*2017年振り返り:ピアノを楽しんだ?

2017年振り返りの第2弾。今日は「ピアノ音楽を楽しむ」という目標について…。

参考:〈2017年 My Piano Life の目標 ♪〉

goal2017-2.png

こちらも、2つの小項目をあげている。一つは「①新しいピアノ曲探索」、もう一つは「②リアルな音楽体験」である。そして「おまけ」として「シーモアさんみたいな顔になりたい」という願望のようなことも書いていた。その辺りを振り返ってみる。



①新しいピアノ曲探索


「新しい」というのは、時代的に新しい(現代に近い)というのも少しはあるのだが、どちらかというと私にとって「新しい」(知らなかった…)という意味である。

探索する意味としては、自分でも弾けそうな曲を探すことと、聴いて楽しむ音楽を探すという両方である。どちらを優先するということでもないが、聴いていいなぁと思う曲は大体において難しいので、結果的には「聴いて楽しむ曲」の方が多くなっているかも…。

で、今年は自分としてはあまり探索できなかったかなぁ?という感覚なのだが、ブログを読み返してみると、それなりに探してはいるようだ。


〈プロコフィエフのピアノソナタ第9番いい!♪〉
〈ヴィトルト・ルトスワフスキのピアノソナタ ♪〉
〈ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番、本人の演奏がいい ♪〉
〈ジョルジェ・エネスクすごい!音楽祭・コンクール・管弦楽団・博物館…〉
〈ミゲル・デル・アギラのピアノ曲いい♪:現代ピアノ音楽作曲家探索〉
〈ババジャニアン、ちょっと面白い:アルメニアの作曲家・ピアニスト〉
〈現代のピアノソナタ(1)ニコラ・バクリ〉


この中で、プロコフィエフとショスタコーヴィチ以外は知らなかった作曲家である。9月頃から現代作曲家のピアノ曲を探そうかと思って、途中で挫折しているが、何人かの作曲家(のいくつかの曲)と出会えたという訳だ。

〈現代ピアノ音楽作曲家探索:コンテンポラリなピアノソナタ ♪〉
《20世紀のピアノ音楽作曲家:list》
《Contemporary ピアノ音楽作曲家:list》

曲として印象に残っているのは、プロコフィエフのソナタ第9番とショスタコーヴィチの面白いピアノ協奏曲第1番くらいなのだが、他の作曲家はまだ私の耳に馴染んでいないせいかも知れない。



②リアルな音楽体験


今年は何と言っても、長年の(といってもピアノを始めてからの4年半くらい)の夢だった「ブランドピアノを弾く」という体験ができたということが大きい。

6月の終わりに市民ホールのステージでスタインウェイのコンサートグランドピアノを弾くことができた。と言っても観客なしの試弾会みたいなものですが…(^^;)。

〈ついにスタインウェイが弾ける!♪しかもホールデビュー!??〉
〈初スタインウェイの感想…幸せでした ♪〉

弾いたのは、それまでに練習したことのある曲から4曲。調子に乗って?プログラム(チラシ)まで作ってしまった。といっても、デジタルで作ってブログに載せただけ…。


Program2017June30.png


この体験は実に面白かった。スタインウェイのタッチも実感できたし、ホールの響きも味わえた。

ホールの響きといえば、実は11月にも別のホールでヤマハを試弾したのだが、このホールは弾いている本人に音があまり聴こえて来ず、何だか弾きづらかった。これもある意味でいい経験になった。

〈「ホールで練習」してきた…(^^;)♪〉


一方、リサイタルなど生演奏を聴く機会は、今年は残念ながらラフォルジュルネの2つしかなかった。ネルソン・ゲルナーとフランソワ=フレデリック・ギィ。ギィというピアニストは「ねもねも舎」の記事で初めて知った人だ。

〈LFJ:ネルソン・ゲルナー、多彩な音色が素晴らしかった ♪〉
〈LFJ:フランソワ=フレデリック・ギィのベトソナ ♪!?〉

両方ともそれなりに良かったのだが、期待が大きかったせいか、今になってみるとそれほどの印象を残した演奏会ではなかった。


ちなみに、来年3月のチケットはすでに購入済みである(衝動買い?)。〈アンデルシェフスキ〉〈リフシッツ〉、二人ともバッハ、楽しみだ…(^^) ♪



おまけ:シーモアさんみたいな顔


今年の目標にこんなこと(↓)を書いた。

「今年出会ったピアニストのなかで、本当に穏やかでいい顔をしているなぁと思った人が2人いる。それが、シーモア・バーンスタインさんとエリザーベト・レオンスカヤさん。

2人とも、とても魅力的な笑顔をしていて、語り口が穏やかで、ピアノに対する姿勢が真摯で、その内容にも説得力がある。

こういう顔になるように年老いていきたい…(^^)♪」

Seymour.png


まぁ、なかなかこんな穏やかな顔にはなれていないが、少しでもこういう顔に近づけるように、来年も心穏やかに過ごし、ピアノも少しは味のある演奏ができるように精進したいものだ…(^^) ♪


*2017年振り返り:ピアノは上達したのか?

年末も押し迫ってきて、2017年の "My Piano Life" の振り返りをやってみようと思うのだが…。このところ調子が今ひとつということもあり、何となく気が進まない。とはいえ、あと3日しかないのでやるしかない…(^^;)。

〈2017年 My Piano Life の目標 ♪〉としては、「ピアノの腕を上げる」ことと「ピアノ音楽を楽しむ」ことの二つを(ほぼ例年通り…)あげていたのだが、今日のところは「ピアノの腕を上げる」について…。

goal2017-1.png

小項目としては「①難易度20前後の曲」を練習する(弾けるようにする)ということと、「②技術練習」も少しはやる、ということを目標にしていた。



①難易度20前後の曲


まず、 [ピアノ練習履歴2017] から今年練習した曲を見てみるとこんな感じ(↓)だ。

[1] シューベルト:ピアノソナタ 第14番 第1楽章
 期間:2017/1/5〜2/25(仕上がり:B)
 難易度:24/28段階

[2] ベートーヴェン:ピアノソナタ 第13番 第1〜4楽章
 期間:2017/3/1〜5/19(仕上がり:C〜B-)
 難易度:23/28段階

[3] 「ホールでスタインウェイ」練習
 バッハ:「フランス組曲 第4番」から〈アルマンド〉
 ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」から 第2楽章
 シューベルト:「3つのピアノ曲(即興曲)」から D946-2
 ドビュッシー:「ベルガマスク組曲」から〈プレリュード〉

[4] モーツァルト:ピアノソナタ 第17番 K.570 第1・2楽章
 期間:2017/7/8〜8/31(仕上がり:C+)
 難易度:17/28段階

[5] ベートーヴェン:ピアノソナタ 第3番 Op.2-3 第2楽章
 期間:2017/9/6〜10/26?(仕上がり:B-)
 難易度:24/28段階

[6] シューベルト:ピアノソナタ 第18番 D.894 第1楽章
 期間:2017/10/4〜12/31(仕上がり:B-?)
 難易度:23/28段階


[3] は以前練習した曲を復習しただけなので除くと、あとの5曲はなんと全部「ピアノソナタ」だ。しかも作曲家が偏っている…(^^;)。まぁ、もともと「ソナタなどの『本格的』な曲に取り組みたい」などと言っていたので、これでいいのだが…。

で、その難易度を見てみると、24、23、17、24、23 と目標とした「20前後」というのはクリアしている。ただし、この難易度は全楽章を通してのもので、その中で比較的やさしい楽章を選んでいるので、本当の難易度はよく分からない。

参考:《ピアノ曲の28段階難易度について》

「仕上がり」レベルもぎりぎり「自己満足」レベルには達しているので「下手の横好き」としては頑張った方だと言っていいのだろう。(参考:仕上がりは「A=発表会OK?、B=自己満足、C=不満、D=挫折」の4段階を自分の感覚で判断)



②技術練習


昨年(2016年)までは、技術(メカニカル)練習は「曲の中でやる」ことを基本方針としてやってきたが、もう少し上手くなりたいという思いから、今年はハノンみたいな練習もやろうと思っていた。

…のだが、ハノンは少しやっただけであえなく挫折してしまった。で、いつしか「技術練習」のことは忘れてしまっていた。

ところが、11月になって「楽譜を見ないで弾く」練習もしようかナ…と思い立ってから、紆余曲折を経て、ピアノを弾く基本の一つである「手元を見ないで弾く」ことがまったく出来てない(それ以前に認識していない…)ことを、何と!ピアノを始めて5年目にしてやっと気が付いたのだった…(^^;)。

〈「楽譜を見て弾く」じゃなく「手元を見ないで弾く」!〉

それで、色々と「手元を見ないで弾く」ための練習方法を考えているときに、ブログへのコメントで「バイエル」を勧められ、やってみることにしたのだった。
(あずにゃんさん、ありがとうございました ♪)

〈バイエルをやることにした→手元を見ないで弾く練習 ♪〉

で、これまでのところ 2/3くらいまでは順調にこなし、その後はボチボチながらも 88 番くらいまで来た。年内に終わるのは難しそうだが、一応来年も継続するつもり。

なので、当初の予定とは少し違ってきたが、一応結果オーライという感じ…、というよりむしろ良い方向に向かっていると信じている。少しではあるがその効果も感じられるようになってきたし…。


ということで、実際の「腕」の方はまだまだ自信がないが、「ピアノの腕を上げる」という目標に対しては、この一年は合格点と言っていいのではないだろうか…(^^) ♪

stump01-006.gif

*近況:今年はこれで満足!? 次の候補曲も見つけたし♪

今年もあと1週間となり、たぶん今年最後の近況報告。

で、年末に向けピアノの練習も佳境に入っている…と言いたいところだが、シューベルト(ソナタ18番第1楽章)はなかなか進展がなく、年内に仕上がりそうもない…。

ちょっとだけいい話としては、バイエルを使った「手元を見ないで弾く」練習が少しは効果がありそうなこと、くらい…。それと、普通に進んでいるのが次の選曲(バッハのパルティータ)で、ほぼ決まってきた。

シューベルトは、この後は基本的には楽しんで弾くモードに入ろうと思っている。少々ミスしてもちょっと止まってもいいことにして、少しでも自分のイメージした音になること、そして気持ちよく弾けることを主眼にしていきたい。

もう少し何とかしたいと思っているのは、第2主題とその変奏部分(↓)。ここは好きな箇所なのだが、左手の付点の伴奏が思ったような音量・タッチで弾けなくて苦戦している。

D894b.png

D894bvar1.png

このソナタは私にあっているのか、3ヶ月近く続けているのにほとんど飽きない。それだけ、次々に課題が出てきて苦労しているからかもしれないが…(^^;)。

まぁ、年内は気楽に楽しみたいと思う ♪

バイエルの方は、全部で106番まである(付録を除いて)うちの80番まできた。年内に終わるつもりだったが、難易度も少し上がってきたので、ちょっと厳しそうだ。

手元を見ないで、初見で弾いて、基本的にはミスせず止まらず弾く、という練習をしている。…のだが、少し前から音が大きく跳ぶところなども出てきたので、その部分だけは一瞬鍵盤をみてやっている。それと、ニアミス程度のちょっとしたミスは大目に見るようにしている…かも…(^^;)。


やってみて感じたことは、最初のうちは「思ったより簡単に弾けるじゃん ♪」(まぁ当たり前かも…)、このところは「バイエル、意外とムズイかも…」という感じ。でも、自分の弱点を発見&確認できたりして、それなりに面白い、というか役に立つ感覚はある。

その効果は、バッハのパルティータの試し弾きをしていて感じることができた。初見で弾いていて、楽譜をずっと見ているわけだが、「手元を見ないで弾ける」部分が以前にくらべて明らかに多いのだ。これは嬉しかった ♪

なので、途中放棄?することなく、年を越しても最後まで続けようと思っている。

そして、次の曲選びであるが、バッハのパルティータを全曲一通り試し弾きをしてみて、いくつかの曲に絞り込むところまできた。

やはり、私にはかなり難易度が高すぎて、候補曲はそれほどなかった。第一感のレベルではあるが、こんな結果(↓)だ。◯は何とか弾けそう、△は頑張れば何とかなるかも…。

第1番
 ◯→Menuet I、Menuet II
 △→Allemande、Sarabande
第2番
 ◯→Sarabande
 △→Allemande
第4番
 ◯→Allemande、Aria 、Sarabande

第3・5・6番には弾けそうな曲はなかった。

で、今のところ、曲としても気に入った第4番の3曲から選ぼうと考えている。曲の長さも考えて Sarabande あたりがいいかな?というのが現時点の感触。

まぁ、もう少し弾いてみて、プロ(シフとかソコロフとか…)の演奏も聴いてみて、年内には決めたいと思っている。


さぁ、あと1週間、頑張ろう(楽しもう)!♪


お知らせ:2018年から『ぴあのピアノ♪』に引越しますので、よろしくお願いします。すでに運用を開始していて、年内は同じ記事を両方に出すつもりです。

近況:シューベルト、バイエル、パルティータ ♪

このところ、ピアノの練習が忙しくなってきた。シューベルトのソナタを継続しながら、バイエル(手元を見ないで弾く練習)とバッハのパルティータ(選曲の準備:試し弾き)を始めてしまったので…。

「二兎を追う者は…」どころか「三兎」を追っているので、虻蜂取らずにならないようにしないと…。ちなみに「虻(あぶ)」も「蜂」もそんなに欲しいものじゃないなぁ〜と思って語源を調べたら、クモ(蜘蛛)がクモの巣にかかった虻と蜂の両方を取り逃がすということだった…、なるほど…(^^;)?

pia small.png

で、最近の進捗具合であるが、簡単な方から…。

選曲準備は、バッハのパルティータの各曲(組曲の中の個別の曲、Prelude とか Allemande とか)を最初から1曲ずつ弾いてみて、自分なりの感触(弾けそうか、弾いて楽しそうか)を探っているところ。候補曲に印をつけながら半分近くまで来ている。つまり第3番の途中まで。

これまでの感じとしては、やはり難しい!ということ。ゆったりした曲でもリズム(音符の長さの組み合わせ)が複雑なので、聴き覚えている箇所はいいのだが、そうでないところで64分音符とか出てくると大変だ…。その上に、装飾音符がついていたりする…(^^;)。

速い曲(Vivace とか Presto とか)はかっこよくて弾きたくなるのだが、なにせ速いテンポは苦手なので、音符の作りはシンプルでも無理そうだ。ただ、ゆっくりの曲を弾くと、気分としては次に速い快活な曲に行きたくなる、というのもあるが…。

ということで、一通りの試し弾きが終わったら、候補曲をもう一度じっくり見てみて最終選考?にかけたいと思っている。

pia small.png

バイエルを使っての「手元を見ないで弾く練習」は、まぁ順調と言っていいだろう。付録を除くと106番まであるなかで57番まで終わった。

《バイエルをやることにした→手元を見ないで弾く練習 ♪》に書いたように、「ノーミスで止まらないで弾くこと」を次に進むための条件にしているので、この先はそんなにスイスイ進むことはなくなるだろう…。

「手元を見ないで弾く」ことは、それほど苦労せずにできている。ほぼハ長調で「静かにした手」つまり "Die stillstehende Hand"=「ポジション移動・指の交差のない運指」(※)なので、それはそうだろうと思う。この先はどうなるか分からないが…。

『バイエルの謎』という本に書いてあった。
《『バイエルの謎』面白い!最高のミステリー ♪》

pia small.png

で「メインディッシュ」であるはずのシューベルトのソナタ18番第1楽章なのだが、このところちょっと停滞期かも知れない。進歩がほとんどない…。

一応「暗譜」したつもりだったのだが、展開部(とくに後半↓)がかなりあいまいである。ということは、弾けてもいない。コード進行?が今ひとつしっくり来ていない…(^^;)?


D894NoAmpu.png


年末まで、通し練習を基本として、思うようなタッチ(音量・音色…)で弾けていない箇所の部分練習を続けるつもりなのだが、このままでは仕上がりレベルが目標よりも低いままになりそうなので、ちょっと焦ってきたかも…。

あと10日しかない…(^^;)。







バイエルをやることにした→手元を見ないで弾く練習 ♪

少し前から、ピアノの上達のためには「手元を見ないで弾く」練習が欠かせないということを(やっと?)認識して、その練習方法を模索している。

簡単な曲の初見で練習してみたり、練習中の曲(シューベルトのソナタ)を使ったり、ハノンを試したり…とやってみたが、どうもしっくりこない。で、読者からのコメントで勧められたこともあり「バイエル」を試してみることにした。

pia small.png

ところが、我が家には「バイエル」が一冊もないことに気が付いた。いまさら買うのも…ということで、いつもお世話になっている図書館のサイトで検索してみたら、何冊かあった。

全音の『標準バイエルピアノ教則本』というのがいいかなと見ていたら、同じく全音から出ている『全訳バイエルピアノ教則本』というのがある。

何が違うのか調べてみたら全音のサイトにこんな記事(↓)があった。

✏️「標準バイエル」と「全訳バイエル」はどうちがう!?

●『標準バイエル』
日本で古くから最も多くの人に使われているものです。進度に合わせた併用曲を24曲収載しています。

●『全訳バイエル』
『標準バイエル』は解説を省略したり、文章を変更したりしている箇所がありますが、この『全訳バイエル』では、原書に忠実に翻訳しています。「全訳=全部訳した」という意味です。日・英・独の3カ国語を掲載。


「原書に忠実に翻訳」と「日・英・独の3カ国語」というのを見て『全訳バイエルピアノ教則本』の方(↓)を借りることにした。(表紙は一見するとほとんど変わらない…)



ちなみに、全音からは『指づかいつき バイエルピアノ教則本』とか『最新バイエルピアノ教則本』とか色々あって紛らわしいことこの上ない…(^^;)。

pia small.png

もう一つちなみに…、図書館に『おとなのためのバイエル教本 (実用的なバイエル習得法)』(↓)というのがあったので、ついでに借りてみた。



こちらは、いろんな調(♯、♭3つまで)があって、それぞれのコード進行とか伴奏方法も載っている。曲もポピュラーソングなどもあって「大人」(一般的な?)が楽しめるようになっているらしい。

私の場合、一般的な「大人」じゃない?ので、この本は私には向いてないようだ。

pia small.png

で、とりあえず始めてみたのだが、最初の方はやはり物足りないので、初見で手元を見ないで弾くこと以外に、いくつかの練習を兼ねようと思っている。こんな感じ(↓)で…。

①ノーミスで止まらないで弾くこと
②フレージングをきちんと
③きれいな音で(脱力とか…)
④左右の音量のバランス練習

まぁ、いずれも「当たり前でしょ!」と言われそうなことばかりだが、私にとってはけっこう大変なことなのだ、とくに①は…(^^;)。

④は、左右のバランスというよりも左手のコントロール(音量・タッチなど)の問題になると思われる。いま練習しているシューベルトでも苦労している部分なので、バイエルでその辺りも練習しようというわけだ。

始めてから数日経つが、50番くらいまで終わった。そろそろ「①ノーミスで止まらないで弾くこと」が怪しくなって来ている。①ができなければ先へ進まないことにしているので、ここから先は進み方が遅くなるかもしれない。

一応、図書館の貸出期限の2週間で終わらせるつもりだったが、どうなることやら。まぁ、最後は「貸出期間延長」という手もあるのだが…(^^;)。