『ぴあのピアノ♪』の操作方法(つづき)

《お知らせ:ブログ引っ越します ♪》の「引っ越し」先『ぴあのピアノ♪』での操作方法(とくにスマホ)についてのつづきです。

《『ぴあのピアノ♪』の操作方法(スマホ)》の最後に書いた
「スマホ画面には『カテゴリ』『最新コメント』『過去ログ』などのメニューがない」
ことに対する対策です。

「カテゴリ」と「過去ログ」については、上の記事で説明した「ページ」として用意しました。下記説明の「選択メニュー」が2つ増えています。

これらのページに行くには、ブログタイトルのすぐ下にある ブログ   |▼ のところをタッチします。選択メニュー(iPhone の場合は下に)が出ますので、そこで選んで下さい。ブログに戻るには「ブログ」を選択するか、ブログタイトルにタッチして下さい。

IMG_0492.jpg



「カテゴリ」は以下のようになっています。

➡️ お知らせ等
➡️ ピアニスト
➡️ ピアノの本
➡️ ピアノの練習
➡️ ピアノの話題
➡️ ピアノ曲
➡️ ピアノ随想



「過去ログ」は以下のようになっています。2017年は各月毎ですが、2016年より前は年単位になってます。悪しからず。

2017年
 12月
 11月(11)
 10月(1)
  9月(3)
  8月(5)
  7月(2)
  5月(4)
  4月(2)
  3月(2)
  2月(3)
  1月(8)

2016年(22)
2015年(104)
2014年(115)
2013年(9)




なお「コメント」については、今のところ解決方法を思いついてません。コメントがあればその記事の下には表示されるのですが、最新コメントなどを見つけるのはちょっと難しそうです。もう少し考えてみます。








『ぴあのピアノ♪』の操作方法(スマホ)

《お知らせ:ブログ引っ越します ♪》の「引っ越し」先『ぴあのピアノ♪』での操作方法(とくにスマホ)について説明します。

なお、画面イメージは iPhone/Safari のものです。Android 等では少し違うと思いますが、端末を持ってないのでご容赦のほどを…(^^;)。


 ブログのホーム画面(スマホ)

このように(↓)なります。記事は新しい順に7つ表示されます。記事の先頭の8行程度が表示されますので、この図では1つしか見えてませんが、この下に6つ表示されています。文面のどこをタッチしても記事にとびます。

IMG_0491.jpg


 「ページ」の切り替え

新しいブログでは、通常の記事以外に「ページ」というものがあります。日付のない固定の記事のようなものです。とりあえず、まとめ記事(関連記事へのリンク集)のような感じで使っています。現在「難易度別ピアノ曲」「ピアノの本棚」「大人のピアノ練習法」の3つのページがあります。今後、増えたりすると思います。

これらのページに行くには、ブログタイトルのすぐ下にある ブログ   |▼ のところをタッチします。選択メニュー(iPhone の場合は下に)が出ますので、そこで選んで下さい。ブログに戻るには「ブログ」を選択するか、ブログタイトルにタッチして下さい。

IMG_0492.jpg


なお、パソコンの場合は下記のように、ブログタイトルの下にタブのように表示されますので、直接クリックして下さい。

NewPiano.png


 次/前の記事へ行く(スマホ)

スマホでは、記事を読んでいるときに簡単に次または前の記事へ行く方法があります。画面を左右に「スワイプ」することで出来ます。(スワイプ=タッチしたまま指をずらすこと)

例えば、下の図は右にスワイプしたときの画面です。左に矢印が表示されたところで指を離せば(この場合)一つ前の記事にとびます。

IMG_0493.jpg


 その他(スマホ)

Facebook や Twitter への共有(シェア)は、記事の下にある  共有  を押して下さい。


それから、コメントの記入はちょっとややこしくなってます。使っている「ブロガー」の仕様なので私にはどうしようもなく、申し訳ありません…(^^;)。

記事下の「コメントの投稿」をタッチすると記入欄が表示されるのですが、「コメントの記入者」が「Google アカウント」となっています。ここをタッチして、メニューから「名前/URL」を選ぶことで「名前」の記入欄が出てきます。ここに名前を入れて(URL は不要)「次へ」を押すことでやっとコメントが書けるようになります。

あと、コメントは管理者(私)の承認がないと表示されない仕組みになっているようです。なので、表示されるまでに時間がかかることになってしまいます。何かとご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。


付記:この記事を書きながら、スマホ画面には「カテゴリ」「最新コメント」「過去ログ」などのメニューがないことに(今更ながら…)気が付いてしまいました。

何か方法がないか、これから検討してみますが、当面は「ウェブ バージョンを表示」でパソコン用の画面を表示するしか手がなさそうなので、よろしくお願いします。

とりあえず以上です。







2018年リーズ国際ピアノコンクールに日本人4人♪

12月11日に発表すると予告されていたリーズ国際ピアノコンクールの参加者(DVD審査通過者)がやっと発表された。

✏️68 Competitors Announced for 2018 Competition

予定の60人より8人増えている。「応募者のレベルが高かったため」ということらしい。68人のリストは下記に掲載されているが、一部「名前」と「年齢、出身国」がずれていて見にくかったので、この記事の文末に載せておいた。

✏️Meet the Competitors

TheLeeds.png


コンペチタは半数がアジア出身(中国、韓国が11人)とのこと。日本人は4人のみ。シリア出身のピアニストが1人参加しているが、これは初めてのことらしい。

ただ、居住地で見ると2/3がヨーロッパ在住となっている。そのため第1ラウンドでのベルリンの参加者が43人と多くなって、日程が予定より1日長くなったようだ。残り25人はシンガポールとニューヨーク。

コンクールの模様は medici.tv で配信されることになっているので楽しみだ。でも、1次審査が4月で2次〜ファイナルが9月というのは、観戦者としてはちょっと間延び感がある?


日本人コンペチタは、Yui Fushiki、Fuko Ishii、Haruka Izawa、Yurika Kimura の4名。年齢以外のプロフィールが載ってないので、下記の4人は「たぶんこの人だろう」と思って書いている。間違っていたらすみません…(^^;)


伏木唯さんは、2016年の〈仙台国際音楽コンクール〉〈シドニー国際ピアノコンクール〉で名前を見たことはあるが、演奏はたぶん聴いたことがない。


石井楓子さんの名前は初めて聞くのだが、PTNAの音源提供者になっていたり、北村朋幹さんが2位になった今年の〈ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール〉に出場されているので、けっこう有名人なのかもしれない。ベートーヴェン国際ピアノコンクールでのプロフィールがこちら。本人のブログも見つけた(↓)。

✏️ピアノ 石井楓子のブログ 〜彼方の音を見つめて〜


伊澤悠さんはネットに情報があまり出てないようだが、たぶんこのリサイタル(↓)のピアニストだと思われる。

✏️髙橋奈緒(Vn)・伊澤悠(Pf) デュオリサイタル


木村友梨香さんは、〈2015年のショパン国際ピアノコンクール〉で初めて名前を知って、ショパンコンクールの演奏も聴いたはずだが、ほとんど印象に残っていない…(^^;)。

✏️オフィシャルサイトのプロフィール


その他で、ざっと見たところ知っている名前は、クロアチアの Aljoša Jurinić、ウクライナの Dinara Klinton、アメリカの Eric Lu くらいかな。

2015年のショパンコンクールで4位になった Eric Lu 君はやっと20歳になったようだ。演奏も好印象だったので応援しようかなと思っている…(^^) ♪  Aljoša Jurinić もそのときのファイナリストだ。このあたりの人たちはあちこちの国際コンクールで名前を見ているような気がする。


【関連記事】
〈リーズ国際ピアノコンクール2018応募締め切り〉
〈リーズ国際ピアノコンクール、復活なるか?ー新ヴィジョン発表!〉


おまけ:68人の名簿。姓(family name)のアルファベット順になっているようだ。ご参考まで。赤い字が日本人、青い字は私が知ってる名前。


Jean-Selim Abdelmoula ( 27: Switzerland )
Oleg Akkuratov ( 28: Russia )
Eunhee Baek ( 27: South Korea )
Evelyne Berezovsky ( 27: United Kingdom )
Aris Alexander Blettenberg ( 24: Germany )
Jun Bouterey-Ishido ( 28: New Zealand )
Florian Caroubi ( 28: France )
Jenny Chen ( 24: USA / Taiwan )
Saeyoon Chon ( 22: South Korea )
Lee Clarence ( 27: Singapore )
Scott Cuellar ( 29: USA )
Anna Dmytrenko ( 25: USA / Ukraine )
Alberto Ferro ( 22: Italy )
Yui Fushiki ( 27: Japan )
Jean-Paul Gasparian ( 23: France )
Anna Geniushene ( 27: Russia )
Salih Can Gevrek ( 26: Turkey )
Kyuho Han ( 24: South Korea )
Hee Jun Han ( 28: South Korea )
Chen Han ( 26: Taiwan )
Yilei Hao ( 21: China )
Mario Häring ( 28: Germany )
Wei-Ting Hsieh ( 22: Taiwan )
So Hyang In ( 26: South Korea )
Fuko Ishii ( 27: Japan )
Haruka Izawa ( 26: Japan )
Aljoša Jurinić ( 29: Croatia )
Su Yeon Kim ( 24: South Korea )
Yoonji Kim ( 29: South Korea )
Jongyun Kim ( 28: South Korea )
Yurika Kimura ( 25: Japan )
Dinara Klinton ( 29: Ukraine )
Jakub Kuszlik ( 21: Poland )
Franck Laurent-Grandpré ( 26: France )
Taek Gi Lee ( 21: South Korea )
Siqian Li ( 25: China )
Bowen Li ( 22: China )
Eric Lu ( 20: USA )
Florian Mitrea ( 28: United Kingdom / Romania )
Alexia Mouza ( 28: Greece / Venezuela )
Riyad Nicolas ( 28: United Kingdom / Syria )
Yeon-Min Park ( 27: South Korea )
Jinhyung Park ( 22: South Korea )
Colton Peltier ( 24: USA )
Lucas Porter ( 27: Canada )
Kausikan Rajeshkumar ( 28: United Kingdom )
Anton Rosputko ( 25: Latvia )
Tamila Salimdjanova ( 26: Uzbekistan )
Marina Kan Selvik ( 29: Norway )
Aristo Sham ( 22: Hong Kong )
Jiuming Shen ( 26: China )
Lorenzo Soulès ( 26: France )
Yutong Sun ( 22: China )
Alexey Sychev ( 29: Russia )
Hin-Yat Tsang ( 25: Hong Kong )
Samson Tsoy ( 29: Russia )
Kseniia Vokhmianina ( 28: Ukraine )
Xinyuan Wang ( 23: China )
Chao Wang ( 28: China )
Andrzej Wierciński ( 22: Poland )
Rhythmie Wong ( 27: China )
Yuchong Wu ( 22: China )
Ziang Xu ( 26: China )
Yuanfan Yang ( 21: United Kingdom )
Chengcheng Yao ( 26: China )
Hao Zi Yoh ( 23: Malaysia )
Pavel Zemen ( 25: Czech Republic )
Sarina Zhang ( 22: Canada / USA )


近況:シューベルト、バイエル、パルティータ ♪

このところ、ピアノの練習が忙しくなってきた。シューベルトのソナタを継続しながら、バイエル(手元を見ないで弾く練習)とバッハのパルティータ(選曲の準備:試し弾き)を始めてしまったので…。

「二兎を追う者は…」どころか「三兎」を追っているので、虻蜂取らずにならないようにしないと…。ちなみに「虻(あぶ)」も「蜂」もそんなに欲しいものじゃないなぁ〜と思って語源を調べたら、クモ(蜘蛛)がクモの巣にかかった虻と蜂の両方を取り逃がすということだった…、なるほど…(^^;)?

pia small.png

で、最近の進捗具合であるが、簡単な方から…。

選曲準備は、バッハのパルティータの各曲(組曲の中の個別の曲、Prelude とか Allemande とか)を最初から1曲ずつ弾いてみて、自分なりの感触(弾けそうか、弾いて楽しそうか)を探っているところ。候補曲に印をつけながら半分近くまで来ている。つまり第3番の途中まで。

これまでの感じとしては、やはり難しい!ということ。ゆったりした曲でもリズム(音符の長さの組み合わせ)が複雑なので、聴き覚えている箇所はいいのだが、そうでないところで64分音符とか出てくると大変だ…。その上に、装飾音符がついていたりする…(^^;)。

速い曲(Vivace とか Presto とか)はかっこよくて弾きたくなるのだが、なにせ速いテンポは苦手なので、音符の作りはシンプルでも無理そうだ。ただ、ゆっくりの曲を弾くと、気分としては次に速い快活な曲に行きたくなる、というのもあるが…。

ということで、一通りの試し弾きが終わったら、候補曲をもう一度じっくり見てみて最終選考?にかけたいと思っている。

pia small.png

バイエルを使っての「手元を見ないで弾く練習」は、まぁ順調と言っていいだろう。付録を除くと106番まであるなかで57番まで終わった。

《バイエルをやることにした→手元を見ないで弾く練習 ♪》に書いたように、「ノーミスで止まらないで弾くこと」を次に進むための条件にしているので、この先はそんなにスイスイ進むことはなくなるだろう…。

「手元を見ないで弾く」ことは、それほど苦労せずにできている。ほぼハ長調で「静かにした手」つまり "Die stillstehende Hand"=「ポジション移動・指の交差のない運指」(※)なので、それはそうだろうと思う。この先はどうなるか分からないが…。

『バイエルの謎』という本に書いてあった。
《『バイエルの謎』面白い!最高のミステリー ♪》

pia small.png

で「メインディッシュ」であるはずのシューベルトのソナタ18番第1楽章なのだが、このところちょっと停滞期かも知れない。進歩がほとんどない…。

一応「暗譜」したつもりだったのだが、展開部(とくに後半↓)がかなりあいまいである。ということは、弾けてもいない。コード進行?が今ひとつしっくり来ていない…(^^;)?


D894NoAmpu.png


年末まで、通し練習を基本として、思うようなタッチ(音量・音色…)で弾けていない箇所の部分練習を続けるつもりなのだが、このままでは仕上がりレベルが目標よりも低いままになりそうなので、ちょっと焦ってきたかも…。

あと10日しかない…(^^;)。







お知らせ:ブログ引っ越します ♪

いつもぴあのピアノブログを読んでいただき、ありがとうございます ♪

私の下手の横好きのピアノが5年間も続き、またこのブログがなんとかここまで続けてこられたのも、多くの方に読んでいただき、ときに暖かい励ましのコメントを戴けたからだと思います。心から感謝しております。

さて突然ですが、このブログ『ぴあのピアノ』を引っ越すことにしました。つまりアドレス(URL)が変わります。

理由は、現在使っているブログではスマホ画面の広告があまりにも多くなりすぎて、しかもピアノや音楽に関係ない広告が勝手に出されており、読みづらくなって我慢の限界を超えたからです。読んでくださる方々にも不快な思いをさせてしまったかも知れません。

というわけで、ブックマークなどして戴いている場合、変更が必要となってしまいます。読者の皆様にはいろいろとご迷惑をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

pia small.png

変更内容は以下の通りです。

現在のアドレス『ぴあのピアノ』
http://think-think.seesaa.net

新しいアドレス『ぴあのピアノ♪』
https://pia77.blogspot.jp

新しいアドレス(URL)は、これまで『ぴあの研究ノート』という名前で細々と書いていたブログです。これを『ぴあのピアノ♪』という(音符マークをつけた ♪)名前に変更して、古い記事は残したまま、『ぴあのピアノ』の続きをこちらに書いていこうと思っています。

引越し作業は年内にやって、来年 2018年の1月1日から完全に新しい『ぴあのピアノ♪』に移行する予定です。その間、主な記事は両方のブログに書くつもりにしています。また、これまでにアクセス数の多い記事についてもある程度移す(コピーする)つもりでおります。(一部実施済み)

なので、ブックマークなどアドレスの変更はすぐにやって戴いても大丈夫です。名称の変更(『ぴあの研究ノート』→『ぴあのピアノ♪』)は今日明日中にはやろうと思っています。

なお、現在の『ぴあのピアノ』ブログですが、来年以降もそのまま保存しておく予定です。現『ぴあの研究ノート』からのリンクもけっこうありますし、何といってもこれまでの練習記録などをとっておきたいので…(^^)。

簡単に絵にするとこんな感じ(↓)を予定しています。

Hikkosi.png

pia small.png

引越しによって、いくぶん使い勝手が変わるところもあると思いますが、その辺りについては別途 説明記事を書こうかと思っています。

今後とも『ぴあのピアノ』(改め『ぴあのピアノ♪』)をよろしくお願いいたします。