまとめにしてパターンとして認識するとか…。

まぁ、そのあたりのコツや身につけるべき技術を考えながらやってみようと考えている。

pia small.png

初見練習の曲については、具体的には考えてないが、やさしい曲とやや難しい曲とどちらがいいのだろう?と漠然と悩んでいる。

普通に考えるとやさしい曲の方がいいのだろうが、そうするとまたギロックとかになるのであまり面白くないかもしれない。「やや難しい曲」というのは、近い将来ちゃんと練習する可能性のある曲をイメージしている。つまり「プレ選曲」のような…。

「プレ選曲」だとすると、第1候補はバッハかな?

来年3月に2つのリサイタルを聴きに行くのだが、2つともバッハ・プログラムである。アンデルシェフスキの「平均律曲集第2巻より6曲、イギリス組曲 第3番・第6番」とコンスタンチン・リフシッツの「パルティータ全曲」。なので、何となく来年の初めには、久しぶりにバッハをやろうかと思っている。

《2018年の来日ピアニスト ♪》
《ピアノカレンダー2018年:来日ピアニスト,コンクールなど》
《衝動買い?2018年のアンデルシェフスキ ♪》

やさしい曲の方は、12月でもあるのでクリスマス向けの簡単な曲集とかでもいいのかな?と思ったりもしているが、いい編曲があるのかな〜?…なんて思いながら検索すると「クリスマス曲集」がずいぶんとたくさんあるので、選ぶだけでも大変そうだ…(^^;)。

✏️Amazon「クリスマス ピアノ 楽譜」検索結果

タイトルと表紙だけで見るとこれ(↓)なんかは良さそう(山下達郎「クリスマス・イブ」とか John Lennon「ハッピー・クリスマス」とかも入っている)だが、「中級」とあるので少し難しいかも…。

『美しく響くピアノソロ (中級) クリスマス』
XmasPiano.jpg








ベーレンライター版ベートーヴェンのピアノソナタの新しい楽譜♪

アマゾンの新刊書チェックをしていて、ベーレンライター版のベートーヴェンの楽譜がたくさん並んでいるのに気がついた。改めて「ベーレンライター社・ベートーヴェン・ピアノソナタ」で検索した結果が下記。

✏️「ベーレンライター社・ベートーヴェン・ピアノソナタ」検索結果

ざっと見てみると全部のピアノソナタが揃っている訳ではない。私が数えた限りでは11冊20曲が(アマゾンでは)明後日11月25日に発売されるようだ。

調べてみると、現在ベーレンライター社では、2020年の「ベートーヴェン生誕250年」に向けて、ベートーヴェンの楽譜出版に力を入れているようだ(↓)。

「世界的なベートーヴェンの権威であるジョナサン・デル・マーは、ベーレンライター社に於いて、交響曲だけではなく、ピアノ協奏曲全作品の校訂も完成させ、既に発売されています。そして現在、2020年のベートーヴェン生誕250年に向けて、ピアノソナタ全集を完成させるべく校訂作業にとりかかっており、2017年7月時点では19曲出版されています」

ヤマハミュージックメディアとタイアップした講演会も近々予定されている。音楽学者・指揮者であるジョナサン・デル・マー(Jonathan Del Mar)氏の話が聞けるのだが、残念ながら満席のようだ。

✏️ベーレンライター社×ヤマハ ジョナサン・デル・マー来日イベント2017

pia small.png

そういえば、《名ピアニストたちのインタビュー「音友」11月号から》の記事でご紹介したように、ヘンレ社でも、マレイ・ペライアによるベートーヴェンのピアノソナタの校訂が進んでいるという話もある(↓)。

「ペライアは、ヘンレ版のベートーヴェンのピアノソナタを校訂中(指使いも)だそうだ。この時点で10曲の楽譜を校訂していると言っているが、ヘンレ社のサイトで "beethoven piano sonata Perahia" と検索すると13件がヒットして、うち3つが『出版準備中』とあるので、すこし進んでいるようだ」

暇に任せて?ベーレンライター社とヘンレ社の出版状況(ベートーヴェンのピアノソナタ)を比べてみた。下の表で、価格が入っている欄が既刊/近刊。ベーレンライター社は「作品番号」単位の出版になっていて、ヘンレ社は「曲」単位になっているようだ。

お値段は、ベーレンライター社はアマゾン価格。ヘンレ社はヘンレ社サイトのユーロを円換算(*132)したもの。ヘンレ社の楽譜も日本で買うともっと高くなるはずだ。参考:《海外の楽譜を安く買う方法:ヘンレ版がほぼ半額!》

例えば、ヘンレ版「第28番 イ長調 Op.101」のアマゾン価格は¥1,512で、ベーレンライター版は¥1,620。

BeethSonataGakufu.png


pia small.png

まぁ、私の場合「違いがわかる」ほどの実力ではないので、どの版でもあまり変わらないのだが…。

…なんてことを呟いたら、ウチのカミさんからちょっと反論をくらってしまった!…で、言い訳のつもりで「そもそも楽譜に書いてある通りに弾けないんだから…」などと言ったら、さらに事態をややこしくしてしまった…(^^;)。

個人的には、表紙の色はベーレンライター版が好きだけど、ヘンレ版のペライアの指使いもちょっと気になる ♪


ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 Op.101/原典版/デル・マー編/ベーレンライター社/ピアノ・ソロ


ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 Op.101/ヘンレ社/ピアノ・ソロ


pia small.png

おまけ。「ベーレンライター」(Bärenreiter)というのは「熊に乗る人」といった意味らしい。なのでロゴがこんなの(↓)。

ベーレンライター社ロゴ

で、最初のロゴはこんなの(↓)。ロゴの歴史的変遷はベーレンライター社の"History" に詳しく載っている ♪

ベーレンライター社最初のロゴ








「ホールで練習」してきた…(^^;)♪

昨日は「ホールでグランドピアノ」の日だったが、まだまだ練習過程の途中だったので、予想通り「ホールで練習」になってしまった…(^^;)。


HallYamaha.png


今回は1枠1時間しか取れなかったので、カミさんと私と30分ずつ。最初にカミさんがバッハとシューマンを弾いて、そのあと私がシューベルトのソナタ18番第1楽章を弾く。

シューベルトは、PTNAのピアノ曲事典で見ると18分ほどかかることになっているが、私の場合、テンポがゆっくりな上に弾き直しなどもあり、家での練習では「提示部」の繰り返しなしでもゆうに30分はかかってしまう…(^^;)。

なので、最後まで一通り弾けるか一抹の不安を抱きながら最初の和音を弾いた。「あれっ?なんか違う?」と思ったが、家で弾くのとはピアノも環境も違うわけだし、まぁこんなものかと思いながら弾き進めた。

いつもより頻繁に引っかかったり弾き直したりしながら、なんとか最後まで来て、終わってみればちょうど30分。何とか1回は弾き通すことができたのでとりあえずは良かった。

…のだが、何だか思ったほど達成感がない…?

pia small.png

まぁ、練習不足で気持ちよく弾けるレベルに達してないというのもあるのだが、ホールの音響のせいもあったのではないかと思う。

実は、カミさんが弾き終わったあとに、「このホール、自分の音が聴こえないみたい」「音が響かなくてポコポコした音に聴こえる」と言っていたのだ。そばで聴いていた私は、少し反響が大きすぎるのかな?と感じていたので、ちょっと意外だった。

そういう、弾いている音がピアニストに聴こえづらいホールがあるという話は聞いたことがあったのだが、そのときは実感としてどういうものだか分かっていなかった。

で、自分が弾いているときに感じたことを振り返ってみると、「聴こえない」というよりも「自分の弾いた音がどこかに行ってしまった」という感覚。結果として「十分な大きさの音が出てないのでは?」という不安が頭をもたげ、いつの間にか必要以上に指が力んでしまって「脱力」どころではなくなっている…。

強弱やタッチのコントロールが上手くいかなくなり、弾いている間じゅう「もどかしさ」のようなものを感じていたように思う。聴こえてくる音が痩せているというのか、音の色合いが感じられず、今ひとつ面白くない…。

pia small.png

ホールによっては自分の弾く音が聴こえなくて、とても弾きづらいことがある、という話を自分の感覚として実際に感じられたことはいい経験にはなったが、「ホールで気持ちよくグランドピアノを鳴らしたい」という願望は、残念ながら叶えられなかった。

それにしても、プロのピアニストはこんなホールで弾くときはどうやっているのだろう?もちろん豊富な経験と技術があるわけで、リハーサルの中で弾き方を調整したりしているんだろう…たぶん。

私の場合そんな能力はないので、単純に「このホールは今回限り!」としたい…(^^;)。

ただし、リサイタルを聴きに行くホールとしてはOKだ。弾いている人に聴こえない分(なのか?)客席ではちゃんとした音が聴こえているらしい。カミさんが客席で聴いていて大丈夫だったと言っていたので…。

pia small.png

もう一つ感じたのは「中途半端な暗譜はダメだ!」ということ。

《近況:「暗譜」を前提とせず「楽譜を見て弾く」練習をしようかな?》という記事でも書いたように、今回の「暗譜」はかなり「まだら模様」になっていた。

そこで、暗譜できていない「展開部」だけ楽譜を見て弾くことにした。…のだが、実は「展開部」の中でも暗譜している箇所があって、その部分は楽譜を見ない方が楽なのでつい楽譜から目が離れてしまう。すると…当然のようにその次の部分で「迷子」に、つまりどこを弾いているのか分からなくなってしまう…(^^;)。

なので、完全に「暗譜」で弾くのか、「楽譜を見ながら弾く」技術を習得するのか、どちらかに決めないといけないと思ったのだ。曲によってどちらにするかを決めてもいいのかも知れない。

その辺りはもう少し考えてみようと思っているが、とりあえずは「このシューベルトは『完全暗譜』を目指す」、そして「楽譜を見ながら弾く」練習は12月になってから始める(練習方法を考える)ことにしようと思う。

pia small.png

…ということで、今回の「ホールでグランドピアノ」は「よかった!♪」ということにはならなかったのだが、面白い経験にはなったと思う。でも、なんだか疲れた〜(^^;)〜。


【関連記事】
《「ホールでグランドピアノ」当たってしまった!どうしよう…(^^;)》
《初スタインウェイの感想…幸せでした ♪》