「ホールでスタインウェイを弾いてみよう♪」のプログラム(^^)!

「ホールでスタインウェイを弾いてみよう♪」の日が近づいているのだが、練習の方はなかなか進んでいない。…という記事を昨日書いたばかりだが、今日は気晴らしに「プログラム」(チラシ)を作ってみた…(^^;)。

Program2017June30.png

pia small.png

先に言い訳をしておくと、ホントはこういう「プログラム」を作る気はまったくなく、プロのピアニストがリサイタルのプログラム(演奏曲目)を決めるときに、どうやっているのだろう?と思って、ネットを調べ始めたのだった…。

ところが、そういう記事や情報はほとんどなく、逆に検索結果にたくさん出てくるのが、ピアノの発表会などで使うための「プログラム」(チラシ)のテンプレートや作り方の記事だったので…。

練習の方がうまく行っていないウップンを晴らすためにも?ちょっと遊んでみた次第。

pia small.png

…で、どうせ作るなら、今風のあっさりしたものではなく、ちょっと雰囲気のある格調高いものを作りたいと探し始めた。

なかなか見つからなかったのだが、そのうちに1890年代のリサイタルのチラシを見つけた。

それをちょっとお借りして作ってみたのが上のチラシである。ここで使っているのは、厳密にいうと、元のチラシの裏側にあったスタインウェイ&サンズ社の宣伝の上半分だ。

pia small.png

このスタインウェイのチラシの下半分も興味深い。

ピアノのイラストの下にある3行ほどの文には、こう書かれている(↓)。

The recognized Standard Pianos of the world, pre-eminently the best instruments at present made, exported to and sold in all art centres of the globe, preferred for private and public use by the greatest living artists, and endorsed, among hundreds of others, by such as:

で、その下にたくさんの音楽家やピアニストの名前が並んでいるのだが、それはこんな感じ(↓)で始まっている。

RICHARD WAGNER, FRANZ LISZT, ANTON RUBINSTEIN, HECTOR BERLIOZ, …

そんな場所に自分の弾く曲を並べているのだが、さすがに畏れ多いと思って、自分の名前を載せるのはやめてしまった…(^^;)。







近況:練習の立て直し!さて、間に合うのか?

今月末の「ホールでスタインウェイを弾いてみよう♪」のために、以前やった曲を4曲「復習」しているが、これが予想以上に苦戦中である。感覚的には以前に初めて練習したときよりも苦しい感じだ…(^^;)。

BBSD.png

こういう練習のやり方は初めてなので、いまひとつ練習の手順・時間配分・方法・コツなどがよく分からない。…というのもあると思うが、「なんとなく」やっていることも原因かもしれない…。

あと2週間もないので、ちょっと立て直しが必要そうだ。

pia small.png

まず、現状の進み具合と問題点などをあげてみる。全体的な問題としては次のような感じ。

・時間配分などの計画もなく、4曲を気の向いた順番で練習している
・その順番は「不安な曲」を優先していると思われる
・装飾音符などの「難所」の練習に十分な時間をとれていない
・「暗譜」が進まない

曲ごとに見てみると…。

バッハ(フランス組曲4番のアルマンド)は、一通り弾けないことはないのだが、暗譜できてないし、ミスも多い。止まる(ミスする)箇所はいつもほぼ同じで5箇所くらい。

ベートーヴェン(ソナタ8番「悲愴」第2楽章)は、あと一息で暗譜できそうだが、3〜4箇所くらいちゃんと弾けてないところがある。装飾音符、和音の連続するところ、3:4のところ、暗譜が不安な箇所、など。でも、4曲のなかでは一番まともかも…。

シューベルト(3つのピアノ曲 第2番)は、Aパートは暗譜できてない、装飾音符などが弾けてない。Bパートはほぼ暗譜できているが、三度連続や盛り上がるところの「難所」などが弾けてない。Cパートは暗譜できてないし、全般的に弾けてない。

それと、通し練習がほとんどできてないので、暗譜でいうとつなぎの箇所が不確かなのと、後半の弾き込み、というよりそれ以前の「練習回数」がまったく不足していると思う。

ドビュッシー(ベルガマスク組曲プレリュード)は、暗譜は一部しかできていないし、弾けてない箇所多数。4曲中もっとも遅れているかもしれない。「難所」も多数あるし、通し練習がまだできてない。

…こうしてみると「不安」だらけで、このあとどうしよう?という気持ちに…(_ _)。

pia small.png

それでも、「Xデー」?は確実にやってくる!…ので残りの時間を有効に使って練習するしかないのだ!作戦としては…。

バッハは「暗譜」すればたぶん弾けると思うので、ひたすら暗譜の努力、これを毎日少しずつ短時間でやる。

ベートーヴェンは不安な3〜4箇所の部分練習と通し練習を、これも毎日少しずつ。

シューベルトは、各パートごとに異なる作戦が必要そうだ。

Aパートは、装飾音符の確実性を上げることと「暗譜」→毎日少しずつ。Bパートは、「難所」のクリアと「つなぎ」部分の暗譜確実化を前提に、息の長いフレーズを通して弾く練習をある程度時間をかけて。Cパートは、一番時間をかける必要がありそうだ。まずは、弾けないところがないようにして「暗譜」すること。

ドビュッシーは、「難所」(装飾音符、アルペジオや届かない和音の処理など)について、自分なりの弾き方(例:難しいところではテンポを少し遅めに)を確立することが最優先課題だと思っている。そうしないと、「習熟」のための練習時間が足りなくなりそうだ。時間的にはシューベルトと同じくらい時間をかけたい。

1週間後には、4曲とも「暗譜」できていて「通し練習」を中心にやれるようにしたい。

pia small.png

今回、「一度やった曲をさらう」練習をやってみて(途中ではあるが…)気がついたことが2つある。

一つは、当然のことだが、ピアノ曲を練習して仕上げるには「習熟」のための時間を取ることが非常に重要だということ。

これまでは、初めて弾く曲、つまり弾けなかった曲を練習して「曲がりなりにも」弾けるようになることで「自己満足」していた。その「弾けないところが弾けるようになること」自体を楽しむことができたのだ。

でも、これは裏を返せば、十分に弾ける(仕上がる)ところまでは行っていなかった、ということになる。ピアノの練習というのはその先が大変なのだろう、ということがほんの少し実感できたかもしれない。


もう一つは、「弾けない」ことにはいくつかの「原因」がありそうだ、ということ。私の場合、少なくとも「暗譜(〜習熟)していない」ことと「技術的に弾けていない」ことがあると思った。

そして、原因が違えば、それに対する対策、つまり練習の仕方も変える必要があるはずだ。

技術的には弾けるのだが暗譜できていない、指が覚えていない(習熟していない)ところは、繰り返し練習が基本になると思われる。

技術的に弾けていない箇所については、その技術的課題をクリアする必要があるだろう。そのやり方は、課題ごとに異なるのだろうが、少なくとも技術的に解決した上で反復練習に移らないといつまでたっても弾けないし、上達しないことになる。間違った弾き方やクセを定着させることになってしまう可能性もある。

ただ、これは私のような独習者にはなかなか難しいような気もしている。…でも今さらレッスンを受けるのは気が進まないし…(^^;)。

pia small.png

いずれにしても、あと2週間弱。この1週間が勝負の分かれ目?かもしれない。…と気を引き締めて頑張っていることにしよう ♪


【関連記事】
《変更…(^^;)…ベトソナ第8番第2楽章の装飾音符の弾き方 ♪》
《ベトソナ第8番第2楽章の装飾音符の弾き方 ♪》
《近況:「試弾4曲」の練習課題・目標?》
《近況:以前弾いた曲を練習すると…(^^;)》
《近況:スタインウェイで弾く曲を決める ♪》
《ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??》







ダニール・トリフォノフ、この夏のヨーロッパ公演をキャンセル!?

ダニール・トリフォノフがこの夏のヨーロッパ公演をすべてキャンセルするかもしれない、というニュースが飛び込んで来た。

✏️JUST IN: TRIFONOV CANCELS ALL SUMMER DATES IN EUROPE OVER US VISA WORRIES
✏️Daniil Trifonov sagt Konzerte ab(ドイツ語)

510orhZgFNL.jpg


pia small.png

記事がドイツ語なので、グーグル翻訳の日本語から推察すると…(ドイツ語読めるようになりた〜い…(^^;))

理由は「米国のグリーンカードを取得するための新たな規制」によるものらしい。トランプ大統領は、入国規制だけではなく、米国でグリーンカード(アメリカ合衆国における外国人永住権)発行の条件も厳しくしたようだ。どこまで時代逆行なのだろう、この人は…。

影響を受けそうなのは、ヴェルビエ音楽祭、バーデンバーデン音楽祭、ザルツブルク音楽祭など、けっこう大きな音楽祭ばかり…。ダニエル君、大変なことになっているみたいだ…。

9月(16日〜18日)の日本公演は大丈夫なのだろうか?
《ピアノカレンダー2017/2018:来日ピアニスト,コンクールなど》







変更…(^^;)…ベトソナ第8番第2楽章の装飾音符の弾き方 ♪

数日前の記事《ベトソナ第8番第2楽章の装飾音符の弾き方 ♪》で、ベトソナ第8番(悲愴)の第2楽章の装飾音符(↓ターン)を3連符を入れて弾くと決めた、ということを書いたのだが…。

MuseScoreTurn.png

pia small.png

私の練習を聴いていたカミさんからすぐにダメ出しを喰らった。
「なんかヘン!すごく違和感!」

いろんな楽譜の注釈を調べ尽くして(IMSLPにあるものだけだけど…)、自分の実力の範囲で何とか弾けそうなパターンをやっと見つけたというのに…。

「じゃあどうすればいいの?」という私の問いに対する答えは、「5連符」バージョン(下記 "A")! 難しそうだったので、いちばん避けたかったヤツだ。

カミさん、お手本を弾きながら曰く、「ほら ♪ ゆっくりやれば出来るわよ」「無理なら、元の(以前練習したときの)パターンに戻したら?」…。

元のパターンとは、左16音符1個に対して右64音符4個という弾き方(下記"B")。これだと、左手の伴奏の拍とターンの始まりが合うので弾きやすいのだが、なんか面白くない。なので、苦労して3連符の2つ目からターンを入れるようにしたのだが…。

BeethOp.13Turn5.png

pia small.png

繰り返される「なんかヘン!」攻撃に耐えきれず?、しぶしぶ「5連符バージョン」を試してみた。

「あれっ?」なんか弾けそう…? 頭で考えていたほど難しくはない。これならもう少し練習すれば何とかなるかも…。

…ということで、一生懸命考えた「3連符バージョン」は3日も持たず、「5連符バージョン」に座を明け渡すことになりそうだ…(^^;)。

頭で考えたり、パソコン・ツールを使うより、もっとピアノで実際に弾いてみるべきだった…と当たり前のことを今になって反省している次第…。「論より証拠」「百聞は一見に如かず」…。(ン?ちょっと違うかな…)

pia small.png

参考のため、IMSLP の楽譜にあった「注釈」を再掲しておく(↓)。

BeethOp13Turns.png







アルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ、Deccaと契約 ♪

アルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ(Arseny Tarasevich-Nikolaev)が Decca Classics と契約したようだ。

✏️Arseny Tarasevich-Nikolaev signs with Decca and Universal

arsney.123112.jpg
Arseny Tarasevich-Nikolaev. Photo © Evgeny Evtyukhov Photography.

アルセニー・タラセヴィッチ=ニコラーエフはロシアの若手(23歳)ピアニスト。バッハの名演奏で知られるタチアナ・ニコラーエワの孫息子として有名?である。

初めてその名前を聞いたのは2015年のショパンコンクール。その有力候補の一人として名前があがっていた。
《ショパン・コンクールの有力候補を聴く》

その後、リーズ国際ピアノコンクールや2016年のシドニー国際ピアノコンクール(2位入賞)などで、何度も名前を聞いているうちによく知っているピアニストのような気になっていた。

YouTube 音源やコンクールの演奏を聴いた限りでは、個人的にはそれほど好みではなかったが、2015年以前にも「2012年スクリャービン国際ピアノコンクール優勝、2013年クリーブランド国際ピアノコンクール第2位、2014年グリーグ国際ピアノコンクール第2位」といった入賞歴があるので、安定した実力は認められているということだろう。

デビューCDは2018年に出る予定で、タイトルは "Moments Musicaux"(楽興の時)。ラフマニノフの「楽興の時」、プロコフィエフの「束の間の幻影」のほか、スクリャービン、メトネル、チャイコフスキーらのロシア作品を並べたものになりそうだ。おばあちゃん(タチアナ・ニコラーエワ)作曲のエチュードも2曲入るらしい…(^^) ♪

時期は不明だが、来日も計画されているとのこと。

pia small.png

ちなみに、Decca は今年4月に中国のモエ・チェン(Moye Chen)とも契約しているが、彼はニコラーエフが2位に入賞したシドニー国際で3位になったピアニストである。

ピアノを弾いているときの表情から「変顔くん」というニックネームをつけて応援していたピアニストでもある。
《シドニー国際ピアノコンクール、ファイナリスト》

Pianist Moye Chen.png

✏️SIPCA 2016 success story Moye Chen signs to Decca

この記事によると、モエ・チェンのCDデビューも2018年に出ることになっており、ラフマニノフとパーシー・グレインジャー(Percy Grainger)の作品となる予定。この2人はアメリカに亡命した作曲家兼ピアニストという共通点?があるそうだ。

pia small.png

おまけ。シドニー国際コンクールの結果を見ていて「あれっ!?」と思ったこと。4位に「Kenneth Broberg(アメリカ)」がいるではないか…。

ケネス君は、つい最近終わったばかりのクライバーン国際ピアノコンクールで2位に入賞したピアニストである。

Decca が次に狙うのは Kenneth Broberg なのか??