天津ジュリアード音楽院:文化面でもJapan passing?

ねもねも舎の記事(↓)で、2019年秋に、中国の天津にジュリアード音楽院ができることを知った。ニューヨーク以外に進出するのは初めてとのこと。

✏️2019年秋、天津にジュリアード音楽院が出来る。

今回のニュースは、そのデザインが発表され、工事が始まったことがメインのようだ。

✏️The Tianjin Juilliard School

TianjinJuilliard.png


初めに、これを読んだときの感想を少し書いてみると…。

まず思い出したのが、2016年にゲルギエフがウラジオストックで始めた「マリインスキー国際極東音楽祭」。そのうたい文句が「アジア太平洋諸国を音楽で一つにする」というものであった。

《ゲルギエフ、16歳のピアニスト George Harliono を抜擢 !?》

そして、中国のジュリアードである。クラシック音楽にも「アジア太平洋諸国」という第3の「センター」が出来つつあるのかな?とふと思ったのだ。

…と同時に思い出したのが "Japan passing" という言葉。もうずいぶん前になると思うが、主にビジネス界で欧米などから言われた「日本無用論」みたいなことを表す言葉である。日本はアジアの中心になるんだ!と意気込んできた日本のビジネスパーソンたちを非常に落胆させた言葉でもある。

そして、文化面でも(今回は主にクラシック音楽だが…)日本は結果的に "passing" されている?と見えなくもない、残念ながら…。

AsiaMusicMap.png

pia small.png

天津ジュリアード音楽院のことに戻ると、実は5年前には決まっていたようだ。

例えば、2012年8月3日には、吉原真里さん(『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール』の著者)がこんな(↓)ブログ記事を書いている。

✏️ジュリアード、中国に進出

この中に、「ジュリアードに在籍する音楽専攻の学生647人のうち、留学生は195人。その出身国の内訳は、韓国59人、カナダ39人、中国38人(ちなみに日本は6人)」とある。

日中韓で100人を超えている。アジア進出も当然のようにも見える。


また、2015年の公式発表時には、なんと中国のファーストレディ(習近平の奥さん)Peng Liyuan がニューヨークのジュリアード音楽院を訪れている(↓)。中国の力の入れ方が想像できる。

✏️Juilliard announces plans for The Tianjin Juilliard School in China

どこかの国のファーストレディ(とその夫?)も、怪しげな学園と関わって税金のムダ使いを怪しまれるようなことではなく、もっと国民が誇れるようなことをやってほしいと思うのだが…。

pia small.png

どんな内容になるかの詳細は発表されていないようだ。日本語でのニュース記事で分かりやすかったのはこれ(↓)。

✏️米・ジュリアード音楽院初の海外分校が天津に 2019年開校予定

これによると、「オーケストラや室内楽の演奏、ピアノ芸術指導修士課程、プレカレッジ課程、楽器訓練課程、成人教育など、さまざまなコース」が予定されており、「5年目をめどに在学の修士課程240人、プレカレッジ生200人」くらいの規模を考えているようだ。

なお、「ピアノ芸術指導修士課程」は英文記事では "collaborative piano" となっている。声楽や器楽の伴奏、室内楽でのピアノ演奏、音楽教育理論などを含む課程と思われる。「ピアノ科」みたいなものは「楽器訓練課程」に含まれるのだろうか?

pia small.png

まぁ、日本人にとっても、近くに「ジュリアード」が出来るわけなので、ここは「日本ファースト」とかにこだわらず、素直に喜ぶべきなのだろう…とは思う…(^^;)。







ラン・ランの「スペシャル」は真鍋大度とのコラボ…

先週《ラン・ランのスペシャル・プロジェクト!?》でちょっとご紹介した「スペシャル」の一端が見えてきた。オフィシャル・サイトがオープンして、情報が出はじめた。

LanDaito.png


その「触れ込み」はこんな(↓)感じ…。

「クラシック音楽はこの日、新たな歴史を刻むことになる。」
「かつてないテクノロジーと表現の融合によって、…誰も見たことのない未来のステージを見たくはないか。」


このサイトはオープンしたばかりで、"MOVIE"コーナーも "Coming Soon" となっている。なので、分かっているのは「ラン・ランと真鍋大度の率いるRhizomatiks Research とのコラボ」であることくらい…。サイトには「単なるコラボレーションではない」と書いてあるが…(^^;)?。

他に、これをとり上げた記事(↓)があって、こちらの方に「公演情報」が少し出ている。

✏️ラン・ラン(ピアノ)が真鍋大度の率いる最先端テクノロジー集団とコラボレーション、未来のステージが誕生

この記事によると、「演奏曲目は決定次第ウェブサイトにてお知らせいたしますが、全曲目について事前発表の予定はございません」とのこと。

気になる「注意書き」(↓)もある。

※本公演は通常のピアノ・リサイタルとは異なり、PA音響機器の使用、照明演出などを予定しております。
※一部の座席において演出用機材の作動音が発生する場合があります。
※一部の座席において、演出の一部が見えづらい場合がございます。


pia small.png

ここまで読んできて、そして真鍋大度さんや "Rhizomatiks Research" のサイトの情報(↓)や動画を見て、どうもこれは私向けのイベントではないな〜、という気がしてきた。

DAITO MANABE
Rhizomatiks Research

以下、定年生活者(年寄り…)の正直な感想。

pia small.png

最初にちょっと言い訳みたいになるが、元理工系の私としては、こういう試みは面白いと思う。でも、面白いと思うのは「技術とアートの組み合わせの部分」であって、それとピアノ音楽の組み合わせという部分ではない。

現物を見もしないで、あれこれ言ってもしょうがないのだが、仮に「メディアアートとピアノ音楽の組み合わせ」が面白かったとしても、音楽体験として「いいなぁ〜!」という感覚を持てるとは思えないのだ。

いいピアノ音楽体験に必要なものは、良質なピアノ作品、ピアニスト、ピアノ、ホール、そしていい聴衆といったところではないだろうか? それで十分だと思うし、それで最高のピアノ演奏を聴きたいと思う。

pia small.png

まぁ、こういった試みも一つの方向性としてはあるのだろう。でも、これって結局のところ何なんだろう?

①ピアノ音楽をより楽しめるようにする演出?
②メディアアートの素材の一つとしてのピアノ音楽?
③テクノロジーと表現の融合による新たな舞台芸術?

①であればまだしも、なんとなく②になってしまいそうな予感も…。やっている人たちは多分③に近いところを狙っているのだろうが…。

少なくとも、私がクラシック音楽やピアノ演奏に期待するものとはちょっと違うような気がする。

pia small.png

結局のところ、歳のせいでこういう新しいものについて行けなくなっているだけかも知れない。でも、ちっともワクワクしないのも正直な気持ちなのだ。

まぁ、ピアノ演奏にもその聴き方にも「多様性」があるということは確かなので、こういう試みは大いにやるべきだとは思う。ただ、私としては、同じ「S席 12,000円」を出すなら、お気に入りピアニストの意欲的なリサイタルを聴きたいと思うのだ。

pia small.png

おまけ。8月10日付の記事(↓)にラン・ランがグテーレス国連事務総長と!写っている写真が載っている。その左手には「腱鞘炎のサポーター」のようなもの("a surgical sleeve" と書いてある)を付けているが、大丈夫か…?

✏️LANG LANG’S PLAYING POLITICS







ラン・ランのスペシャル・プロジェクト!?

次のような、思わせぶりなタイトルの記事を見つけた。まぁ、KAJIMOTOの記事なので「ティザー広告」的な内容(期待するほどのもの…?)なのだろうとは思うが、なにせラン・ランなのでホントに何かやってしまうかも知れない。

記事には「通常のピアノ・リサイタルの形態では全くありません」と書いてある…(^^)?

✏️【速報】ラン・ラン、今秋11月にスペシャル・プロジェクト開催決定!何かが起こる・・・

langlang_0727_02.jpg



でもラン・ランといえば、このところ左手の故障で休養してた(↓)はずだが、大丈夫だろうか?

《ラン・ランが腱鞘炎!?…インフルエンザの次は…》

6月末までは完全休養という「ドクター・ストップ」状態だったので、まぁ秋には治っているのだろう。

ただ、最近の記事(↓)を見ると、6月30日の「香港返還20周年記念イベント」に出演したときは右手だけで弾いていたそうなので、回復がやや遅れているのかも知れない…。

腱鞘炎ってそう簡単には治らないんですよね…。私の左手小指も…(^^;)。

✏️LANG LANG RETURNS ONE-HANDED FOR CHINESE GALA

この動画(↓)が上の記事で引用されていた「記念イベント」での演奏だが、2台ピアノのうち1台にラン・ランの右手と少年の両手(左手役?)の3手という妙な組み合わせのピアノ協奏曲になっている。




最初に紹介した記事によると、「発表までもうしばらくお待ちください!」ということなので、いずれ「スペシャル・プロジェクト」で何が起こるのかは分かるだろう。







ゲルギエフ、16歳のピアニスト George Harliono を抜擢 !?

マリインスキー歌劇場管弦楽団の首席指揮者兼音楽監督であるワレリー・ゲルギエフが、16歳という若いピアニストを「抜擢」したらしい。

英語の記事(↓)では "select ... for performance of a lifetime" とか "recruit" とかいった表現になっており、詳細は不明だが、今後もずっと…という印象を与える表現になっている。

✏️TOP RUSSIAN CONDUCTOR SELECTS 16 YEAR OLD HACKNEY-BORN PIANIST FOR PERFORMANCE OF A LIFETIME

✏️VALERY GERGIEV RECRUITS A BRITISH KID, 16


とりあえずは、8月5日にゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を弾くことになっている。

これは、7月15日から8月13日までウラジオストックで開催されている "II International Mariinsky Far East Festival in Vladivostok"(第2回マリインスキー国際極東音楽祭)の中で2日間にわたって行われるラフマニノフ特集?("RACHMANINOFF CYCLE")の1曲である。

pia small.png

で、注目の若いピアニストというのはロンドンの近くのハックニー(Hackney)生まれの16歳、George Harliono。読み方は分からないが、たぶん「ジョージ・ハリオーノ」?

詳細は本人サイト "george piano world" (下の写真もここから借用)を見て戴いた方が早いと思うが、ウラディーミル/ヴォフカ・アシュケナージ父子にも師事しているようだ。

GeorgeHarliono.jpg

実はこのジョージくん、2016年にデニス・マツーエフが始めた「第1回グランド・ピアノ・コンペティション」(対象:11〜16歳)の入賞者の一人だ。

ちなみにこのときは、日本の奥井紫麻(しお)ちゃんも入賞している。

《グランド・ピアノ・コンペティション!?》
《GPC:マツーエフのプロコ協奏曲第2番よかった♪!》

pia small.png

ところで、この「マリインスキー国際極東音楽祭」であるが、これはゲルギエフによれば「アジア太平洋諸国を音楽で一つにする」もので、「アジア太平洋地域の国が、真の文化協力を確立する」ことを目的に創設されたものとのこと。オペラやバレエが主な出し物となる音楽祭のようだ。

メインホールとなるのは、マリインスキー劇場が2016年に傘下に収めた「マリンスキー・沿海州劇場」(旧プリモリスキ劇場)となる。(以上出典:マリインスキー劇場「第1回マリインスキー国際極東音楽祭」開催決定!

で、その第1回に出演した主なピアニストは、チャイコフスキー・コンクール1位のドミトリー・マスレーエフ、ショパン・コンクール1位のチョ・ソンジン、クライバーン・コンクール2位のソン・ヨルムなど。日本からは、松田華音と「グランド・ピアノ・コンペティション」入賞者の一人として奥井紫麻ちゃん。

今年の第2回のピアニストとしては、セルゲイ・ババヤン、辻井伸行、松田華音などの名前が見える。

なお、ロシア旅行のサイトで、「ラフマニノフ・サイクル」のピアニストが「デニス・マツーエフ」となっていたりするのだが、もしもマツーエフの代わりとしてジョージ・ハリオーノくんが選ばれたとすれば、これはすごいことかも知れない…(^^) ♪







小川典子'新'審査委員長の意気込み:浜松国際ピアノコンクール

NIKKEI STYLE の隠れた?音楽コーナーに浜松国際ピアノコンクールの新しい審査委員長、小川典子さんのインタビュー記事(↓)が載っていた。

✏️小川典子さん「浜松国際から世界に直接ピアニストを」

ogawa.jpg

それによると、浜松国際ピアノコンクールの新しい目標は「浜松から世界のひのき舞台へ直接ピアニストを送り込む」ことだそうだ。

つまり、これまでは「浜松の後にショパン国際やチャイコフスキー国際に行って優秀な成績を収めてくれること」で喜んでいた。簡単に言えば三大コンクールへの "springboard"(踏み台)というか、練習ラウンド?みたいなもの、ということだろう。

で、これからは「もう一歩先へ進んで、浜松から直接、仕事のできるピアニストを」生み出したい、ということのようだ。

何気なく読むと「そうか…」と思いそうなのだが、これって言い換えると「三大コンクール」(チャイコフスキー、ショパン、エリザベート)と肩を並べたいという、けっこう壮大かつ大胆な目標にも見える。

でも「三大」の一つであるエリザベートでさえ、少なくとも2016年はパッとしなかったし、「五大コンクール」に入るだろうリーズもロンティボーも相当苦戦中(↓)である。浜松、ホンキなの?と思ってしまう…。

《リーズ国際ピアノコンクール、復活なるか?ー新ヴィジョン発表!》
《ロンティボー国際コンクール、1年延期!》

pia small.png

一方で「浜松国際はすでに成熟しているコンクール」という認識のようで、大きな変革はないようだ。個人的な感想としては、「成熟」が「行き詰まり」でなければよいのだが…。

小川さんの「英国でのネットワーク」を使って、入賞者への「ご褒美として付いてくる演奏会」を充実させたい、というのが一番の目玉?らしい…。

pia small.png

「国際的に活躍できるピアニストの条件とは?」という質問に対して…。

体力」というのは当然なのだろうが、その次に「自分がどのくらいできるかが分かっている」とあったのがちょっと面白いと思った。「己を知る」ということなのだろうが、いろんなピアニストの言動を見て(ネットから垣間見て)いると、そうじゃない人もけっこう見受けられるような気がする…。

もう一つ、「自分の意見を持って個性を打ち出せるピアニストを探している」とも仰っているが、逆に言うとそういうピアニストがなかなかいないということなのかも…?

pia small.png

小川さん自身、ピアニストとしての立場からの発言もある。

自分ではドビュッシーや武満徹の作品がいちばん得意な感じがある」「でも最近は、ピアノの楽器としての発展と作曲家が訴えたい気持ちの強さを考慮すると、やはりピアニストはベートーベンからシューベルト、シューマン、ブラームスあたりまでの作品に戻っていくものだと感じ始めている。

…このあたり、あまり共感はできないが、そういう感じ方もあるんだ…と思った。確かに、ピアノ音楽の全盛期は18〜19世紀の200年ほどというとらえ方もあると思うが、個人的にはこれからも発展していくものだと信じたい。

それから、元理工系として興味深かったのは、小川さんが専属契約しているBIS社(スウェーデン)でのレコーディングの話。

BIS社が使っているマイクは性能が非常に良く、すごく広いダイナミックレンジ(強弱の幅)を要求される」、そのため「弱い音を出す勉強をすることができた」そうだ。録音技術の向上がピアノ奏法に影響を与えることもある、ということかナ?

pia small.png

おまけ。ところで、この記事が掲載された「NIKKEI STYLE の隠れた?音楽コーナー」であるが、実は NIKKEI STYLE のなかの「エンタメ!」というコーナーの中のサブジャンル?である「ビジュアル音楽堂」というところだ。実に奥まった所にあってなかなか見つからない…(^^;)。

いまさらながら、日本での「音楽」(とくにクラシック音楽)の地位の低さ(メディアでの取り扱いのマイナーさ)に驚嘆してしまう。英語の記事を見ていると、例えば The Guardian などはかなり中身のある記事を載せていたりするのだが…。

音楽記者とか投稿者のレベルの問題かもしれないし、メディアの態度かもしれないし、読者側(世間)の状況を反映しているだけかもしれないが、残念なことだ…。

記事もかなり「ドメスティック」に偏っており、読みたい記事も多くはない。例えば、これまでの記事に登場したピアニスト(鍵盤奏者)の名前を並べるとこんな感じ(↓)だ。

上野優子、福原彰美、花房晴美、伊藤恵、瀬川裕美子、山口友由実、河村尚子、進藤麻美、横山幸雄、高田泰治、大嶺未来、クルティシェフ、小倉貴久子、鈴木雅明、アリス=紗良・オット、アルゲリッチ、小曽根真、小林愛実、田部京子、小菅優

これは、日経を読んでいる層の趣味を反映しているのか?、個人的には「なんだかな〜」という気がするが…(^^;)。(補足:私自身は現役時代から日経を読んでますが、この「趣味」はちょっと違う気がします…)