近況:シューベルトのソナタ18番第1楽章譜読み終わり ♪

譜読みを始めてから10日ほど(2日練習をお休みしたので実質8日)になるが、シューベルトのソナタ18番第1楽章、やっと一通り譜読みを終えた。といっても、まだ一部指使いを保留にしていたりするので「完了」というわけではないが…。

で、これからシューベルトの方に時間をかけたいので、ベートーヴェン(ソナタ3番第2楽章)との時間配分を変えていこうかと思っている。イメージとしては…。

当面は、それぞれ30分(半々)にして、ベートーヴェンは「通し練習」で目標は「できるだけ止まらずに弾くこと」を目指す。シューベルトの方は部分練習に入る。

なので、シューベルトは、そろそろブロックわけ=「なんちゃってアナリーゼ」をやりたいと思っている。なにせ、シューベルトは長くて繰り返しが多い(くどい?)ので…。PTNAの標準的な演奏時間を見ても、18分かかることになっている。

ベートーヴェンの方の「通し」がある程度できてきたら、時間をだんだん減らす。最終的には、1〜2回通して弾くだけにしたい。1回弾くだけだったら10分くらいで終わるはずだ。

で、遅くとも10月終わりにはベートーヴェンを仕上げて、シューベルトの方だけに注力したい。

pia small.png

一番の問題は「できるだけ止まらずに弾くこと」をどうやって練習するか?

まずは、通して弾くことを、途中でミスしても止まっても、やるしかないのだろうが…。そのミスとか停止とかをいかに減らすか?がいまだによく分からない。もちろん「(ほぼ?)完全に弾ける」ようにすることが前提条件なのだろうが…。

一つには、ミスしたり止まったりしたときに、ついその部分の練習をしたくなる。実際のところ「(反復)練習モード」に入ってしまっている。それをいかに我慢するかなのだとは思うのだが。でも、それだけでは「減らす」効果はあまり期待できないような気がする。

それと「練習モード」に入らない場合でも「弾き直し」を極力減らすこともやらなくてはと思っている。間違えた音を弾いたようなときに、どうも性格的に「そのまま」(間違えたまま)に放置することができないようなのだ。

頭で考えれば、弾き直して音楽を止めることの方が、一つの音を間違えることより「大きなミス」なのだとは思うのだが、即座に忘れて?次に行くことがなかなかできない…(^^;)。

pia small.png

シューベルトの方は、一通り譜読みを終えた段階では「難所」になりそうな箇所がいくつかありそうだ。その中の一つが、前回も「指使い保留」の場所としてあげた下記部分。

Schubert D894th2.png

最初はそれほど難しいとは思わなかったのだが、いくつかの演奏を聴いていると、この曲、"Molt moderato e cantabile" ではあるのだが、上記部分は私にとってはそれなりに「速い」のだ。

もともと速いテンポの曲は苦手なのだが、ここはちょっと苦労しそうだ。でもこの箇所をゆっくりにして全体のテンポを決めると、それはそれで他が間延びしそうなので…。

まぁ、指使いも「最適」なものを見つけて、あとは頑張って練習するしかないと思う。










近況:シューベルト譜読み、ベートーヴェン通し練習

ベートーヴェンのソナタ(3番第2楽章)が終わる前に、シューベルトのソナタ(18番第1楽章)を始めたので、2曲並行して練習している。最初の15分くらいで、シューベルトの譜読みをして、残り45分くらいをベートーヴェンの通し練習に当てている。

《早くも次の曲!?シューベルトのピアノソナタ第18番 ♪》

pia small.png

シューベルトの方は、譜読みといってもほとんど指使いを決める作業が中心だ。和音のところは割と順調にいった(選択肢が少ないから?)のだが、アルペジオ風のフレーズの箇所(↓第2主題?)がまだ確定していない。どうにでも弾けそうだけど、きっと最適な指使いがあるはずなので、とりあえず保留にしてある。

Schubert D894th2.png

進み具合としては、10ページある楽譜の3ページまで来たところ。まぁ、始めたばかりなのでこんなものだろう。

ソナタ形式らしいので、例によって「なんちゃってアナリーゼ」をやろうとしたのだが、まだ全体を把握できてないので途中で挫折。譜読みが終わってからやることにした。

1日1ページ、コツコツやるとしてあと1週間。だけど「再現部」とか似た部分がありそうなので、もう少し早く終わるかも…。

pia small.png

ベートーヴェンの方は一応「通し練習」の段階に入っているつもりなのだが、実は「暗譜」が不完全である。しかも、不思議なことに毎回「暗譜がとぶ」箇所が違っている。まだ「暗譜」できていないので「とぶ」という表現は変だけど…。

一方、ちゃんと弾けてないのでほとんど毎回引っかかる箇所は安定?している(いつも同じ箇所…)。なので、通し練習と言っても、1回通したあとは、引っかかる場所の反復練習になっている。それと「暗譜がとんだ」箇所の確認と…。

常識的なピアノ練習からすると、こういう状態は「通し練習」とは言えないのだろう。でも「意識」としては「通して弾くぞ!」という気持ちを持ってないと、すぐに止まったり弾き直したりになってしまうので「通し練習」ということにしてやっている。

pia small.png

ところで、痛みのあった左手の小指であるが、いつの間にか治った?ようだ。弾き方が改善したのかどうかは不明だが、少なくとも練習後などに痛みが出ることはなくなった。

今回、ベートーヴェンのソナタは「ラクに弾く」ことを目標の一つにしてやっていたのだが、ある程度弾けるようになってからはその意識が薄れて来たような気がする。いいことなのか、よくないことなのか…?

ただ、いまだに右手と左手の音量のバランスがうまくコントロールできてない(とくに左右が交差するあたり)ので、ラクに弾きながらコントロールすることを、これからの課題として意識してみようと思っている。


この曲も、練習を始めて1ヶ月をちょっと過ぎたところである。もう少し仕上がっていてもよさそうなのだが、どうもこの曲は覚えにくいのだと思う。まぁ、時間をかけてでも仕上がりのレベルを少し上げたいと思っているので、ここからは忍耐力と集中力である…(^^;)?







早くも次の曲!?シューベルトのピアノソナタ第18番 ♪

現在、まだベートーヴェンのピアノソナタ3番の第2楽章を練習中であるが、早くも次の曲を決めてしまった。今回は複数の候補曲からあれこれ考えて…という訳ではなく、ほとんど「衝動買い」的に決めてしまった。

発端は、たまたまトリフォノフの弾くシューベルトのソナタ第18番(↓)を YouTube で聴いたこと。もともと美しい曲だとは思っていたのだが、トリフォノフがこんなにも優しくきれいな音で弾いているのが、ちょっとした驚きだった…(^^;)♪

Daniil Trifonov plays Schubert: Sonata no. 18 in G Major

※追記(10/6):すみません…この動画はスマホでは視聴できないようです。代わりと言っては恐れ多いのですが、このソコロフ(↓)もなかなかいいです…(^^;)♪

Sokolov - Schubert Sonata D.894.wmv

で、聴き入っているうちに「あれっ?この曲、もしかしたら自分でも弾けるんじゃない?」などと突然思ってしまったのだ。何の根拠もなく…。で、さっそく楽譜(↓)を見ながらもう一度聴いてみる。…ん〜、何とかなるかも…?

SchubertD894.png


でも、《ピアノソナタ難易度マップ!》で確認すると、難易度は「28段階難易度」の23と、かなり難しい。

とはいえ、難易度の数字が高くても何とかなった曲もあるし、逆に難易度は低いのにほとんど歯が立たなかった曲もある…ということは何度も経験している。なので「物は試し」ということで、まずは最初の3ページほど試し弾きをしてみた。

何度か弾いているうちに、これは「何とかなる」範囲内であるという気にだんだんなってきた。そして、昨日ついに次の曲はこれ(ソナタ全曲は無理なので第1楽章だけ)で行こう!と決めてしまったのだった…。

pia small.png

ところで、ベートーヴェンの3番が「まだまだ」という状態にある。少なくともあと2週間くらいはかかりそうだ。でも、シューベルトを試し弾きをして感触がよかったので、早く始めたい…。どうしよう?

ここで突然、いい案を思いついた!「2曲同時並行で練習」!

といっても、2曲とも全力で…は無理。なので、ベートーヴェンを時間をかけてきちんと仕上げることは継続する。同時に、シューベルトの譜読みをあまり時間をかけずにやる。そのうちベートーヴェンが終わったらシューベルト1曲に全力投球をする…という構想である。

それと、実は、シューベルトのソナタは「繰り返し」が多くて長いものが多い。この曲も第1楽章だけで14分ほどかかる(上のトリフォノフの演奏で)。なので、シューベルトの方は「きちんと仕上げる」をちょっと「棚上げにして」?和音で綺麗に弾く練習を中心にしたいと思ったりしている。和音連打の練習にはもってこいの曲??

若干「サボリ」のにおいがしないでもないが、要は「気楽に」「ゆるい気持ちで」取り組んでみようと思っている。結果的にどのくらい仕上がるかはあまり考えずに(目標を設定せずに)やってみるのも、たまにはいいのではないだろうか…?

最低限、好きなフレーズを美しく、トリフォノフのようにとまでは言わないが、少なくとも自分で気持ちいいと思えるくらいに弾くことは「目先の目標」としては持ちたいが、あとは「成り行きまかせ」ということで…(^^;)♪

pia small.png

好きな曲を好きなように弾く(練習する)というのは、アマチュア・ピアノ愛好家の特権かもしれない。

その代わり、ということでもないのだが、ベートーヴェンの方は「自己満足」レベルを超えられるように頑張りたいと思っている。

季節もしだいに「芸術の秋」という雰囲気になりつつあるので、夏の疲れ?をベートーヴェンとシューベルトのソナタで癒すことにするか…。

ピアノの練習は「癒し」にはならない…(^^;)?







近況:ベトソナ3番第2楽章、少し進歩?でも暗譜できない…

いつのまにか10月、ベートーヴェンのソナタ第3番の第2楽章を練習し始めて3週間以上経つ。あと1週間ほどで1ヶ月になる。最近は、仕上げのレベルを少しでも上げたいと思っているので、1曲に1ヶ月以上かかるのは仕方ないだろうとは思っている。…が、ちょっと焦りが出る時期でもある…?

今回、とくに気がかりなのが、なかなか暗譜ができないということ。A 部分はかなり前に暗譜できているのだが、なぜか B 部分(↓)が覚えられない。


BeethSonata3mv2B.png


和音が次々に変わっていくのと、その中で、アルペジオの音の組み合わせや順番が微妙に違うのが理由の一つかもしれない。やはりこの楽章は即興的な性格を持っているのか…な?

それと、私の「暗譜」の仕方が「頭で覚える」に偏っているので(たぶん)、こういう曲は苦手なのかもしれない。もっと「音楽的」に曲を把握するとか、あるいは「指で覚える」努力が必要なのかも…(^^;)?

pia small.png

少し進歩したかもしれないと思うのは、部分的にではあるが「コントロール感」を持って弾けるようになってきたこと。少なくとも、自分自身の感覚としては。

次の音をどう弾くのかを、意識しながら弾けるようになった箇所が増えてきたような気がする。まぁ、これはテンポが遅いから出来ることなのかもしれないが…。

意識があって「コントロール感」があるからといって、必ずしもミスタッチしないとか、意識した通りの音が出せるわけでもないのだが、少なくともうまくいく確率は上がっているのではないだろうか?

ただ、やはり「暗譜」が完全でない箇所についてはこれが出来ないので、当面の一番の課題は「暗譜」ということになる。

pia small.png

ところで、「なんちゃってアナリーゼ」をやったあと、図書館の棚で目についた『ベートーヴェンを “読む”』という本を借りてみた。



実はこの本、図書館にあるのは知っていたのだが、アマゾンのカスタマーレビューで「誤訳・ミスプリントが多い」という評価だったので、一旦は借りる(予約する)のをやめた本なのだ。

でも、なにせ情報が少ないので「藁にもすがる」気持ち?、というか「何かあればラッキー」という気分で目を通した。結果的には、どう弾くか悩んでいたコーダの部分で参考になる話があった。少し抜粋すると…。

「オペラのレスタティーヴォのような短い終結部」

「最高音域から最低音域までの飛躍を伴うソプラノの下降によるモーツァルト的な表現」

「旋律はソプラノからバスまで下降するが、あたかも1人の声で歌われているかのよう」



実は、A 部分についても、「オペラ的な色合いを帯びている」「(各小節の休符は)歌手が短い一つ一つの動機の後でブレスのために歌を止めているかのようだ」「すべての沈黙に感情的なエネルギーが込められている」…というように「オペラの歌」をイメージさせると書いてある。

これを弾きかたにどう反映するのか?…というのは私にとっては難問なので、少なくともそういうイメージを持って弾くことを試してみようと思っている。

そして、第2楽章全体については、

「ベートーヴェンの最もドラマチックな作品の一つであるこのソナタの中でも、素晴らしい創意を示している。彼の独自性は、和声のパターンよりも、ダイナミクスやテクスチャに現れている」

…と書いてある。「ダイナミクスとテクスチャ」か…、少し考えてみるとしよう…。

pia small.png

ちなみに、この本の著者はチャールズ・ローゼンというわりと有名な人で、2014年に『ピアノ・ノート』という本を読んだことがある。

【参考記事】
《「ピアノ・ノート」の読書メモを書いてます》
〈「ピアノ・ノート」読書メモ〉









ベトソナ第3番第2楽章:なんちゃってアナリーゼ?

練習中のベートーヴェンのソナタ第3番第2楽章、そろそろ「なんちゃってアナリーゼ」をやることにした。構成などをもう少し理解したいのと、練習するときに便利なようにブロック分けするためである。

ところが、ネット上に参考になりそうな情報がほとんどない。仕方がないので、図書館からベートーヴェンのピアノソナタに関する本を2冊借りてきた。

『諸井誠のベートーヴェンピアノ・ソナタ研究〈1〉第1番‐第11番』
 (諸井 誠)
『ベートーヴェン ピアノ・ソナタ全作品解説』
 (横原 千史)

ただ、あまり有名でないソナタの、それも一つの楽章なので、情報量はそれほど多くない。諸井さんの本で1ページ半くらい、横原さんの本では11行しかなかった。それでも、いくつか参考になることはあった。

それと、YouTube にアンドラーシュ・シフのレクチャー動画(↓)があったのでこれも参考にした。第2楽章については全体で21分ほどのうち6分半ほど、演奏しながら解説(英語)をしている。

③ ♪ Beethoven Piano Sonata No. 3 in C major, Op. 2, No. 3


形式と構成


形式については、①では「変則ロンド=ソナタ形式」、②では「二部形式、展開部のないソナタ形式」とある。シフ(③)はいくつかの変奏を含む「ABABA」と解説している。

言い方は違うが基本的には同じことを言っているようだ。主題は2つで、下記の A で始まる部分が第1主題(ロンド形式の「ルフラン」)、B に代表される部分が第2主題(ロンド形式の「対句(クープレ)」あるいは「第1エピソード」)である。

A
BeethSonata3mv2.png

B
BeethSonata3mv2B.png


構成:ブロック分け


形式の名称はさておき「ABABA」として考えるとしても、練習する単位としては B の方が長すぎるので、音形の違いを元に細分化することにした。下記の数字は小節番号。→のあとは音形の特徴。

[提示部]
A: 1-10
B: 11-42
 b: 11-18→高音部下行音形
 c: 19-25→高音部ため息音形
 d: 26-36→ベース ff
 c': 37-42→高音部ため息音形
[再現部]
A: 43-54→A+ハ長調ゼクエンツ
B: 55-66
 b': 55-58→bの前半部、高音部なし
 c'': 59-66→高音部ため息音形 una corda
A: 67-76→オクターブ上&変奏
coda: 77-82→Aの回想



2つの主題に関する解説をなんとなくまとめてみると…。

A は「ゆったりとしたポエジーを感じさせる美しい歌」(②)、「短いクエスチョンの繰り返し(主和音→属和音)」(③)。そして、A の最後で主和音に解決するかに見せて、いきなり B のホ短調に移行する。

B は「右手のアルペジオ音形+左手のゆったりとしたバスと高音部の対話」(②)。高音部は下行音形(b)または「ため息音形(③)」(c)。

B 部分についてシフが面白いことを言っている。バッハの平均律、Book 1 の第1番、ハ長調のプレリュード等と似ているという指摘。オルガンによるプレリュードのようだと言うのだ。それと、フォルティッシモのベース音が続く部分(d)はシューベルトの「未完成」交響曲に類似のフレーズがあると指摘している。


その他、解釈の参考


全体に対する解説としていくつか参考になりそうなものを列挙してみる。

  • 展開部(ロンド形式においては第2エピソード)が欠如するなど構造的に不安定感がある。(初期作品の特徴?)

  • Bの再現(ハ長調)直前に ff のゼクエンツ(ハ長調)が2小節挿入されるなど、調性的にも安定しておらず、変奏的あるいは即興的な展開の傾向がある。

  • 最後の A 部分(67-76小節)は、オクターブ上で和声的に薄く、そのあと変奏が続き、明らかに終結的再現のニュアンスを持っている。

  • 主調のハ長調に対し3度調のホ長調は珍しいが、これは、中期以降のソナタ形式で属調の代わりに3度調を使う響きの対比の感覚が先取りされている。

  • 即興で聴衆を沸かせたヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、ベートーヴェンの一面を見るような曲。幻想的かつ抒情的な、自由で陶酔型の浪漫性の種を宿している。


おまけ:「ターンのソナタ」


第3番のピアノソナタは「重音トリルのソナタ」とか「ターンのソナタ」と呼ばれることもあるそうだ。前者は言うまでもなく第1楽章の主題から来ている。後者は、各楽章の主題に「ターン()」の音形が含まれるからだ。

TurnSonata.png

第1楽章の「ホニホヘ」、第2楽章の「♯ト♯ヘ♯トイ」、第3楽章(スケルツォ)の「ト♯ヘトイ」、第4楽章(フィナーレ)の「ハロハニ」がターン音形である。

そのせいかどうか分からないが、第1楽章の冒頭と第2楽章の冒頭がなんとなく似ているような気がしていた。ともに「クエスチョン」的音形でもあるし…。

pia small.png

…ということで、何となく曲全体が把握できそうな気がしてきた。いつも引っかかる場所がどのブロックにあるのかも分かりやすくなったと思う。あとは演奏に反映するだけ…(^^;)?