ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??

以前から、スタインウェイとかベーゼンドルファーとかの「ブランド・ピアノ」を弾いてみたいと思っていたのだが、ついにその夢?が実現する日がやってくる…(^^)!♪

しかも、ショールームとか試弾室とかではなく、コンサートホール!…といっても、サントリー…とかじゃなく「市民ホール」。それでも600席以上あるのでそれなりのホールだ。もちろん観客はゼロ(中身は「試弾」なので…)。


StageNeko.png


ある日、たまたま目にした広報紙か何かで「ホールでピアノ(スタインウェイ)を弾いてみませんか」みたいな小さなお知らせを見つけた。しかも1時間2,000円とリーズナブル ♪

見つけたのが申し込み日の1週間前くらいだったので、ラッキー!これはもう申し込むしかない。が、問題は朝8時半から申し込み開始で「先着順」ということ。まぁ、早起きするしかない…。

pia small.png

ということで、昨日朝早くから並んでついにそのチケットをゲットした。

発売開始から1時間前の7時半に行ったら、何と!すでに8人ほどが並んでいた。みなさん一体何時から並んでいるのか?

並んでいる人たちはピアノの先生なのか、生徒さんのお母さんたちなのか…。ときおり聞こえてくる会話に混じっている単語は、「リハーサル」とか「課題曲」とか「ショパンのエチュード」とか、私には無縁のものばかり…(^^;)。

畏れ多くも「ホールのスタインウェイで下手なピアノを練習しよう…」という私のような物好き(不心得者?)は一人もいないようだ。何となく場違いな感じで1時間を過ごした。

8時半になってドアが開けられる頃には、行列は30人ほどになっていた。早起きした甲斐はあったようだ。

pia small.png

で、帰宅してカミさんに「成果」を報告したら、いきなり「何曲か曲を仕上げて持っていかなくちゃね ♪」と言われてしまった…。

こっちは「いつもの練習」を想定していたのだが、せっかくスタインウェイ(D-274・ドイツ製)で、しかもステージで弾くのだから、それでは「もったいない」という訳だ。観客がいるつもりで…、途中で止まったりせずに…、仕上がった演奏を…。

う〜む、反論できない…。「そうかも…」と思っているうちに、「4期(バロック、古典、ロマン、近現代)から1曲ずつ」とか「録音・録画しようか」とか、話はだんだん膨らんでいく。半分はお調子者の私が言い出したことでもあるが…(^^;)。

ということで、お気軽に「スタインウェイが弾ける…(^^)!! 」が、いつの間にかちょっとした「発表会もどき」の「目標」に変貌しつつある…。プレッシャーだ。

pia small.png

実際に弾けるのは6月の終わりなので、まだ準備する時間はあるにはあるが…。とはいえ、今から4曲とかを準備するのはとうてい無理だ。

本当は、今やっているベートーヴェンの13番ソナタを全楽章仕上げて…と言いたいところだが、それは逆立ちしても無理。なので、これまでに練習した曲で、比較的ちゃんと弾けそうなものから選ぶしかない。といってもそれほどたくさんの曲があるわけでもない。さぁ、困った!

…と困っていても仕方ないので、今年の初めに作った「4年間に練習した曲」の一覧表でも眺めてみようかと思っているところである。

《4年間に練習した曲とこれからの選曲…?》

ずっと棚上げにしていた(忘れたふりをしていた)「止まらずに弾く」という課題も、もう一度持ち出すしかなさそうだ…(^^;)。







ピアノの中には宝物が眠っている…?

ピアノの中には宝物が眠っている。その素晴らしい音楽という宝物を取り出すのはあなたのピアノの腕…。

…という話ではなく、本当にピアノの中から金貨がザクザク(913枚、6kg以上)出て来た、という話!

✏️ピアノの鍵盤の下から金貨913枚、数千万円相当 英大学
✏️古いピアノの中から金貨900枚 誰が?何のため? 英国


goldPiano.png


イギリスのある夫婦が古いアップライトピアノを大学に寄贈した。で、そのピアノを調律しようとした調律師が鍵盤の下から見つけたらしい。

誰が何のためにピアノの中にそんなものを隠したのかは謎のようだ。ヘソクリにしては金額が大きすぎる(5,000万円前後)。そしてよくある話だが、すでに50人ほどが「私のものだ!」と名乗り出ているとのこと。

「財宝評価委員会」というのがあって、価値の算定と、発見に寄与した人へ渡す金額を決めるらしいのだが、なぜかピアノを寄贈した夫婦には一銭も渡らないらしい。何となく釈然としないが、イギリスの法律のことはよく分からない。

あなたのおウチのピアノも一度中を確認した方がいいかも…(^^;)♪







【お知らせ】PCのブログを模様替えしました

【お知らせ】
久しぶりに(初めて?)ブログの模様替え(テンプレート変更)をしました。ただしパソコン版だけです。スマホ版はとりあえずほぼ以前のままです。

あまりの変貌に(別のブログに来てしまった?と…)驚かれた方、ゴメンなさい。失礼しました。

使っているブログシステム(Seesaa)のデザインシステム変更があり、新しいテンプレートが出来たので試しています。落ち着くまで今しばらく時間がかかると思います。どうかご容赦のほど、よろしくお願いします。

ブログ管理人 pia






シジュウカラがやって来た!♪(営巣の話)


今日はピアノの話ではなく、ウチの庭の小さな幸せの話 ♪

数年前から、知人に教わって庭の木にシジュウカラ用の巣箱を設置している。が、なかなか入居してくれない。


subako.png


今年も、数週間前からときどき「下見」に来ている様子なのだが、なかなか「成約」に至らない。なんだか賃貸マンションの家主みたいな気持ちで過ごしていた。

…のだが、この数日、いつもより頻繁に訪れるようになった気がして、よく見ていると、くちばしに何か草のようなものをくわえていたりする。どうも巣の材料を運び込んでいるようだ。

やった!♪ 3年目にしてやっと入居してくれたようだ…(^^)!!

試しに置いてみたカラつき落花生(シジュウカラの好物)が効いたのか…?


しばらくは、驚かして引っ越しされないように、庭仕事も少し控えめにして、様子を見守ることにした。

居間の窓(のうすいカーテン)越しに見ていると、「ぢぢぢぢ」みたいな声を出してやってくる。いつもの「ツツピーツツピー」とか「ピィー」とかじゃなく…。なんか意味があるんだろう。


写真を撮りたいのだが、残念ながら iPhone では近づけないので無理…。で、ズームのついたデジカメを探してみた。

調べてみると、イマドキのデジカメは光学40倍(↓)だったりする。しかもそれほど高価なものでもない。

Canon PowerShot SX720 HS 光学40倍ズーム



ちょうどいい口実?もできたので、思い切って買うことにした ♪

ちなみに、最初の巣箱の写真は1年以上前のもの。運がよければ、次はシジュウカラの姿をアップで!捉えることができるかも知れない。楽しみが一つ増えた…(^o^)♪







クロッカスはタネで増える!→辻井伸行@Wigmore Hall


ピアノとは関係ないけど、嬉しい発見をしたのでご紹介…(^^)♪

発見!…春の花、クロッカスは球根で増えるというのが常識。でもタネでも増えるらしいのだ!

実は、我が家の庭に毎年クロッカスが群生するようになった(↓)。心なしか年々増えているような気もする。球根を植えた覚えのない場所なので長年の謎だった…。

crocus.png



で(やっと…(^^;)…)調べてみた。

…が、なかなかちゃんとした情報が見つからない。園芸関係のサイトには球根のことしか書いてないし…。そんななか、いくつかのブログ記事で重要な情報をゲットした。

一つは、「クロッカスの種」という記事で、タネ(の包み)とそれがはじけたあとの写真(↓)が載っていた。(すみません…勝手に写真をお借りしました…)

e6f64bfb-s.jpg 67a54d4b-s.jpg

やっぱりウチの庭でも、気がつかないうちにこういう植物の健気な「営み」が行われていたらしい。今年は、ちょっと目を凝らしてタネを探してみよう ♪



もう一つは、ロンドンの公園ではけっこうクロッカスが群生しているらしいという情報。下記の記事は有名なキューガーデンの話題。

「キューガーデンのクロッカスと水仙」

で、"Kew Gardens" を検索していたら、ロンドンの春の花がいろいろ載っているサイトを発見。3つ目にキューガーデンのクロッカスが載っていた(↓)。

Where To See Spring Flowers In London

Crocus-in-Kew-Gardens-c-RBG-Kew.jpg

さすがにウチの庭より立派だ…(^^;)。



クロッカスだけで終わるのもなんなので、春のロンドンでどんなコンサートをやっているのか見ていたら、なんとウィグモア・ホールで辻井 伸行くんがリサイタルをやるというのがあった。

「ウィグモア・ホールでエイベックス・リサイタル・シリーズが開催」

もちろん Wigmore Hall のサイトにもちゃんと載っている。

最近、たまたまTVで見た(聴いた)のだが、最近の辻井 伸行くん、以前より少しスケールアップしている感じがした。ぜひ頑張って欲しい。

tsujii.jpg



おまけ:
ウィキペディアに載っていた、昔の図鑑らしいクロッカスの絵。e f g あたりがタネの絵のようだ。

Crocus_vernus_ssp_Sturm50.jpg