近況:モーツァルトのソナタ「新規まき直し」!

前回の近況報告《近況:練習、進んでいるのか?いないのか?》で、曲がつかめてないせいか、進捗もあまり芳しくない…ということを書いた。

それから1週間以上が経っているのに、状況はあまり変わっていない…。進んだと言えば、第2楽章の「暗譜」があと少しのところまで来た、というくらいだ。情けない…(^^;)。

ここは心機一転!「新規蒔き直し」と行きたいところである。

ちなみに「新規巻き直し」だとばかり思っていたが、「蒔き直し」つまりタネから蒔き直すというのが正しいらしい。英語だと "Fresh Start" とか "New Start" とかアッサリ?した言葉になるようだ。

FreshStart.png

…と書いてはみたものの、実はどうやればいいのかあまりいい知恵はない状態だ。あるとすれば「地道にコツコツ」(懐かしい!→《「地道にコツコツ」と「夢」》)とか「100回の反復練習」しか、今のところ思いつかない。

かのリヒテルでさえ「同じフレーズを休みなく2時間練習した」とか、リストでさえ「特別にむずかしい箇所を100回ずつ練習した」とかいう話を思い出しても、やはり「コツコツ」は避けられないのか…と思ってしまうだけ…(^^;)。

《【ピアノ練習】集中してやる練習、毎日コツコツやる練習》

pia small.png

…とグチってばかりいてもしょうがないので、「蒔き直す」ためのやり方をいくつか考えてみた。

①まじめに繰り返し練習→「10分間練習法」
②難しい箇所から練習する
③ブロックごとに進捗を確認する
④どう弾くかというイメージを深める
⑤確実性を高める練習法を考える

①〜③は、まぁ覚悟を決めて「コツコツ」やる!ということ。やり方としては、以前考えた「10分間練習法」の復活。

で、②はそれをやるときに「弾けてないところ」を優先的にやるということ。当たり前なのだろうが、そうしようと思っていても、実際の練習を振り返ってみると意外とできてなかったりする…。

プロのピアニストが、「新しい曲を練習するときは一番難しい箇所からとりかかります」というようなことを言っていたことを思い出して、改めてそうしようと思った次第…。

③は《ピアノソナタK.570第1楽章アナリーゼ?》《ピアノソナタK.570第2楽章アナリーゼ?》で分けたブロックごとに、進み具合をきちんと自分自身で把握しようということ。いつも、それに近いことをやっていたのだが、暑さでダレている?せいか、今回はまったくやってなかった…(^^;)。

pia small.png

④の「どう弾くかというイメージを深める」というのは、やはり今ひとつこの曲をつかめておらず、自分の弾きたいイメージがあまり持てていないので、少し考えてみよう、ということ。

といっても何も「とっかかり」(糸口)がないので、とりあえずいろんなピアニストの演奏を聴いてみることにした。聴き始めたばかりだが、今のところ、バレンボイムの演奏がちょっと面白いかな?などと思っているところだ。

それから前回の近況報告に書いたように、ペダルの使い方を試行錯誤中である。「ペダルを使ってメロディーの良い響きを得る」ことを目的にやっているのだが、これは思ったよりむずかしいことが分かってきた…。

pia small.png

⑤の「確実性を高める練習法を考える」は、これから考えなくては、と思っているテーマなのだが、現時点では何の手がかりもない。

要は「比較的簡単なフレーズ」について「指使いも確定し」「(一応)弾けるようにもなった」あとに、反復練習や通し練習などをする。そのときに、10回弾けば10回ともちゃんとコントロールできて、ミスなく弾けるような状態にもっていくには、どういう練習の仕方をすればよいのか?という問題である。

これが、私にとってはとても難しいことなのだ。技術的なことなのか、練習量によるものなのか、集中力とかの精神的なことなのか、本当の原因もよく分かっていない。

これは、モーツァルトのソナタを練習する中で、少し試行錯誤もしながら考えてみたいと思っているのだが…。今のところ、見通しは???である。







近況:練習、進んでいるのか?いないのか?

モーツァルトのピアノソナタ 第17番 K.570(第1・2楽章)の練習を始めてから1ヶ月以上たつ。今回のこの曲は、なんだか「つかみどころがない」という感じがしている。

弾けないわけではないが、弾けているわけでもない。「難所」というほど難しいところはなさそうなのだが、でもあちこちで引っかかっている。

曲の流れとしても、どこに「山」を持って来ればいいのかよく分からないし、フレーズどうしの関係も今ひとつはっきりしない。…というか「語り口」としては、やや散漫な印象も受ける。ちょっと口下手な人がくどくどしゃべっているような感じもある。

とくに第2楽章は、ゆったりしていて好きなのだが、それぞれのテーマやフレーズが脈絡なく続いているような印象さえある。ロンド形式というものから想定される、活き活き感とはちょっと距離がある。優雅…といえばそうなのかも知れない。

mozart.png

君に私が
つかまえられるかな?







で、一応「アナリーゼ」らしきことをやって(↓)、曲の構成は、少なくとも頭では分かったつもりになったはずなのだが…。結局、感覚としてつかめていないのだろうと思う。

《モーツァルト:ピアノソナタK.570第1楽章アナリーゼ?》
《モーツァルト:ピアノソナタK.570第2楽章アナリーゼ?》

気候のせいもあるかも知れない…(いきなり天気のせいですか…(^^;)?? )

ノロノロ台風の影響で不安定な数日が続いたあと、またしても暑い日々が戻ってきた。頭の中も何となくボンヤリしている、というかどうも頭の回転も指の回転も鈍っているような気もする。

…とグチるのはこの辺にして、練習状況を見てみることにしよう。

pia small.png

現時点の状況としては…。第1楽章はほぼ暗譜できたので、楽譜なしで、主に弾けていないフレーズを中心に反復練習をしている。

一番苦労しているのは、第2主題の同音連打が左手に出てくるところからあとの盛り上げるところ(↓)。ここがつっかえていては、ちっとも面白くない。


Mo570m1nan.png


ここは、私の苦手な「同音連打」(↓)に加えて、左右の手のちょっと忙しい「掛け合い」のような難しさもある。まぁ、練習あるのみ!なのだが…。

《ピアノでの「同音連打」の弾き方?》

pia small.png

第2楽章は、指使いは一通り決めたので、とりあえずは鋭意「暗譜」努力中。簡単なアルベルティ・バスの左手が意外と覚えられなかったりする。もちろん音が動いているところ…。

あと、少し考え始めたのがペダルの使い方。

なんとなく、モーツァルトの曲ではあまりペダルを使わないと思っていたのだが、第2楽章の第1主題(↓)ではペダルを踏みたくなる。ところがそれ以外のフレーズでは使ってない(無意識にそうなっている…)。

Mo570-2-0.png

で、調べてみたら、川上昌裕さんのブログ記事(↓)に意外なことが書いてあった。

✏️ピアノ練習のヒント:ペダリングについて(2)

「ウィーンの伝統的な奏法では、モーツァルトのピアノ曲の演奏には(ハイドンやシューベルトも同じですが)ペダルを多く使うのを好みます。メロディーの“良い響き”は、はっきり言ってペダルを伴った響きからしか得られないということがあります。」

そうなんだ…、第1楽章も含めて、ペダルの使い方をいろいろ試してみなくては…(^^)♪

もしかすると、ペダルを使うことによって最初に書いた「つかみどころのなさ」も少しは解消されるのかも知れない…。







近況:モーツァルトのソナタK.570第2楽章の譜読みを開始

モーツァルトのピアノソナタ第17番 K.570 の第1楽章、練習を始めて3週間になるが、進み具合は今ひとつ…。左手小指のプチ腱鞘炎?の後遺症?みたいな感じが残っていて、何となく思い切って打鍵できない。…という原因もあるが、それより、やはりモーツァルトは私にとって難しいのだと思う。

第1楽章は、私にとって「基本練習」みたいなところもあるので、地道に時間がかかりそうだ。なので、これは継続しながら、第2楽章の譜読みを開始することにした。

ほんの1週間前の《近況:改めて基礎が大事なことを痛感して…》で、第1楽章に集中することにした、と書いたばかりではあるが…。まぁ、この1週間「集中」して、次の段階に進むことができたと思うことにしよう…(^^;)。

pia small.png

第1楽章の進み具合を確認してみると…。

全体を通して、90%程度は「暗譜」をして、ほぼ楽譜を見ないで練習できるまでにはなっている。でも、まだまだ弾けてないところも多く、指の運びが馴染んでいないというか、迷い箸?みたいなところが多々ある…(^^;)。

なので、単旋律のそれほど難しいと思われない箇所でさえ、なかなか満足できる状態には届いていない。例えば、恥ずかしながら…、下記のような場所でさえすんなりとは弾けていない。まぁ、だから「曲の中で基本練習をする」意味があると自分に言い聞かせながらの「忍耐の練習」である。

n.png

それから、当初はある程度のテンポで弾けるように、例えば16音符の速いパッセージを頑張って速く弾こうと練習していたのだが、このところ「ラクに弾く」がまったくできてないような気がしているので、むしろゆっくりと「弾き方」を確認しながら練習するようにやり方を変えようと思っている。

pia small.png

で、第2楽章の方であるが、こちらは Adagio のロンド形式なので、わりとパターンがはっきりしていて取り組みやすい。しかもその一つ一つがピアノ教本のような基本的な音型(アルベルティ・バスとか…)が多いのも「曲の中で基本練習をする」私には嬉しい。

聴く音楽としても好きなタイプの曲なので、弾いていてけっこう楽しい。第2楽章から仕上げていくというアプローチもあるかもしれない。ちなみに、出だしはこんな感じ(↓)。

Mo570-2-1.png

それにしても、第1楽章といい第2楽章といい、本当にシンプルな材料を使ってこれだけの作品を創り上げるのだから、やはりモーツァルトはすごい!天才だと思う。いまさら何を!ですが…(^^;)。

pia small.png

第2楽章は「進捗」というほど進んではいないが、とりあえずざっと弾いてみて、指使いを考えている段階である。

とくに難しい指使いがあるようには見えないが、逆にどうにでも弾ける部分は弾くたびに指が変わったりして、それはあまり好ましくない。なので、出来るだけ早く確定して、それを指に覚えさせるということに時間をかけたいと思っている。

pia small.png

当面は、第2楽章の「指使い確定」と、第1楽章の「指に覚えさせる」という練習を、半分半分くらいでやってみようと考えている。技術的な目標としては「ラクに弾く」ことを目指したい。

期間として「いつまでに」という期限を、今回は決めていない。もう少し様子を見てから決めたいと思う。

《「ホールでスタインウェイ♪」の反省:次へとつなげるために…》に書いたように、「今よりも仕上がりレベルを上げたい」と思っている。時間は少し長くかかってもいいので、「ステージ上のスタインウェイで気持ちよく弾く」ことが出来るくらいの仕上がりをどうすれば達成できるのか、ということをちょっと真面目に考えたいと思う。

さてさて、この暑い夏が収まる頃には、少しは先は見えているのだろうか…(^^)?







近況:改めて基礎が大事なことを痛感して…

最近のややダラダラとした練習を反映してか、まともな近況(練習状況)報告をしてないことに気がついた。まぁ一応「近況」に近いものはいくつか書いている(↓)のだが…。

《ピアノでの「同音連打」の弾き方?》
《モーツァルト:ピアノソナタK.570第1楽章アナリーゼ?》
《片手練習の効用:両手で弾けないから片手じゃなく…》

pia small.png

状況を簡単に書いてみると…。

まず、いきなりの方針変更…(^^;)。第1楽章と第2楽章とを並行して練習しようと思っていたのだが、とりあえず第1楽章に専念することにした。

理由は、思ったよりも第1楽章が難しくて手こずっていること。かつ、予想していたほど飽きないこと。これは、難所や課題が多いせいで「飽きる」段階まで到達していない、ということかも知れない。

それから、左手小指の軽い腱鞘炎らしき状態が長引いていて、左手を思い切り使えないので、右手中心の練習になっている。これが今ひとつ進みが遅い原因でもあるが、「片手練習の効用」もあると思っているので、ここはプラス思考で行きたい…(^^)♪

で、いま集中的に取り組んでいるのが下記のパターン。同じ音型が調を変えて3回ほど出てくる。1つが弾けるようになれば、転調したものも弾けそうなものだが、そうは問屋が卸さないようだ…。

Mo570-1-2.png

音のパターンとしてはそれほど難しいとは思わないのだが、粒が揃わないというのか、テンポを上げていくとリズムがギクシャクした感じになる。たぶん、16音符の音の長さ(音価?)が均等ではなくなっているのだと思う。

pia small.png

全体として、久しぶりにモーツァルトをやって感じていることは、やっぱり基礎が大事なんだろうな…ということ。

というか、基礎ができてないために、弾けて当然そうな「よくあるパターン」が自分でもイライラするほど弾けなかったりする…。例えば下記の部分の左手伴奏など…。

Mo570-1-3.png

まぁ、「曲の中で基本練習をする」という私のモットー?からすると、モーツァルトのソナタの中に「基本練習」がたっぷり入っていると思って、ありがたく?練習すればいいのだが、「弾けそうで弾けないパターン」が多すぎるので、ちょっとだけ気分が滅入っているかも知れない…(^^;)。

pia small.png

当面の練習方法としては、私の場合「暗譜」しないと、つまり楽譜を見なくても次に弾くべき音符がわかるようにならないと、なかなかスムーズに弾けないので、とりあえずは「暗譜」の努力を中心にしている。

《モーツァルト:ピアノソナタK.570第1楽章アナリーゼ?》で、練習のためのブロックを決めたので、それにそって順番に「暗譜」を意識しながら練習しているところだ。

合わせて、いくつかの「難所」の重点練習にも少しずつ取り組んでいるが、とりあえずは上にあげた「16音符」のところと「同音連打」のところ。

なんだか、7月はあっという間に日が過ぎていって、あと1週間ほどしかない。ちょっと、気合をいれる必要があるかもしれない…。







ピアノでの「同音連打」の弾き方?

いま練習中のモーツァルトのピアノソナタ K.570 第1楽章、一つのポイント(私にとっての難所)になりそうなのが「同音連打」というのか、第2主題の冒頭にある5連続の8分音符(↓)である。ちなみに、最後の tr. もうまく入らない…。

p5.png

何度も出てくるのだが、指使いが微妙に違う。「43213」だったり「43232」だったり…。もちろん次の音へのつながりで変わるのだろうが、なかなか難しい。

しかも、これが左手にも出てくる。こんな感じ(↓)で…(^^;)。

K570renda.png

こういう難しい奏法?にはコツとか練習方法とか色々あるのではないかと思って、とりあえずネットで探索してみた。

pia small.png

ところがである…。バイエル、ツェルニー、ハノンなどと練習を重ねている人には何でもないことなのか、意外と情報がない。あるいは、基本のピアノ教本を地道に練習するしか方法はない…ということ?

YouTube にも、子どもが "Czerny Op.299 No.22" などを練習している動画(↓)がいくつもあがっている。…でも、いまさらツェルニーをやる気にはならないし…(^^;)。

Jay(11歳) ツェルニー40番練習曲 No.22

pia small.png

とりあえず、いろんな人が書いていることを私なりに整理してみると…。基本的には2種類の弾き方があるらしい。

一つ目は、指をのばし気味にして「素早く打鍵→素早くあげる→指の位置を横にシフト」を繰り返す方法。「シフト」は例えば「4→3→2→1」という指使いの場合、各指が順番に打鍵するキーの真上にくるように移動することだが、「シフト」というより「手首の回転」に近いような気もする。

注意することは、指の長さが違うのでキーの同じ場所を打鍵しようと思わないこと。自然な位置で前後して構わない。とくに親指の位置はかなり手前の方になるはず。

もう一つは、少し指を立てて手前に「引っ掻くように弾く」方法。スピードが速い場合に適した弾き方だ。この場合も、「シフト」のような動きも同時にやることになると思われる。

いずれにしても、ポイントは脱力。それと「ひとつのまとまりとして弾く」ことも、とくに速く弾く場合は大事になるとのこと。ドラムの速い連打で1ストロークで4つくらい叩くようなイメージ、という説明が分かりやすかった。

pia small.png

それから「なぜ同じ指を使ってはダメなのか?」という質問や話題もけっこう見かける。ほぼ共通の答えは「速く弾けない、指が疲れる、表情がつけにくい」といった感じである。

ただ、ゆっくりの場合は同じ指を使ってもよい(と、ショパンも言っているらしい…)が、柔らかく手首を使うことが大事、というような記事もあった。

私の場合、これまではテンポによらず同じ指を使うことが多かったような…(^^;)。これを機会に(曲の中で)指を変えるやり方を練習しようと思っている。

pia small.png

ところで、同音連打で思い出したのがアルゲリッチのスカルラッティ(ソナタ K141)。有名なのでご存知と思うが、こんな始まり方(↓)をする曲だ。

ScarlattiK141.png

Scarlatti Sonata in D minor K141 by Martha Argerich (2008)

弾き方を参考にしようと思った…わけではないが、ちょっと気になったので指使いを動画で確認してみた。上の楽譜には「432121」という運指が書いてあるが、アルゲリッチは「212121」か「121212」で弾いているようにも見える。速すぎてよく分からない…(^^;)。

pia small.png

もう一つ、ドビュッシーの練習曲に「反復音のために」というのがあることを次の記事で思い出した。

✏️12の練習曲より第9曲:反復音のために(金子一朗)

こんな感じ(↓)で始まる曲だが、こちらは色々と複雑な「反復音」になっているので、もっと難しそうだ…。

DebussyEtude9.png

動画を探してみたら、Susanne Anatchkova という人が弾いているもの(↓)があった。指使いはよく分からない。わりといい感じの演奏だ。

Claude Debussy: Etude n° 9 "pour les notes repetées"

pia small.png

ちなみに、上記の金子一朗さんの記事には次のような説明がある。

「技術的には速い同音の反復は一般的に異なる指で演奏するので、手の構造から、他の奏法と異なり、スタッカート的な、すなわち、鍵盤を指先でこすりながら引っかけるように打鍵しつつ、手を微妙に左右に揺らす必要があるので、困難なテクニックの1つです。」

やっぱり難しいんだ…。「引っかけるように打鍵しつつ、手を微妙に左右に揺らす」か…。「シフト」と上で言っていたのは、感覚的には「揺らす」なんだ…。

何となくイメージはつかめてきたので、あとは練習あるのみ!かな?

ちなみに、私はやや汗っかきなので「引っかける」指がうまく滑らず、鍵盤にホントに「引っかかる」ことが多いのが悩みだ。ベビーパウダー(私の世代には「シッカロール」)でも指につけてみるか…(^^;)?