10分間練習法:ピアノの効率的練習方法?

定年後の趣味のピアノを始めてからずっと「大人向けの効果的な練習方法」みたいなことを考え続けている。例えば2014年の目標(振り返り)はこんな感じ(↓)だった。

《My Piano Life 2014 振り返り4:ピアノ・音楽を考える》

この年は頑張ったみたいで、まとめ記事(↓リンク集)を作ったりしている。

《[まとめ] 大人のための効率的ピアノ練習方法》

ホントに効果があったのか?効率的だったのか?は定かではない。半分は、こういうことを考えること自体を楽しんでいるのかも知れない…(^^;)。

pia small.png

それはさておき、また一つ思いついて、ここ数日試している。なんとなく良さそうなのでしばらくは続けてみようと考えている。

《ベートーヴェン:ソナタ13番、第4楽章追加.!?.》の記事にちらっと書いたのだが、あるとき10分間ピアノを使える時間があったので、難所の練習だけ●●をひたすら繰り返してみた。

これが、思ったより効果があったので、同じことをいつもの練習時間の中でもやってみようと思った次第。

pia small.png

とくに今やっているベートーヴェンのソナタ13番最終楽章は、すべてが難所みたいなものなので、このやり方がぴったりくるのでは?…とも思った。

《ベートーヴェン:ソナタ13番最終楽章アナリーゼ?》の「なんちゃってアナリーゼ」でいうと、提示部と思われる部分は5つのブロック(①〜⑤)からできている。

練習時間は、毎日ほぼ1時間なので10分*6コマ。これを下の図のように割り当てて、10分間の中では「ひたすら繰り返す」をやることにする。まぁ、ある意味、あまり得意ではない「機械的反復練習」に近いのだが、10分間という限られた時間であれば何とかなるだろう、というわけだ。

提示部が何とか弾けるようになったら(かつ「暗譜」できたら)、次の展開部に移る。

ここの①②' はほぼ繰り返しなので、新しいパターンは⑥〜⑨の4つ。なので、下の絵の2番目の表のように時間を割り振る。最初の20分は提示部の通し練習。これを続けて、最後のコーダまで攻略しよう!という作戦だ。

10min.png

pia small.png

この方法は、難所の数が少なければ、ハノン的な練習とか、苦手パターン(例えばジャンプとか装飾音符とか)の克服とかにも使えそうだ。

難所のレベルが高くてもっと練習が必要な場合には、いつもの練習時間以外に、例えば午前中のスキマ時間を利用して、単独の「10分間練習」の時間をとってもいいかと思っている。

定年生活なので「スキマ時間」だらけ…とも言えるが、それはそれで何かと自分なりの時間の使い方があるので…(^^)♪







この記事へのコメント

  • pia

    jjsdg さん、おはようございます ♪

    「ひたすら繰り返す」は私の最も苦手とするものの一つです…(^^;)。

    ですが、10分間なら私でもできるということを発見した?ので、しばらくはこの方法で頑張ってみようと思います。

    ところで「睡眠をとる」と書かれていることに感心しました。

    以前「第2の上達プロセス」( "Post Practice Improvement" )という話を読んで記事にしたことがありますが、練習したことが睡眠中に定着するようなことだったと思います。
    http://think-think.seesaa.net/article/441781472.html

    質のよい睡眠もピアノの上達には必要なのかもしれませんね ♪
    2017年04月29日 08:38
  • jjsdg

    pia 様、おはようございます♪


    「難所の練習だけをひたすら繰り返す」

     共感します。


     つまずく箇所は日によって違うことがありますが、

     そこをゆっくりと丁寧にさらい

     睡眠をとることで

     少しずつ改善されるように感じております。

                        jjsdg



                        
    2017年04月29日 04:58