いいピアノ演奏の「いい」の中身♪?

『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』(↓)という、最近出たイリーナ・メジューエワさんの本を読んでいる。



いろんなピアノ曲の、ポイントになる部分を楽譜で示しながら、その解釈や弾き方などをピアニストの立場から書いてあるので、私のような素人ピアノ音楽ファンにはやや難しい(読みやすく書いてはあるが…)のだが、読みながらちょっと感じたことがある。

それは、私の「音楽(演奏)の良さ」を表現する語彙があまりに貧弱だな〜ということ。ほとんどが「いい」「面白い」「素晴らしい」あたりで済ませているような気がする…(^^;)。

「いい演奏」を探索していたり、「いい演奏とそうでない演奏の違いは?」などということを考えたりしている割には、「いい」の中身をこれまであまり説明できていない…。

pia small.png

この本では、それぞれの曲について「おすすめの演奏」をいくつかあげてあるのだが、その紹介文に使われている表現をパラパラと拾い上げてみると…。

「知的で説得力のある、示唆に富んだ」
「真摯さ、温かさが音の中に」
「響きを探している感じがとてもリアル」
「音の中に静けさがあって、内面的な雰囲気」
「ハーモニーがきれいな形の中に生きています」
「深さ、まろやかさ、輝かしさなど、音がすごい」
「インティメートで軽やかな」


…他にもたくさんあるのだが、こういう言い方、私にはできそうもない。感性が「雑」なんだろうか…(^^;)?

pia small.png

試しに、ちょっとした「思考実験」をやってみた。「いい」「面白い」を英語で言うとどうなるのか?思いつく単語を並べてみた。で、それに私なりの日本語訳をつけてみた。

いい
 ↓
good:良い
nice:素敵な
comfortable:心地よい
pleasing:愉快な
beautiful:美しい
great:素晴らしい
moved:感動した

面白い
 ↓
interesting:興味深い
enjoyable:楽しい
new:これまでにない
attractive:惹かれる
exciting:刺激的な

…ん〜、表現が深まった感じはあまりしないな〜。やはり、メジューエワさんみたいにもう少し具体的に、文章にする必要があるのだろうか? 一つの形容詞だけでなく…。

でも頑張れば、「いい」と言う代わりに、例えば「聴いていて心地よい、とくにハーモニーの絶妙な移り変わりがいい」などと少し具体的に言うことはできるかも知れない。

ただ、聴いているときの正直な感覚は「コレいい!」なんだよなぁ…(^^;)。

pia small.png

音楽を聴いたときに感じたことやその良さを、人に「言葉」で伝えるのは本当に難しいと思う。そもそも、音楽というのは言葉で表せない何かを「音楽言語」と「音(音響)」で表現するものなのだから。

音楽の良さを表す言葉を集めたようなサイトがないか、探してみたが見つからなかった。その代わり?、ヴィクトル・ユーゴーの言葉(↓)を知ることができた。言葉の専門家である詩人が言うのだから、やはり言葉で説明するのは難しいんだ…。

"Music expresses that which cannot be put into words and that which cannot remain silent."
(音楽は、人が言葉で言い表せないこと、しかも黙ってはいられない事柄を表現するものである。)


pia small.png

まぁ、でももう少し「いい」の中身を表現する努力はしてみようかと思った。自分の貧弱な言語能力の範囲で…。

なお、『ピアノの名曲 聴きどころ 弾きどころ』についての感想文(読書メモ)は、読み終わってから書くつもり。難しいながら、いろいろと参考になるところもあったので…。







ピアノの音は色彩豊かな球体!♪上原ひろみインタビュー

昨日の記事に「『いい音』は響き(情報量)が豊か ♪」という話を書いたが、ピアノの音を「球体」と表現しその響きの膨らみと色彩を大事にするピアニストの言葉に出会った。

それは、ジャズピアニスト上原ひろみさんがインタビュー記事(↓)の中で、ピアノの音の響きや色彩豊かな「音のパレット」について語っている言葉。何度も頷きながら読んだ。

✏️素晴らしいピアノは音の色彩豊か、上原ひろみ 理想の音楽とは


hiromi color.png


「毎回ピアノの調律を指定するのですか?」という質問に対し、「対応できる方であればあるほど、注文を細かくします」と答えたあとに…。

「でも、重要視しているのはタッチというよりも音の響きですね。音が球体である、というか『ド』と弾いたときの音の膨らみです。調律によって音の膨らみが全然違ってきます」

別のところで「ピアノが持つ可能性をどれくらい引き出せているか?」という質問に対しては、

「何%かというとわからないですけど、半分はいってるかもしれませんね…。ピアノの可能性という意味で、弦を直接弾いたり、叩いたり、ピアノを本来弾くべきではない所で弾くという意味ではなくて、ただ『ド』という一音を鳴らしたときの音の出し方の可能性です。それが『まだまだだな』と思っています」

この謙虚さは素晴らしいと思う。そして、続く言葉(↓)にもとても説得力がある。

「色彩というか、素晴らしいピアニストというのは何色も音のパレットがあると思います。同じ音でも様々な音が出せます。それは、言葉を話すときに美しいものを見て、様々な言い回しができる人が作家さんだったりすることと同じだ思うんです。ボキャブラリーや技術と経験と表現力ですね。何種類もの“美しい”が言えるということと同じことが、音でも言えると思います」

pia small.png

…と、ここまで書いてふと思ったのは、ジャズピアニストの方がクラシックのピアニストに比べて「表現する意志」が強いのだろうか?ということ。ステージでも感情を前面に出すような演奏が多いし、即興というものもある。

だから、音色や音のパレットという「表現のツール」に対してより敏感なのだろうか?

いや、そんな筈はない!…と思いながらも、クラシックのピアニストは「偉大な作曲家」のテキスト(楽譜)に縛られすぎなのかも?…なんてことを考えたりもしている…。

上原ひろみさんはこんなこと(↓)も言っている。

「ピアノは変幻自在な楽器だと思うので、そのときになりたいものになれるという感じがします」「(ピアノとは)一心同体ですね。特に上手くいっているときはそう感じます」

pia small.png

「表現」を大事にする姿勢は、音楽を聴くときの聴き方にも同じように表れている。

「自分が昔から聴いている人達で技術を取りざたされる人はいますけど、例えば初めてアート・テイタムやオスカー・ピーターソンを聴いたときに『技術が凄い!』とは思いませんでした。すごいスウィングだなとか、音がすごく楽しいなとか、音が“コロコロ”して気持ちいいなと感じました」

「凄く難しくて技術力が高いということ」は、あとで自分が勉強するために「耳コピ」などをするときに初めて分かるそうだ。

一流のピアニストから、こういう実感に基づいた、しかも分かりやすい話を聞くと、なんだかこちらも本当に分かった気になってくる…(^^) ♪

pia small.png

ところで、このインタビューは、ジャズ・ハープ奏者のエドマール・カスタネーダとのデュオのライブアルバム『上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ「ライヴ・イン・モントリオール」』が9月20日にリリースされたことを記念して行われたものである。

ライヴ・イン・モントリオール(初回限定盤)(DVD付)


ハープとジャズという組み合わせはまったく想像もできなかったのだが、上原ひろみさんも最初は驚いたようだ。

「ハープってこんな楽器だったんだと。自分が今までぼんやり描いていたハープのイメージを全て覆されるような、初めての体験でした」

「エドマールという人の持つ強さや素晴らしさは、あの楽器からあれだけのグルーヴ、リズムを生み出して、一つの楽器がベースにもギターにもパーカッションにもなり、本当に多面体な楽器であるということを彼は証明しながら弾くので、そこが凄いなと思いました」



…と聞いてもよく分からないので、YouTube で探して聴いてみた(↓)。たしかに、これまでのハープのイメージがひっくり返ってしまった。「百聞は一聴に如かず」(^^) ♪

Hiromi & Edmar Castaneda - Fire (Live in Montreal)

ハープだけの演奏も聴いてみた。こちらの方が「ベースとギターとパーカッションを一つの楽器で一人が演奏している!」感じがよく分かる。面白い!♪

Edmar Castaneda: NPR Music Tiny Desk Concert

pia small.png

ちなみに、このデュオの日本国内ツアーが、11月22日〜12月8日に予定されているようなので、よろしければ…♪ 詳しくは下記から。

✏️上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ、日本ツアー開催発表







2015年のチャイコン優勝者はロシア人じゃなかった!ギワク?

中村紘子さんの最後のエッセイ集『ピアニストだって冒険する』を読みながら、一瞬「目がテンに」なってしまった。それは、次のくだりを読んだとき…。

これはピアノ部門に参加した或る西欧の審査員が漏らした話だが、今年(2015年)のピアノ部門の最終結果を嫌ったゲルギエフは、表彰式当日になって他の審査員に断りもなく独断で順位を変えてしまったそうである。その時は、ロシア人以外の外国人審査員の大部分は既に本国に向けて帰ってしまっていた。もしかしたら、予選の間にもいろいろとあったのかもしれない。
しかし、独裁者が牛耳れば、もうそのコンクールは公正とはいえなくなる。しかも今回のその結果は「まるでモスクワ音楽院の校内コンクールみたい」とも評価された。


えっ!?
じゃあ、本当の1位はロシア人以外だった?
下記が「公式」?の最終結果なので、2位のジョージ・リー君(米国)か4位のリュカ・ドゥバルグ君(フランス)だったかも知れない、ということ…??

1位:ドミトリ・マスレーエフ ロシア
2位:ルーカス・ゲニューシャス ロシア
   ジョージ・リー USA
3位:セルゲイ・レドキン ロシア
   ダニール・ハリトーノフ ロシア
4位:リュカ・ドゥバルグ フランス


?0_big_1435786804.jpg?

個人的には、途中からルカ君(リュカ・ドゥバルグ)の大ファンになったこともあり、また1位のマスレーエフ君の演奏にあまり魅力を感じなかったこともあり、この結果には何か釈然としないものを感じていた。

《2015年チャイコフスキーコンクールの結果発表 ♪》

コンクールのあとでも、一部の審査員から、リュカ・ドゥバルグを称賛するようなコメントが出たり、結果に対する煮え切らない言い訳のような記事が出たりした(下記参考)ところを見ると、中村紘子さんの聞いた話もまんざらウソではないような気もする。

《チャイコン(ピアノ部門)その後…》

「ピアノ部門のファイナリストには、4人の exciting なピアニストがいた。そのうちの一人は際立っていた。しかし、優勝したのはその4人以外のピアニストであった」

「多くの人が、ルカ・ドゥバルグこそ『最も輝いている才能』だと考えた」


pia small.png

…といっても、別に「正式な最終結果」(「歴史」にはコレしか残らない…)に難クセをつける気持ちはまったくないし、ゲルギエフが「独断で順位を変えた」という話が本当かどうかもあまり興味はない。ありそうな話だとは思うが…(^^;)。

実はこのチャイコンは、生まれて初めて聴く(ネットを通して…)ピアノコンクールであった。まったくの個人的な好みでいろんなピアニストの演奏をああだこうだと言いながら聴く体験は実に楽しかった ♪

たしかに、ファイナルは「モスクワ音楽院の校内コンクールみたい」というのは素人の私でも感じたのだが、しかし改めてロシア・ピアニズムのすごさを楽しませてもらった、という意味では本当に面白かった。

結果が自分の予想(期待)と違ったことも、自分自身の鑑賞能力の不足あるいは好みの問題だと思うし、そもそも芸術に順位は付けられないとも、心のどこかでは考えている。

ただ、本当に真剣に、ある意味人生をかけてコンクールに臨んでいるコンテスタントたちのことを考えると、「不正」や「政治」や「大人たちの都合」はコンクールに持ち込まないでほしいとは思う。

pia small.png

それにしても、この中村紘子さんの文章は2015年に雑誌掲載されているはずなのだが、なんで「騒ぎ」にならなかったのだろうか?

もしかして関係者の間では「公然の秘密」だったのか?さすがに、大御所ゲルギエフに逆らう人は業界人にはいなかったということなのか?

この本にも、プーチン、ゲルギエフ、マツーエフの名前が並んで出てきたりする…(^^;)。

pia small.png

…いずれにしても、その後のジョージ・リー、リュカ・ドゥバルグの活躍(↓)を見れば、1位かどうかはどうでもいいような気もしてくる。

《チャイコン2位のリー君ショパンコンクール辞退!》
〈news: ジョージ・リー、Arthur Waser 賞受賞〉

《リュカ・ドゥバルグ+マルタ・アルゲリッチ+ギドン・クレーメル!♪》
《リュカ・ドゥバルグ、仏クラシック音楽賞にノミネート ♪》
《将来が楽しみなリュカ・ドゥバルグのインタビュー記事 ♪》

【参考記事】
《チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ部門)まとめ》
《2015年は国際ピアノ・コンクールの当たり年!?》

pia small.png

おまけ:中村紘子さんの『ピアニストだって冒険する』は面白かったので、近々「感想文」を書く予定。乞うご期待!?

参考→〈読書メモ:ピアニストだって冒険する〉









嬉しくなるネルソン・フレイレのインタビュー ♪

読んでいて思わず嬉しくなるような、ネルソン・フレイレのインタビュー記事(↓)があった。ピアノ音楽のファンでよかったと思う ♪…ちょっと大げさ…(^^;)?

✏️ネルソン・フレイレ『ブラームス・リサイタル ピアノ・ソナタ第3番/4つのピアノ小品 他』 生涯の友をもつこと、フレイレとブラームスの場合


NelsonFreire.png


上の写真は、最新のCD "Nelson Freire : BRAHMS" Album Sampler (YouTube)からお借りしたものだが、この笑顔もなかなかいい ♪

pia small.png

記事の中から、嬉しくなったところをいくつかご紹介すると…。

まずイントロがいい。この記事を書いた青澤隆明さんの紹介文(↓)なのだが、「なんだか自分がよい人間になったような気がする」という言い方に、音楽を聴く理由の一つをさりげなく差し出されたような気がして、インタビューを読む前からとても嬉しくなった…(^^) ♪

「ネルソン・フレイレのピアノを聴いていると、なんだか自分がよい人間になったような気がする。どこかとても正直な気持ちになる。とくにコンサートを聴くと、逞しさと繊細さ、強さと脆さが、ともに愛おしく感じられてくる。完全無欠ではないままの、その飾りのない純朴さに、心がうれしくなる」


そしてもちろん、記事に出てくるネルソン・フレイレの言葉もとても温かい。

「ブラームスのレコードをつくりたかった。このソナタ(第3番)は10代になる前から弾いていて、私の人生の一部だったから。…ときには、好きな作品があっても、曲のほうが好いてくれないこともある。好きなものに、好かれるのは、素晴らしい気分だよ(笑)」

「年をとってくると、過去を振り返りたくなるものだろう。それもひとつの理由だと思う(笑)。私はとてもノスタルジックな人間だから、古い写真や手紙をみて過去を思い出したりするのが好きなんだ」

「フレージングは話しかたと同じで変わらないし、リズムも歩きかたといっしょだ。指紋と同じように。いろいろな経験をしても、人はやはり自分のままだと思うよ」

「音楽は楽しむべきものでもあると私は思う。ピアニストが舞台に出て、ただハードワークの続きをするようなものだと、喜びにはならないから、私はそれを忘れて弾きたい」


pia small.png

読んでいるうちに、ここで紹介されているCD "Nelson Freire : BRAHMS"(ピアノ・ソナタ第3番/4つのピアノ小品 他)をすぐにでも聴きたくなった。



YouTube で探したが見つからないので、NAXOS を調べてみると、ラッキーにもこのCDが登録されていた。ので、この記事を書きながら聴いているところ ♪

ブラームスのピアノ曲はそれほど聴かない(お気に入りの曲が少ない)のだが、上の記事を読んだあとだったせいか、とても優しく美しく聴こえる。…というか、ネルソン・フレイレの音がいい音なんだと思う。

あまり面白くないと思っていたピアノソナタ(第3番)も、とくに第2楽章などは実にいい感じだ。小品もとても魅力的な演奏になっていて、どれか自分でも弾けそうな曲がないか探してみようと思い始めた。

「好きな作品があっても、曲のほうが好いてくれないこともある」ということは念頭に置いておくべきだろうが…(^^;)。







2017年秋冬の来日ピアニストのリサイタルを眺めて…

《ピアノカレンダー2017/2018:来日ピアニスト,コンクールなど》をしばらくぶりに追加・更新した。サボってたのでずいぶんリサイタルが増えている…(^^;)。記事を更新しながら、思ったことをいくつか…。

pia small.png

12月6日に「モスクワ国際グランドピアノコンクール」優勝者・日本人入賞者コンサートというのがあって、優勝者のアレクサンダー・マロフェーエフくんと日本人入賞者の奥井紫麻(しお)ちゃんが出演するようだ。

ところがそのポスター(↓)では、デニス・マツーエフが(も)演奏するように見える。でも「マツーエフPresents」なので、プロデュースだけ。当日、ステージに姿を見せることも、おそらくないのだろう…。下の方に出演者2人の写真もあるのだが、ちょっと紛らわしいポスターだ。

MatsuevPresents.png

神童たちの演奏を聴いてみたいという気持ちもあるが、もう少し様子(成長?)をみたほうがいいような気もする。

ちなみに「モスクワ国際グランドピアノコンクール」とは去年5月初めに第1回目が開催された "Grand Piano Competition" のこと。下記参考記事。

《グランド・ピアノ・コンペティション!?》
《GPC:マツーエフのプロコ協奏曲第2番よかった♪!》

コンサートの詳細は下記。

✏️デニス・マツーエフPresents「モスクワ国際グランドピアノコンクール」優勝者・日本人入賞者コンサート アレクサンダー・マロフェーエフ(ロシア)・奥井紫麻(日本)

pia small.png

それから、改めて思ったのは、演奏曲目が変わりばえしないな〜ということ。

海外のリサイタルでは現代の作曲家の作品も含めて、聞いた(聴いた)こともないような作曲家や曲もけっこう見かけるのだが、同じピアニストでも、日本に来ると「定番」というか、知ってる曲しか演奏しない傾向があるようだ。

例えばケイト・リウも一度ナマで聴きたいと思っているのだが、オール(ほとんど)ショパンでは行く気がしない。いくらショパンの入賞者といっても、他にも得意なレパートリーを持っているだろうに…。

要は「興行」的観点から、客が入りそうな曲目になってしまうのだろうが、残念な状況ではある。まぁ、我々「聴衆」側にも責任があるのかも知れないが、聴衆側に曲目を決める権限はないので、音楽事務所とか「興行」側の英断を待つしかないのだろう…。

pia small.png

そんな中で、私が知らなかった曲を上げてみると…。

まず、ウラジーミル・ミシュクというピアニストの弾く「マルチェッロ(J.S.バッハ編)の協奏曲ニ短調」。YouTube で聴いてみた。

J. S. Bach || Concerto in D minor (BWV 974) after A. Marcello's Concerto for Oboe and Strings

聴いてみると、第2楽章は聴き覚えのある(たぶん)有名な曲だった。どうも、第2楽章だけ "Adagio" という名前で演奏されてるのではないかと思った。

同じくバッハの「4つのデュエット」(ラファウ・ブレハッチ)というのも初めて聞く曲名だ。YouTube で聴いてみたが、聴き覚えはない。でも、いい感じだ。

BWV802-805 4 Duets Evgeni Koroliov 1999

pia small.png

ヴァレリー・アファナシエフの弾く「悲しみの音楽、時に悲劇的な」という曲を作ったラビノヴィチというのも初めて聞く作曲家だ。

調べてみたらアレクサンドル・ラビノヴィチ=バラコフスキーという旧ソ連の作曲家ではないかと思われる。アルゲリッチとピアノ・デュオを組んでいた有名なピアニストでもあるらしい。知らなかった…(^^;)。

YouTube で見つけるのに苦労したが「悲しみの音楽、時に悲劇的な」という曲はこれ(↓)のようだ。ちょっと好きかも…。ソ連におけるミニマル・ミュージックの元祖らしい。一度ちゃんと調べてみよう…♪

Alexandre Rabinovitch-Barakovsky - Musique triste, parfois tragique (1976)


そのほか、フランチェスコ・トリスターノが自作の「ピアノ協奏曲《アイランド・ネーション》」を日本初演するようだ(11月3日)。そういえば、トリスターノもコンポーザー・ピアニストだった。

それから、2018年だけど、シャルル・リシャール=アムランが A.ババジャニアンという作曲家の作品を何曲か演奏する。この作曲家についてもあとで調べてみようと思う。

pia small.png

ピアニストについても、初めて聞く名前が相変わらずたくさんいる。どんどん新しい(古くても私の知らなかった)ピアニストが出て来るな〜。まぁ、それはそうだろう、私は音大生でも業界人でもないのだから…。一人でもお気に入りピアニストが見つかるといいのだが…(最近ほとんど遭遇してない)。

一応名前をあげておくと…。

ガスパール・ドゥエンヌ
クレア・フアンチ
ウラジーミル・ミシュク
エフゲニ・ボジャノフ
 ※ニコライ・ホジャイノフじゃない…
セドリック・ティベルギアン
ジョフロワ・クトー
エリッソ・ボルクヴァーゼ
エフゲニー・ザラフィアンツ
アレクサンダー・クリッヒェル
ヤン・リシエツキ
キム・ソヌク

 ※この人は知っている気がするが…

pia small.png

おまけ:カティア・ブニアティシヴィリの演目を見て、思わず「アトラクション」という言葉を思い出して苦笑…(^^;)。

こんな(↓)プログラム。

ベートーヴェン…ピアノ・ソナタ第23番《熱情》
リスト…《ドン・ジョヴァンニ》の回想/スペイン狂詩曲
チャイコフスキー(プレトニョフ編)…バレエ音楽《くるみ割り人形》
ストラヴィンスキー(アゴスティ編)…バレエ音楽《火の鳥》より3つの踊り


「アトラクション」については《『蜜蜂と遠雷』風変わりな感想文?》の中に少し書いた。『蜜蜂と遠雷』からの抜き書きは下記。

…最近のハリウッド映画はエンターテインメントではなく、アトラクションである