エリーザベト・レオンスカヤのシューベルト・チクルス ♪

来年2018年の来日ピアニストの予定をチェックしていたら、エリーザベト・レオンスカヤさんの「シューベルト・チクルス」が目に入った。「東京・春・音楽祭」でのリサイタルである。

4月4日から14日まで1日おきに6回。シューベルトのピアノソナタ全曲(未完の8、10、12番を除く)と《さすらい人幻想曲》の19曲を演奏する。

レオンスカヤさんといえばかなりご高齢のはず。…と思って確認したら、1945年、第二次世界大戦が終わった年に生まれているので72歳だ。すごい体力(と精神力?)だ…。

pia small.png


いま、シューベルトのピアノソナタ第18番(第1楽章)を練習していて、ちょっと聴いてみたい気もするが、来年の春(3月)にはすでにアンデルシェフスキリフシッツのチケットを買ってあるしなぁ…(^^;)。

そういえば、ティル・フェルナーさんもシューベルト・チクルスをやることになっている。本当は今年の12月の予定だったが、右手故障のため来年に延期された。

《最近多い?ピアニストの故障:来日ピアニスト・チェック》

シューベルト、流行っているのかな…(^^)?

pia small.png

おまけのお知らせ。2018年の「ピアノカレンダー」は下記(もう一つのブログ『ぴあの研究ノート』)に移しました。

〈ピアノカレンダー2018:来日ピアニスト,コンクールなど〉







ピアノ20人の連弾!ギネス世界記録に挑戦 ♪

「20人でピアノ連弾…」という記事を見つけて、20台のピアノが並んでいるのを想像しながら記事を見たら、何と!1台のピアノに20人が群がって?弾いているのだった…(^^)!

✏️20人でピアノ連弾に成功、世界新記録 ボスニア分裂に平和メッセージ

rendan20.png


これは「ボスニア・ヘルツェゴビナで12日、子ども18人と音楽教師2人がピアノ1台を使った連弾に成功し、世界記録を更新した」というニュースである。「分裂状態にあるボスニアにおける『平和、愛、友情のメッセージ』だ」というのがとてもいい…(^^)♪

曲は、もともとピアノ1台8手連弾用に作曲された「ギャロップ・マーチ」(アルベール・ラビニャック作曲)というものらしい。参加者は片手だけを使って演奏したそうだ。こういう場合「20手連弾」というのかな…?

1台ピアノ連弾の現在のギネス世界記録は、2014年にイタリアの若者が樹立した「18人」で、現在は新記録の公認待ちとのこと。

さっそく YouTube にもアップされていた(↓)。

Bosnian students try Guinness world record piano feat

pia small.png

ついでに、ピアノ関連のギネス記録を見てみた。

✏️ギネス記録 "piano" 検索結果

例えば、1分間の打鍵数の記録は「824 hit/min」らしいが、あまり意味がある数字とも思えない…(^^;)。

Fastest piano key hitting - Guinness World Records

まぁ、ギネス記録というのは、もともと黒ビール「ギネス」を飲みながらの面白ネタを集めたものだったらしいので、「意味」を求めてはいけないのだろうが…。







北村朋幹さん2位:ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール

ボン・テレコム・ベートーヴェン国際ピアノコンクール(International Telekom Beethoven Competition Bonn)というのが行われていたようで、その結果発表があった。1位はイタリアの Alberto Ferro(1996生まれ)という人だが、2位に北村朋幹さんの名前があった。3位は韓国の Ho Jeong Lee。

✏️AN ITALIAN WINS BIG BONN BEETHOVEN CONTEST

この記事の最後に「これまでと違い、このコンクールの創設者/審査委員長の Pavel Gililov 氏の弟子は見当たらないようだ」と書いてある。「これまで」のことは下記の記事に…。

✏️A MAJOR INTERNATIONAL PIANO COMPETITION IS DISTORTED BY ITS CHAIRMAN


コンクールの公式サイトにはまだ(2017/12/11 9:30 現在)発表記事がないようだ。探したらドイツ語の記事があった(↓)ので、写真をお借りした。

✏️Alberto Ferro gewinnt 7. Bonner Beethoven Competition
BonBeethoven.jpeg
Strahlende Finalisten: Alberto Ferro (Mitte) holte den ersten Preis vor Tomoki Kitamura (rechts) und Ho Jeong Lee. FOTO: DAN HANNEN

pia small.png

北村朋幹さんは、2015年のリーズ国際ピアノコンクールで5位入賞したピアニスト。

《リーズ国際コンクール優勝はロシアのAnna Tcybuleva》

プロフィールを見ると、2006年浜松で3位、2008年シドニーで5位などの実績もあり、最近ではヨーロッパを中心にフォルテピアノの演奏も行なっているらしい。







バレンボイムの新CDはドビュッシーのソロ・アルバム!?

ピアノ関連のニュースをチェックしていて、ちょっと興味のあるCDを見つけた。それは、ダニエル・バレンボイムの弾くドビュッシーのソロ・アルバム ♪

ピアニストとしてよりも指揮者としての活躍が目立つ最近のバレンボイム。なんだか大巨匠の雰囲気さえ漂わせ、恰幅もよくなってきた。昨年の初めに、シュターツカペレ・ベルリンを率いて来日し、ブルックナーの全交響曲を指揮したことが強い印象を残した。

✏️バレンボイムらが会見〜東芝グランドコンサート35周年特別企画シュターツカペレ・ベルリン「ブルックナーツィクルス」ほか(2016.2.3)

pia small.png

そんなバレンボイムが、何と!ドビュッシーのピアノ曲のソロ・アルバムを出すという。しかも「初の…」らしい。

✏️ダニエル・バレンボイム初のドビュッシー・アルバムは“前奏曲第1巻”、“版画”など収録!

"Barenboim : Claude Debussy"
07_1102_01.jpg

曲目は以下の通り。

1.『版画』
 パゴダ
 グラナダの夕べ
 雨の庭
2.『ベルガマスク組曲』~月の光
3.レントよりも遅く
4.悲歌
5.前奏曲集第1巻(全12曲)



ただ、よく見ると、新しく録音したのは 1.〜4.だけ(2017年10月、ベルリン、テルデック・スタジオ)で、前奏曲は「1998年8月 スペイン、ペレ・マタ」での録音となっている。

どうせ弾くなら『ベルガマスク』は全曲やって欲しかったが、それでもあのバレンボイムが弾く「月の光」がどんなものなのか聴いてみたいものだ、と思う。どうも、私の中ではベートーヴェンのピアノソナタの印象が強く、バレンボイムとドビュッシーは今ひとつ結びつかないのだ…(^^;)。

pia small.png

このCDは「2018/1/12発売予定」(輸入盤?)なので、アマゾンでも「予約受付中」。すぐには聴けない。NAXOS に登録してくれないかな…(^^;)?

日本語版もあるらしく、『月の光~ドビュッシー:ピアノ名曲集』というタイトルで、こちらは「2018年1月31日発売予定」と少し遅れる。

pia small.png

おまけ。こんな話題(↓)もあった。

✏️高松国際ピアノコンクール予備審査通過、13カ国53人 鐵さんら若手ピアニスト出場 来年3月14~25日 /香川
✏️出場者一覧

それほど期待はしていないが、日本人14人のなかには初めて聞く名前もあるので、とりあえず来年3月のお楽しみにしておこうと思っている。


✏️辻井伸行パリ公演に密着 BSフジ“師走の芸術特選番組”

辻井伸行くんの演奏は最近なかなか良くなってきていて好きなのだが、どうも日本のメディアのとり上げ方は今ひとつ好きになれない。…が、いちおう録画だけはしておこう ♪







アルゲリッチの自筆:スイスの音楽学校を残してほしいという手紙

スイスのジュネーヴ州立高等音楽院のヌーシャテル(Neuchâtel)校が閉鎖されることになったことに対する抗議の輪が広がってるらしい。

✏️Sauvons La Haute École de Musique de Neuchâtel(Facebookページ)
 (ヌーシャテルの高等音楽院を救おう)

そんな中で、ヌーシャテル校の存続を訴えるマルタ・アルゲリッチの手紙が公開されたとのこと。

✏️MARTHA ARGERICH APPEALS TO SWISS TO SAVE DOOMED MUSIC SCHOOL

その手紙がこれ(↓)。アルゲリッチ自筆の手紙 ♪ 意外と?きれいな字を書いている。内容はよく分からないが、4行目あたりに "Ecole de Musique de Neuchâtel" というのがある。日付の「12月3日」が "3, XII" となっていて、ローマ数字が使われているのが新鮮…(^^)?

martha-argerich.jpg


それにしても、音楽に対する風当たりは年々厳しくなっているような気がする。欧米でも学校で音楽を教えなくなったとか、オーケストラが解散したとか、芸術に対する政府の補助金がなくなったとか…、という話をよく聞く。残念なことだ。