近況:スタインウェイで弾く曲を決める ♪

6月末に市民ホールのスタインウェイを弾ける(試弾できる)ことになった。海外のブランド・ピアノもフルコンサート・グランドも初めての体験なので楽しみにしている。

で、5月20日から、その時に何を弾くかで悩み始めている。カミさんからの「せっかくだから何曲かちゃんと仕上げて…」という言葉に乗せられて、ちゃんと!練習しようと思っている。ちなみに練習途中のベトソナ13番は途中離脱…(^^;)。

《近況:スタインウェイで弾くレパートリー??》
《ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??》

StageNeko.png


昨日までで、これまでに練習した曲の楽譜を並べてざっと弾いてみた。あまり出来の良くなかったものは除いて、気に入っている曲を中心に一応の候補を選んでみた。それが下記。[ ] 内はおおよその(私じゃなく標準的な)演奏時間。

バッハ:
「フランス組曲 第4番 変ホ長調」から〈アルマンド〉
 BWV 815 [3:00]

ベートーヴェン:
 ピアノソナタ第8番「悲愴」から 第2楽章 変イ長調
 Op.13 [5:00]

シューベルト:
「3つのピアノ曲(即興曲)」から 第2番 変ホ長調
 D946-2 [13:00(8:00?)]

ドビュッシー:
「ベルガマスク組曲」から〈プレリュード〉へ長調
 [4:00]


単純計算で「25分間」の内容である。私の場合、テンポがそれなりに遅くなり、曲間の間合いもあるので、たぶん30分以上はゆうにかかるだろう。これを「暗譜」して「ちゃんと」弾けるようになるのか??という大疑問は厳然としてある。

とくにシューベルトは長いので「反復」をスキップしようか、なんて畏れ多いことも考えている…(^^;)。13分が計算上は8分に短縮されることになる。

あるいは、他の短い曲と入れ替えることも考えられる。候補はブラームスの間奏曲(Op.117-1)、これだと5分30秒。まぁ、もう少し弾いてみてから考えようと思う。

pia small.png

ところで、これだけ多く?の曲を一度に練習した経験はない。なので、どういう順番でどういうふうに練習しようかと悩んでいる。まったく見当がつかない。

とりあえず、1日1時間の練習時間を倍の2時間にすることにした。続けて2時間は体力(忍耐力?)的にしんどいので、例えば午前と午後に1時間ずつかなぁ、などと思っている。

練習の順番としては、まず短い曲から始めて「暗譜」をしてしまってから、順番に長い曲に移っていくのがいいかな?と漠然と考えているところだ。

pia small.png

練習手順の作戦を考えるために(役に立つかどうかは置いといて…)小節数(とページ数)を数えてみた。繰り返しはカウントしていない

バッハ 〈アルマンド〉:20小節(2p)
ベートーヴェン「悲愴」2楽章:73小節(3.5p)
シューベルト D946-2:236小節(8p)
ドビュッシー〈プレリュード〉:89小節(6p)

やはり、シューベルトが長い。ちなみに「繰り返し」はおおよそ150小節あるので、それも含めると400小節近い「大曲」ということになる。短期間で「暗譜」できるか?心配になってきた…。

pia small.png

ところで、一度練習した曲を久しぶりに弾いてみると、すっかり忘れていることにビックリする。あんなに練習して一度は「暗譜」したはずなのに…。楽譜には、苦労して考えたらしい、指使いなどの「書き込み」があるのだが、なんでこうなの?と思うようなものもけっこうある。

ただ、少し弾いているうちに、初めての曲より少しだけは弾けるようになるのが早いような気はする。2度目の練習だからなのか、少しは上達したからなのか?は分からないが…。(たぶん前者?)

もう一つ、すぐに解決すべき課題が見つかった。それは「ラクに弾く」ことが出来なくなっている?こと。

ベートーヴェンの13番ソナタの難しいところを「ピアノ教本」代りに反復練習しているうちに、力んで速く弾こうとするような傾向が強まったのかも知れない。

「脱力」が思うように出来ない。脱力したつもりで弾くと、弱々しい音しか出ない。これは一大事だ。もう一度「ラクに弾く」感覚を取り戻さないとタイヘンなことになりそうだ。

あと5週間ちょっと。いろいろと試行錯誤しながら頑張るしかない!♪







近況:スタインウェイで弾くレパートリー??

《ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??》の記事に書いた、ホールでスタインウェイを弾くのは6月の終わりなので、あと6週間ほどである。

練習の延長であれば(ホールのスタインウェイでいつもと同じ練習をするのであれば)準備はいらないが、「せっかく」とか「もったいない」という言葉がちらつき、何となく何曲か仕上げて?みようかという気になりつつある。問題は選曲である。

私の場合、譜面を見ながら弾くのはできないので、私なりの「暗譜」をする必要がある。これまで、複数の曲を同時に「暗譜」したことはない。

準備期間が1ヶ月と少しということを考えると、新曲は無理だろう。…ということで、これまでに練習した曲(下の表)から比較的何とかなりそうな曲を選ぶことにした。

History.png

この表を作った後に(つまり今年になって)練習したのは、シューベルトのピアノソナタ第14番の第1楽章とベートーヴェンのピアノソナタ第13番の第1楽章。ベトソナは一応最終楽章まで「練習」しているが、どちらかというと「ピアノ教本代り」に使わせてもらっているので候補にはならない。

この表の「出来」(仕上がり具合の自己評価)の欄が「B」〜「B+」のものを中心に考えてみようと思う。

少なくとも「4期」から1曲ずつと考えると、バロックはバッハ、古典はベートーヴェン、近現代はドビュッシーという感じになるかな? 意外と候補が多そうなのがロマン。どうせならショパンも入れたいけど…などと考え始めると、けっこう選曲だけでも大変だ。

何となく、リサイタルを準備しているピアニストの気持ち?(どんなものか知らないが…)になりつつあるかも…(^^;)。

pia small.png

とりあえず、候補曲を並べてみると…。

バッハ
・平均律のプレリュードのどれか
・フランス組曲の中から
・アリオーソ

ベートーヴェン
・ソナタ8番 第2楽章?
・ソナタ13番 第1楽章
・ソナタ25番 第2楽章

ショパン
・雨だれ

シューベルト
・即興曲 Op.142-2
・「3つのピアノ曲」から D946-2
・ソナタ14番 第1楽章

ブラームス
・間奏曲 Op.117-1

ラフマニノフ
・楽興の時 Op.16-5

ドビュッシー
・アラベスク No.1
・ベルガマスク 前奏曲

pia small.png

今週は、毎日外出で忙しいので、移動途中に候補曲を YouTube で聴いている。聴きながら、こんな難しい曲を本当に練習していたのかと思ったりしている。まぁ、実際には「難所」などは出来ないまま終わっていることが多いと思うが…

聴いていて思ったことが一つある。

無意識のうちに、ホールできれいに響きそうな曲はどれかな〜とか、こっちの方が聴き映え(聴衆受け?)がするかな〜とか、考えているのだ。聴き手はいないので、本当はどうでもよいのだが…(^^;)。

でも、スタインウェイのフルコンサート・グランドピアノで、しかもフタを開けた状態で、ホール全体に音が響く?かと思うと、聴き映えのする、弾き甲斐のある曲をやりたくなるのかもしれない。

少しだけ、ピアニストの気持ち、リストやプロコフィエフなどの派手な曲を選ぶ気持ちがわかったような気がした。(大きな「誤解」かも知れないが…)

まぁ、今週末にピアノを弾く時間ができたら、一通り楽譜と相談してみて、弾けそうなものを優先することに、たぶんなるのだろう。どのくらい忘れているのか心配、というより少しでも覚えているのだろうか?

pia small.png

…ということで、いま練習中のベトソナ13番は今週の金曜日まで(ピアノを弾く時間があれば…)ということにして、土曜日からはこの選曲に取りかかるつもり。出来るだけ早く決めて、まずは「暗譜」の状態を急いで取り戻す必要がある。

なんだか、生まれて初めての「発表会準備モード」?(発表会ではないのに…)になりそうな気がしてきた…。







ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章、ぼちぼち?

ベトソナ13番の最終楽章、このところ近況報告が滞りがちだ…。まぁ…、これは、要するに練習の進捗も滞っている、ということである。

前回の《ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章、苦戦中…》で、「提示部」ブロック①〜⑤の進み具合を%で書いてみたが、その数字が目に見えるほど進んでいない。

唯一進んだのは「暗譜」くらい…。楽譜なしで練習できる程度には覚えた。ただし、それに指がついていかない…。

pia small.png

10分間練習×6 のルーティーン?にも少し飽きて来たので、大胆にも(不届きにも?)次の「展開部」に手をつけてしまった。

まだ始めたばかりなので、進捗度などないに等しいのだが、一応それらしい数字を入れてみた(↓)。

記号は、💚は「暗譜したかどうか」、🎹は「ゆっくり楽譜通りに弾けるか」、🆗は「テンポや強弱も含めて自己満足できるレベルに達したか」の100%表示。


BeeSona13mv4.2.png


①は最初の入り方以外は提示部の①と同じなので同じ進捗%。②' は後半の短調になっている箇所がなかなか覚えられない…。

いま一番面白いのは⑥と⑦。 …なのだが、⑥は指使いがまだ揺れているし「暗譜」ができない。⑦はなんとなく分かりかけていてもう少しで覚えられそう、という段階。この箇所の音のパターンはわりと好きみたいだ ♪

一応、⑧と⑨まで弾いてみてはいるが、まだちゃんと練習するまでには至っていない。

pia small.png

ところで、最近ひさしぶりに「脱力」を意識し始めた。…というか、「10分間練習」で同じ箇所を何度も弾いて、指に覚えさせようと「一生懸命」にやっていると、無意識のうちに力んでしまっている、ということに気がついたのだ。

なので、ときどきフレーズ全体を p で「脱力」を意識して弾いてみると、これが案外うまくいったりするのだ。

もう一つ気づいたのは、「一生懸命」やると、気持ちのどこかで「一音一音きっちり」とか「一音たりともおろそかにしない」みたいなことを思っているらしく、それが力みにつながり、かつテンポが上がらない原因にもなっているようなのだ。

なので、4つの16分音符(1拍分)をひとまとまりに弾くことと「脱力」を意識することで、結果的にはテンポも上がりミスも減るということが分かってきた。

まぁ「分かってきた」というより「忘れていた」「思い出した」ということなのだが…。「初心忘るべからず!」である…(^^;)。







ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章、苦戦中…

ベトソナ13番の最終楽章、練習としては毎日確実にできていて、それなりの充実感もあるが、進み方からいえばカタツムリといい勝負かもしれない…🐌…!?

少し前に書いた《10分間練習法:ピアノの効率的練習方法?》に沿って、ほぼ計画通りに「提示部」のブロック①〜⑤を練習している。

ところが①〜⑤それぞれレベルは違っていても、私にとってはすべて「難所」なので、まぁ、この進み方(の遅さ)は仕方ないとも言える。歳のせいで?気が短くなっている?

pia small.png

で、進み具合を自分で認識するために、各ブロックの進捗度を%で数値化してみることにした。しかも3つの視点で。

下の表がそれで、💚は「暗譜したかどうか」、🎹は「ゆっくり楽譜通りに弾けるか」、🆗は「テンポや強弱も含めて自己満足できるレベルに達したか」をそれぞれ100%を満点として示してある。

「暗譜」は頭で覚えるだけでなく、指が迷わずに動くところまでできて100%とする。🎹マークの100%は、ゆっくりでいいので一定のテンポでミスなく弾けるレベル。

🆗は、プロの演奏よりは遅いテンポでいいのだが、自分のイメージする許容範囲のテンポで強弱や表情も含め自己満足できるくらいに弾けるレベルを目指す。少なくとも一つのブロック内では止まらないで弾くことが目標。


BeeSona13m4s11.png


改めて、自己評価の数字を見てみると…。

暗譜の進み具合はまぁこんなものだろう。④と⑤のところは、今ひとつ音楽の流れをつかみきれていないことが覚えられない原因だと思う。あとひと頑張りである。

🎹マークの「ゆっくり弾けるか」というところで苦労しているのは、③の後半の上下にオクターブ、ジャンプするところ。なかなか、目的地のポジションがスッと決まらない。それこそ10分間練習での繰り返しで何とかするしかないだろう。

🆗マークは全体にまだまだなので、今回はぜんぶ「0%」にした。①くらいは「10%」にしてもいいかも知れないが…。

pia small.png

…という感じで、このペースで行くとあと1ヵ月くらいはかかりそうだ。第1楽章を始めたのが3月1日だったので、3ヵ月の大プロジェクトになるかもしれない。

今のところ、次に練習したい曲が見つかっている訳でもないので、ゆっくりベトソナを楽しむことにしよう…(^^)♪






ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章に注力することに ♪

1週間ほど前から、ベートーヴェンのピアノソナタ第13番の最終楽章を練習することにしたが、先週は何かと忙しくて、実質2〜3日しか譜読みできていない。

ざっと弾いてみて、さらに練習のためのブロック分けを目的とした「なんちゃってアナリーゼ」もやってみたところ、思ったよりボリューム感があるので、ちょっと真面目に取り組む必要性を感じている。

真面目にやらないつもりでは、もちろんなかったのだが、全楽章を4月末まで練習して、そこそこできればいいか…となんとなく思っていた。一言で言えばナメていた…(^^;)。



で、とりあえずは「全楽章」をやめて、第3楽章の通し弾き(1〜2回)と第4楽章の練習だけをやることにした。気持ちを新たにして最終楽章に取り組むつもりで、4月末という期限もリセットすることに決めた。

…ということで、改めて作戦を考えてみた。

《ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章アナリーゼ?》で分かったことは、練習すべきパターンの多さ(全部で11種類)と、ロンドソナタ形式ではあるが、同じ繰り返しが少ないということ。

なので、一つ一つ地道に攻略?していくしかない。

まずは大きな構成の最初の部分(↓提示部)をやろうと思っている。そのあとの展開部も面白いのでつい弾きたくなるのだが、そこはじっと我慢…。で、…


BS13m4.1.png


で、順番としては①から順にやればいいのだが、最初の①②あたりはあまり得意なパターンではない。ので、割と弾きやすかった⑤をまず「攻略」したいと考えている。聴いていても一番好きな箇所なので…♪

その次に好きなのが③のところ。③と⑤がある程度弾けるようになれば、その間の④も必然性?を持って練習できる…?

基本方針としては、好きな箇所から仕上げて行くということである。もちろん、苦手なパターンの①と②の(やや機械的な)繰り返し練習も並行してやるつもりである。こちらは時間がかかりそうなので…。



今月中に①〜⑤がある程度弾けるようになって、5月から展開部に取り組めればいうことはないのだが…。ま、それを当面の目標として、頑張ってみよう…(^^)/♪