近況:シューベルトのソナタ18番第1楽章譜読み終わり ♪

譜読みを始めてから10日ほど(2日練習をお休みしたので実質8日)になるが、シューベルトのソナタ18番第1楽章、やっと一通り譜読みを終えた。といっても、まだ一部指使いを保留にしていたりするので「完了」というわけではないが…。

で、これからシューベルトの方に時間をかけたいので、ベートーヴェン(ソナタ3番第2楽章)との時間配分を変えていこうかと思っている。イメージとしては…。

当面は、それぞれ30分(半々)にして、ベートーヴェンは「通し練習」で目標は「できるだけ止まらずに弾くこと」を目指す。シューベルトの方は部分練習に入る。

なので、シューベルトは、そろそろブロックわけ=「なんちゃってアナリーゼ」をやりたいと思っている。なにせ、シューベルトは長くて繰り返しが多い(くどい?)ので…。PTNAの標準的な演奏時間を見ても、18分かかることになっている。

ベートーヴェンの方の「通し」がある程度できてきたら、時間をだんだん減らす。最終的には、1〜2回通して弾くだけにしたい。1回弾くだけだったら10分くらいで終わるはずだ。

で、遅くとも10月終わりにはベートーヴェンを仕上げて、シューベルトの方だけに注力したい。

pia small.png

一番の問題は「できるだけ止まらずに弾くこと」をどうやって練習するか?

まずは、通して弾くことを、途中でミスしても止まっても、やるしかないのだろうが…。そのミスとか停止とかをいかに減らすか?がいまだによく分からない。もちろん「(ほぼ?)完全に弾ける」ようにすることが前提条件なのだろうが…。

一つには、ミスしたり止まったりしたときに、ついその部分の練習をしたくなる。実際のところ「(反復)練習モード」に入ってしまっている。それをいかに我慢するかなのだとは思うのだが。でも、それだけでは「減らす」効果はあまり期待できないような気がする。

それと「練習モード」に入らない場合でも「弾き直し」を極力減らすこともやらなくてはと思っている。間違えた音を弾いたようなときに、どうも性格的に「そのまま」(間違えたまま)に放置することができないようなのだ。

頭で考えれば、弾き直して音楽を止めることの方が、一つの音を間違えることより「大きなミス」なのだとは思うのだが、即座に忘れて?次に行くことがなかなかできない…(^^;)。

pia small.png

シューベルトの方は、一通り譜読みを終えた段階では「難所」になりそうな箇所がいくつかありそうだ。その中の一つが、前回も「指使い保留」の場所としてあげた下記部分。

Schubert D894th2.png

最初はそれほど難しいとは思わなかったのだが、いくつかの演奏を聴いていると、この曲、"Molt moderato e cantabile" ではあるのだが、上記部分は私にとってはそれなりに「速い」のだ。

もともと速いテンポの曲は苦手なのだが、ここはちょっと苦労しそうだ。でもこの箇所をゆっくりにして全体のテンポを決めると、それはそれで他が間延びしそうなので…。

まぁ、指使いも「最適」なものを見つけて、あとは頑張って練習するしかないと思う。










ラン・ラン、来日中止!大丈夫なのか?

寝る前にピアノ関連のニュースをチェックしていたら、ラン・ランの11月来日が中止になったという、KAJIMOTOの記事(↓)が目にはいった。

✏️ラン・ラン ベルリン・フィル来日公演出演キャンセルおよび「ラン・ラン × 真鍋大度 with ライゾマティクスリサーチ」公演の開催について

langlang-243x180.jpg


私も9月28日のこのブログに「11月末の来日までにはさすがに治るんだろうなぁ…?」と書いたが、残念ながら間に合わなかったようだ。

11月24日(金)のサントリーホールは、ユジャ・ワンが代役として出ることになっている。「ラン・ラン × 真鍋大度 with ライゾマティクスリサーチ」の方は「現在協議中」とある。

それにしても、今年の春に左手を痛めたという記事が出て、6月末には治るだろうと言われていたのが、だんだんと延びているので、この調子だと年内は無理なのではないだろうか?

…というか、完治するのだろうか?という心配まででてきた。頑張って…、じゃなく、右手だけの出演とかで変に頑張らずに、今は治療に専念して完治してから復活してほしいものだと思う。


★追記(2017/10/15)
ベルリンフィルと共演するすべてのコンサートをキャンセルしたため、代役としてはチョ・ソンジン(Berlin, Frankfurt, Hong Kong, Seoul)とユジャ・ワン(Guangzhou, Wuhan, Shanghai, Tokyo)で分担?するようだ。みんなアジアン…(^^;)!

✏️JUST IN: LANG LANG CANCELS ASIA TOUR WITH BERLIN PHILHARMONIC

【関連記事】
《ラン・ランvsマルカンドレ・アムラン?》
《ラン・ランの「スペシャル」は真鍋大度とのコラボ…》
《ラン・ランが腱鞘炎!?…インフルエンザの次は…》







コクラン国際ピアノコンクール:完全オンライン・年齢制限なし

現代ピアノ音楽の作曲家探索中(↓)に、面白い国際ピアノコンクールを見つけた。オーストラリアの作曲家ジュリアン・コクランにちなんだ「コクラン国際ピアノコンクール」。完全オンライン完結型のコンクールで、しかも年齢制限がないという珍しいもの。

《現代ピアノ音楽作曲家探索:コンテンポラリなピアノソナタ ♪》

下記は公式サイトのジュリアン・コクランのプロフィールページ

Cochran.png

このページには、コクランのピアノ作品の一覧表と楽譜サンプル(PDF)、いくつかの音源が掲載されている。楽譜はサンプルといっても、参加者がコクランの作品を選ぶためのものなので半分ほど見ることができる。

一応、YouTube チャンネルもある。

pia small.png

ルールはいたってシンプル。参加するにはアカウント登録をして、ビデオ(30〜40分)をアップロードするだけでよい。参加費も不要だ。年齢制限もない。

ただし、コクランの名を冠したコンクールなので、15〜20分はジュリアン・コクランの作品を弾かなければならない。ある意味、これがコンクールの目的かも? 事前に曲目を申請すると、楽譜を送ってもらえる。(出版されていないのかな?)

審査員は4人で、各審査員は個別に点数をつけて、その合計点で順位が決まる。審査委員長もいないし、お互いのコミュニケーションもなし。たぶん、それぞれが自宅とかのパソコンでビデオを見て点数をつけるのでは?

今年の審査員は次の4人。恥ずかしながら一人も名前を知らない。

Yejin Gil / South Korea, Germany
Kevin Kenner / USA
Gil Sullivan / Australia
Krzysztof Jabłoński / Poland


ちなみに、この中のケヴィン・ケナー氏は、中村紘子さんの著書「コンクールでお会いしましょう」に登場していたようだ。

演奏は抜群だったが、胃腸が弱いためにショパンコンクール(1990年)では1位を取れなかったという人らしい。といっても、1位なしの2位だ。このときの3位が横山幸雄さん。

pia small.png

コクラン国際ピアノコンクールの第1回は2015年で、その優勝者が Svetlana Gololobova というウクライナの女性。2回目の2016年は Piotr Grelowski という男性。二人ともまったく知らない人だ。

入賞者?("HONORABLE MENTION RECIPIENTS")の中に高橋絵里子さんという日本人が一人いるようだが、この人も知らない。コクランのピアノソナタの音源を探したときに見つけた YouTube 動画が彼女の演奏だった。第3楽章がいい ♪

Julian Cochran - Piano Sonata No. 1 I. Con gran espressione
Julian Cochran - Piano Sonata No. 1 II. Largo - Moderato
Julian Cochran - Piano Sonata No. 1 III. Presto

pia small.png

優勝すると、ワルシャワでCD録音して、発売・プロモーションコンサートなどをしてもらえるようだ。賞金は「2万ユーロ相当」と書かれているので、現金はもらえない(CD録音やそのための旅費等の金額?)のかも…?

面白いのは副賞。ワイヤレス・マイクロホン、ヘッドホン、ピアノの椅子などがある。ピアノとかの賞品をもらえるコンクールはあったような気がするのだが…。スポンサー会社の製品と思われる。どんなものか興味のある方は、このページの "PRIZE" のところにリンクがあるのでどうぞ…。

pia small.png

ところで「珍しい」コンクールとしてご紹介したが、これを書いていて思い出したのがこれ(↓)。

《ビデオ審査だけの国際コンクール?しかもポゴレリッチが審査員長!》

自分で記事を書いていて、忘れてしまっていた…(^^;)。

この「マンハッタン国際音楽コンクール」も2016年に始まっているので、最近はオンラインだけのコンクールも増えているのかも知れない。…でもやはり、録画した音と生の音では相当に違うと思うし、ピアノ演奏以外に「録画技術」みたいなものも関係してくるので、ちゃんと聴衆がいるホールでの審査の方がいいような気もする。

…とはいえ、聴く方もネットを通じてイヤホンやヘッドホンで聴くことの方が多いわけで…、オンラインで評価するというのもあながち的外れではないのかも…。

ただ、こういう「コンクール」はファンにとってはまったく面白みがない。各ステージの各コンペチタの演奏を「あーだこーだ」言いながら、勝手に優勝候補や応援するピアニストを決めて途中経過を楽しみ、結果に対してもまた「あーだこーだ」言って騒ぐ?という、競技?を観て楽しむ「観戦」の面白さがないのだ。

せめて、ビデオを一般公開して、一般人からの人気投票をして「聴衆者賞」を選ぶ、なんてものがあれば少しは面白くなるかも知れないのだけど…(^^)♪







ピリスさん、2018年中にリタイア?

マリア・ジョアン・ピリスさんが来年(2018年)中に「ツアーやリサイタルから引退する」(she will retire from touring and public performances during the course of next year)というニュース記事があった(↓)。(下記写真もこの記事からお借りした)

✏️MAJOR PIANIST CALLS TIME ON HER CAREER

argerich-pires2-243x180.jpg

ピリスさんは今年73歳になったそうで、まぁ仕方ないか…、と思ったが、一緒に写真に写っているアルゲリッチの年齢を確認すると76歳だ。ピリスさんももう少し頑張ってほしいなとも思う。

私にとっては、趣味のピアノを始めた頃からの「お気に入りピアニスト」の一人で、モーツァルトやシューベルトなどで、いつもお手本の演奏にさせていただいていた(↓)。

《お気に入りピアニスト:Maria Joao Pires(ピリス)》
《モーツァルトのピアノソナタK.570弾き方♪色々…》


他に記事が出てないか調べたが、一つだけ(↓)しか見つからなかった。しかもスペイン語?のようだ。

✏️MARIA JOAO PIRES SE PLANTEA SU RETIRADA DE LOS ESCENARIOS A LO LARGO DE 2018

この記事によると、6年前くらいから調子が悪いらしい。また、カスティーリャ・イ・レオン交響楽団などとのコンサートは予定されているようで、すぐに辞めるということではなさそうだ。(「Google 翻訳」では、そう読める…)

pia small.png

ちなみに、最初の記事には、ピリスさんの最も有名な動画として次の YouTube が紹介されている。

Maria Joao Pires - expecting another Mozart concerto during a lunchconcert in Amsterdam

あるコンサートでの演目は「モーツァルトのニ短調協奏曲(第20番)」だったのだが、ピリスさんがモーツァルトの別の協奏曲だと勘違いしていて、オーケストラが演奏を始めるとパニックになって…。ブツブツ言っているピリスさんの表情は面白くもあり、お気の毒でもあるのだが、それでも完璧に弾いたという「伝説」…。

200万回以上再生されているので、たしかに「最も有名」かもしれない。それにしても、すごい記憶力・能力だ…。

pia small.png

マリア・ジョアン・ピリスさん、一度ナマの演奏を聴きたいと思っていたピアニストなのでとても残念だ。それはそうと、こういう突然の引退宣言もあるので、アルゲリッチも早く聴きに行かなくちゃ…(^^)♪







現代ピアノ音楽作曲家探索を少しやってみて…

9月末から、ピアノ曲を作っている現代(コンテンポラリ)作曲家の探索をボチボチとやっている。

《現代ピアノ音楽作曲家探索:コンテンポラリなピアノソナタ ♪》
〈Contemporary ピアノ音楽作曲家:list〉

PianoNote.png

これまでのところ、お気に入りの作曲家や作品は見つかってないが、「これいいかも…」程度の曲はいくつかあった。

今までにチェックした作曲家は18人。あと何人いるか数えてみたら83人もいた! 全部で101人もいたわけだ。これは無謀なことを始めてしまったのかもしれない…(^^;)。

とはいえ、面白い発見(単なる自分の無知の発見?)もときどきあるし、もともと興味はあるので、気分まかせでボチボチ続けたいと思っている。ここまでのトピック(感想)をいくつか…。


🎼 もう少し聴いてみたい作曲家


18人中、少し気になった、というかもう少し聴いてみたいと思った作曲家が何人かいる。

Lera Auerbach (born 1973)
Nicolas Bacri (born 1961)
Dimitrije Bužarovski (born 1952)
Julian Cochran (born 1974)


レーラ・アウエルバッハは以前一度聴いているので今回はチェックしてないが、気になっている作曲家である。ピアノソナタの音源を探して聴いてみようと思っている。

《レーラ・アウエルバッハ:マルチタレントな作曲家/ピアニスト》

ニコラ・バクリのピアノソナタは《現代のピアノソナタ(1)ニコラ・バクリ》の記事に書いたように、ちょっといいかも…と思っている。

ディミトリー・ブザロフスキは小曲(ノクターン)を聴いた範囲ではわりと好みであったのだが、もう少し他の曲、とくにピアノソナタを聴いてみたいと思っている。

Dimitrije Bužarovski, klavir / D. Bužarovski – Nokturno op. 49. Seci momi rusi kosi
Dimitrije Bužarovski, klavir / D. Bužarovski – Nokturno op. 52. Da li pametviš Milice

ジュリアン・コクランは「初期作品は印象派の影響、後期作品は東欧のクラシックや民謡の影響」を受けた作曲家ということで、作品は聴きやすいのだが、何か物足りなさも感じる。

JULIAN COCHRAN - Prelude No. 8
Julian Cochran PRELUDE NO. 2


🎼「現代音楽」は聴き慣れてきた?


ルチアーノ・ベリオのピアノソナタを聴いたとき思ったこと。いわゆる「現代音楽」だな〜「聴き慣れた」感があるな〜。「既聴感」とでも言うのだろうか?

Luciano Berio - Piano Sonata

ある意味「耳タコ」状態なのだと思う。そんなにたくさん聴いてきた訳ではないが、どこかで聴いた「現代音楽」と同じだと思う感覚はある(たぶん区別はつかないが…)。ほとんどの場合、不快感しか感じないし、もう一度聴きたいとはまったく思わない。

かっこ付き「現代音楽」、つまりシェーンベルクとかジョン・ケージだとかの時代の音楽は「実験音楽」だと思う。音楽史的には意味があるのだと思うが、少なくとも私の耳には「音楽としての鑑賞の対象」には聴こえない。

同じ感覚は、アルド・クレメンティの曲(↓)を聴いたときにも感じた。どうも、私は「現代音楽」を好きじゃないようだ。

Aldo Clementi: Variazioni per pianoforte (1999)


🎼 なぜ「コンテンポラリ」の探索か?


なのになぜ「コンテンポラリ作曲家」の探索なのか? バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ラヴェル、ドビュッシー…を楽しんでいればいいではないか?

それはたぶん、シェーンベルクの「12音音楽」から1世紀もの時が経とうとしている現代において、その「今」に生きる作曲家たちはなにかしら「新しい音楽」を見つけているにちがいない、と思うから。そして、その「進化した音楽の美」を少しでも味わいたいから…なのだと思う。

ただ、「現代音楽」は好みじゃない、と言いながら、でも一方で「新古典」的な「昔風」の曲もなかなかいいもの(好みの曲)には遭遇しない。

例えば、上にあげた「印象派風」のジュリアン・コクランの小曲は悪くないし聴きやすい…のだけれど、どうもピンとこない。

ここはジレンマなのか? いや、いわゆる「現代音楽」ではない、「昔風」でもない新しいピアノ音楽が存在するはずだ…と思う。でも、それを見つけ出すだけの「耳」が自分にあるのかどうか?…という問題もありそうだが…(^^;)。


🎼 アルトゥール・シミーロとニコラス・マッカーシー


ちょっとしたトピックスを…。

ブラジルのアルトゥール・シミーロ(Artur Cimirro、1982〜)という作曲家。これといった作品は見つからなかったのだが、検索でこんな記事(↓)が引っかかった。 

✏️Anything is possible(なんだってできる)――“左手のピアニスト”ニコラス・マッカーシーがデビュー・アルバムをリリース

ニコラス・マッカーシーというのは、少し前に左手のみのピアノ奏者として初めてイギリス王立音楽大学を卒業したということで話題になったピアニストである。

上の記事は、昨年1月にデビューアルバムを出したときのインタビューである。そのアルバムが『ソロ~左手のためのピアノ編曲集』で、その中のスクリャービンの2つの練習曲(作品8の第12番〈悲愴〉と作品2の第1番)を編曲したのがアルトゥール・シミーロだそうだ。



ちなみに、ニコラス・マッカーシーはデビューアルバムを出したあと、日本にも来ている。

✏️ぶらあぼ記事
✏️奇跡のピアニスト ニコラス・マッカーシー 都内の小学校訪問

pia small.png

…という感じで、あと83人、ボチボチ探索を続けたいと思っている。