「ホールでスタインウェイを弾いてみよう♪」のプログラム(^^)!

「ホールでスタインウェイを弾いてみよう♪」の日が近づいているのだが、練習の方はなかなか進んでいない。…という記事を昨日書いたばかりだが、今日は気晴らしに「プログラム」(チラシ)を作ってみた…(^^;)。

Program2017June30.png

pia small.png

先に言い訳をしておくと、ホントはこういう「プログラム」を作る気はまったくなく、プロのピアニストがリサイタルのプログラム(演奏曲目)を決めるときに、どうやっているのだろう?と思って、ネットを調べ始めたのだった…。

ところが、そういう記事や情報はほとんどなく、逆に検索結果にたくさん出てくるのが、ピアノの発表会などで使うための「プログラム」(チラシ)のテンプレートや作り方の記事だったので…。

練習の方がうまく行っていないウップンを晴らすためにも?ちょっと遊んでみた次第。

pia small.png

…で、どうせ作るなら、今風のあっさりしたものではなく、ちょっと雰囲気のある格調高いものを作りたいと探し始めた。

なかなか見つからなかったのだが、そのうちに1890年代のリサイタルのチラシを見つけた。

それをちょっとお借りして作ってみたのが上のチラシである。ここで使っているのは、厳密にいうと、元のチラシの裏側にあったスタインウェイ&サンズ社の宣伝の上半分だ。

pia small.png

このスタインウェイのチラシの下半分も興味深い。

ピアノのイラストの下にある3行ほどの文には、こう書かれている(↓)。

The recognized Standard Pianos of the world, pre-eminently the best instruments at present made, exported to and sold in all art centres of the globe, preferred for private and public use by the greatest living artists, and endorsed, among hundreds of others, by such as:

で、その下にたくさんの音楽家やピアニストの名前が並んでいるのだが、それはこんな感じ(↓)で始まっている。

RICHARD WAGNER, FRANZ LISZT, ANTON RUBINSTEIN, HECTOR BERLIOZ, …

そんな場所に自分の弾く曲を並べているのだが、さすがに畏れ多いと思って、自分の名前を載せるのはやめてしまった…(^^;)。







この歳でアレルギー(花粉症?)になった!?

昨日の午後、ピアノを練習していたらなんとなく目がショボショボしてきた。練習を終わってピアノ室(というほどのものではないですが…)を出たら、カミさんが「目、ど〜したの!?」と聞く。で、鏡を見たら真っ赤に充血している!

最近「暗譜」がなかなか出来てないので、ずっと楽譜を見続けて目が疲れたのかな?…と思って、少し目を休めたら治るかもと、30分ほど目をつぶって横になっていた。

…が、変化なし。仕方ないので、とりあえず眼科に行くことにした。

pia small.png

そうしたら、眼科の先生、眼を見るなり「アレルギーですね。今だとイネ科の花粉かも知れませんね」と、あっさりと診断が下ってしまった。

長い人生で、アレルギーにも花粉症にも縁がなかった私は「それって花粉症になったということですか?」と確認する。もしかすると、少し憮然とした口調だったかも…。

すると「それは血液検査とかしないと分からないです」「とりあえずアレルギーを緩和する薬と、症状を抑える薬を出しときますので様子を見てください」と淡々と処方が決められていく。

ある年齢以上になると花粉症にならないという説?を信じていた私としては、内心かなりのショックを受けながら、仕方なく目薬2本をもらって帰った。一時的なアレルギーでありますように…と願いながら…。

megusuri.jpg

帰宅後、結果をカミさんに報告すると「ホラ、行ってよかったでしょ♪」と誇らしげに言われた。実は、カミさんに説得されてイヤイヤながら行ったのだった。

まぁ、午前中に公園の草取りで、イネ科の雑草を山ほど抜いたという「心当たり」もあったのだが…。

さっそく2つの目薬をさして、しばらくボーゼンとする。で、ふと薬の説明を見ると「続けて使う場合は5分以上あいだを空けること」と書いてある。そういえば、薬剤師がそんなことを言っていたような気もする。どうも上の空で聞いていたみたいだ…(^^;)。

pia small.png

おまけの話。何をやる気も起きないので、ネットの記事をチェックしていたら、クライバーン・コンクールで優勝した Yekwon Sunwoo(ソンウ・イェグォンと読むらしい)の記事が目についた。

「ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が素晴らしかった」と書いてあるので、一応聴いてみることにした。

正直に言うと、確かにテクニカルには達者に弾いているが、面白くない。伝わってくるものがあまり感じられない。それに音がうるさくて好みではない(まぁ「コンクール向き演奏」?)。この人の演奏でよかったのはピアノ五重奏だけだ(というのが個人的感想)。

ついでに、入賞者の Kenneth Broberg(2位)と Daniel Hsu(3位)も聴いてみた。

Daniel Hsu のチャイコフスキーも「コンクール向き演奏」という印象。音はよく出ているが少し荒っぽさが目立つ。残念ながら、好みの演奏ではなかった。

意外?に良かったのが Kenneth Broberg の "Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43"(ラフマニノフ)。音もなかなか魅力的で、3人の中では一番「音楽的」だと感じた。なにより、最後まで楽しく聴かせてもらった。(他の2人は実は途中で聴くのをやめた…)

…といまさら感想を言っても何の足しにもならないが…(^^;)。

とにかく、目が早く治って、花粉症ではなく一時的なものだったと安心したい!







ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??

以前から、スタインウェイとかベーゼンドルファーとかの「ブランド・ピアノ」を弾いてみたいと思っていたのだが、ついにその夢?が実現する日がやってくる…(^^)!♪

しかも、ショールームとか試弾室とかではなく、コンサートホール!…といっても、サントリー…とかじゃなく「市民ホール」。それでも600席以上あるのでそれなりのホールだ。もちろん観客はゼロ(中身は「試弾」なので…)。


StageNeko.png


ある日、たまたま目にした広報紙か何かで「ホールでピアノ(スタインウェイ)を弾いてみませんか」みたいな小さなお知らせを見つけた。しかも1時間2,000円とリーズナブル ♪

見つけたのが申し込み日の1週間前くらいだったので、ラッキー!これはもう申し込むしかない。が、問題は朝8時半から申し込み開始で「先着順」ということ。まぁ、早起きするしかない…。

pia small.png

ということで、昨日朝早くから並んでついにそのチケットをゲットした。

発売開始から1時間前の7時半に行ったら、何と!すでに8人ほどが並んでいた。みなさん一体何時から並んでいるのか?

並んでいる人たちはピアノの先生なのか、生徒さんのお母さんたちなのか…。ときおり聞こえてくる会話に混じっている単語は、「リハーサル」とか「課題曲」とか「ショパンのエチュード」とか、私には無縁のものばかり…(^^;)。

畏れ多くも「ホールのスタインウェイで下手なピアノを練習しよう…」という私のような物好き(不心得者?)は一人もいないようだ。何となく場違いな感じで1時間を過ごした。

8時半になってドアが開けられる頃には、行列は30人ほどになっていた。早起きした甲斐はあったようだ。

pia small.png

で、帰宅してカミさんに「成果」を報告したら、いきなり「何曲か曲を仕上げて持っていかなくちゃね ♪」と言われてしまった…。

こっちは「いつもの練習」を想定していたのだが、せっかくスタインウェイ(D-274・ドイツ製)で、しかもステージで弾くのだから、それでは「もったいない」という訳だ。観客がいるつもりで…、途中で止まったりせずに…、仕上がった演奏を…。

う〜む、反論できない…。「そうかも…」と思っているうちに、「4期(バロック、古典、ロマン、近現代)から1曲ずつ」とか「録音・録画しようか」とか、話はだんだん膨らんでいく。半分はお調子者の私が言い出したことでもあるが…(^^;)。

ということで、お気軽に「スタインウェイが弾ける…(^^)!! 」が、いつの間にかちょっとした「発表会もどき」の「目標」に変貌しつつある…。プレッシャーだ。

pia small.png

実際に弾けるのは6月の終わりなので、まだ準備する時間はあるにはあるが…。とはいえ、今から4曲とかを準備するのはとうてい無理だ。

本当は、今やっているベートーヴェンの13番ソナタを全楽章仕上げて…と言いたいところだが、それは逆立ちしても無理。なので、これまでに練習した曲で、比較的ちゃんと弾けそうなものから選ぶしかない。といってもそれほどたくさんの曲があるわけでもない。さぁ、困った!

…と困っていても仕方ないので、今年の初めに作った「4年間に練習した曲」の一覧表でも眺めてみようかと思っているところである。

《4年間に練習した曲とこれからの選曲…?》

ずっと棚上げにしていた(忘れたふりをしていた)「止まらずに弾く」という課題も、もう一度持ち出すしかなさそうだ…(^^;)。







ピアノの中には宝物が眠っている…?

ピアノの中には宝物が眠っている。その素晴らしい音楽という宝物を取り出すのはあなたのピアノの腕…。

…という話ではなく、本当にピアノの中から金貨がザクザク(913枚、6kg以上)出て来た、という話!

✏️ピアノの鍵盤の下から金貨913枚、数千万円相当 英大学
✏️古いピアノの中から金貨900枚 誰が?何のため? 英国


goldPiano.png


イギリスのある夫婦が古いアップライトピアノを大学に寄贈した。で、そのピアノを調律しようとした調律師が鍵盤の下から見つけたらしい。

誰が何のためにピアノの中にそんなものを隠したのかは謎のようだ。ヘソクリにしては金額が大きすぎる(5,000万円前後)。そしてよくある話だが、すでに50人ほどが「私のものだ!」と名乗り出ているとのこと。

「財宝評価委員会」というのがあって、価値の算定と、発見に寄与した人へ渡す金額を決めるらしいのだが、なぜかピアノを寄贈した夫婦には一銭も渡らないらしい。何となく釈然としないが、イギリスの法律のことはよく分からない。

あなたのおウチのピアノも一度中を確認した方がいいかも…(^^;)♪







【お知らせ】PCのブログを模様替えしました

【お知らせ】
久しぶりに(初めて?)ブログの模様替え(テンプレート変更)をしました。ただしパソコン版だけです。スマホ版はとりあえずほぼ以前のままです。

あまりの変貌に(別のブログに来てしまった?と…)驚かれた方、ゴメンなさい。失礼しました。

使っているブログシステム(Seesaa)のデザインシステム変更があり、新しいテンプレートが出来たので試しています。落ち着くまで今しばらく時間がかかると思います。どうかご容赦のほど、よろしくお願いします。

ブログ管理人 pia