ようこそ ♪「ぴあのピアノ」へ!


ぴあのピアノロゴ.pngこのブログのご紹介・ご案内です。以前作ったものが古くなったので更新しました。
下手なピアノを練習しながら、ピアノ音楽を楽しんで聴きながら、気ままにいろんなことを書いています。


ちなみに、ブログ名は "Pia's Piano"(Pia=ぴあ はペンネーム)の意味。私の自己紹介(プロフィール)はこちらです。

PC画面の上部には次のようなリンク集があり、「ようこそ」が本記事へのリンクになります。他はまとめページへのリンクです。
ようこそ 来日Pianist 2016 選曲のヒント 練習履歴 ピアノの本棚

また、PC画面では右欄上部、スマホでは上部に次のような枠を置いています。アクセスの多い「難易度別ピアノ曲」記事へのリンクです。
難易度別ピアノ曲 最上級 上級 中級


さて、ブログ内容の説明です。カテゴリは次の9つ。かっこ内の数字は2016年1月6日時点の記事数です。クリックで説明文にとびます。

menu(カテゴリ)



素人の独習(監修?:元音大生のカミさん)ですが、ほぼ毎日約1時間のピアノ練習を続けています。このカテゴリは、基本的にはその記録です。タイトルはほぼ「近況:〜」という形にしてあります。

自分なりに色々と工夫したり苦労したりしたことを書いています。もしかすると、参考になることもあるかも?知れません。

基本テーマは「60の手習いでどこまで弾けるようになるか?」「大人ならではの効果的な練習法ってないだろうか?」ということです。(参考→《実験開始》

ちなみに、これまでに練習した曲とその関連記事は「まとめ記事」(↓)にしてあります。

[ピアノ練習履歴2016]
[ピアノ練習履歴2015]
(2013〜2014年に練習した曲のマップ)

↑menu に戻る↑


「練習の記録」にも、自分なりに工夫した練習方法を書くこともありますが、とくに「練習方法」としてまとめて書いた記事がこのカテゴリになります。

自分なりの練習方法以外に、本やWebで読んで参考になったものなども書いています。

これまでの記事で、私自身気に入っていて今でもときどき参考にしているものは、次のような記事です。

《ピアノ練習のヒント:止まらずに弾く》
 →これは未だにできてない永遠の課題?
《ピアノの基本動作練習:回転(シャンドール ピアノ教本)》
 →『シャンドール ピアノ教本』はなかなかの名著
《和音の弾き方は「素早い移動+垂直打鍵」!》
 →引用したPianist Magazineのレッスン動画はとても役立つ
《ピアノの「脱力」奏法を極めたい!(いくつかのコツ)》
 →これも「永遠の課題」ですね…(^^;)

↑menu に戻る↑


いろんなピアノ曲について、お気に入り曲を探したり、選曲のための調べ物をしたりした結果を記録しています。

自分のための記録でもあるのですが、2015年一年間のアクセスランキングでも、このカテゴリの記事がけっこう上位に来ています。(下記丸付き数字はピアノコンクール関連を除いた順位)

難易度別ピアノ曲(最上級)
難易度別ピアノ曲(上級)
難易度別ピアノ曲(中級程度)
ドビュッシー「アラベスク第1番」をもっと知るために
バッハ「フランス組曲」の基礎知識と各曲難易度

また、選曲のために過去に調べたものは、[ピアノ練習曲:選曲のヒント]にまとめるようにしています。個人的なお気に入りは次の記事。

《ベートーヴェンのピアノ・ソナタ:チェック結果 ♪》
《J.S.バッハ:平均律曲集の難易度(ヘンレ社など)》

↑menu に戻る↑


もともと本を読むのが好きで、ピアノの練習を始めてからも、ピアノや音楽に関する本は手当たり次第(主に図書館の本)読んできました。

面白かったり、あとで役に立ちそうな内容については「読書メモ」を作っています。自分自身が興味を持った箇所だけなので、「(全体の)抜き書き」とか「要約」にはなってません。

また、感想文ではないですが、その本を読みながら考えたことやなるほどと思ったことを、自分なりに文章にしたようなものもあります。

どんな本があるのかは、とりあえず次の記事を見てもらえると分かりやすいと思います。

《2015年:ピアノに関する本、今年のベスト10♪》

この中で一冊あげるとすると、野平一郎さんの『作曲家から見たピアノ進化論』がお薦めです。関連記事を4つ(↓)も書いてます。

《ピアノ進化論1:ピアノに未来はあるか?》
《ピアノ進化論2:未来へ開かれているバッハの音楽》
《ピアノ進化論3:作曲家がつけた演奏記号いろいろ》
《ピアノ進化論4:現代ピアノ奏法》

なお、『ピアノの本棚』に、読んだ本を並べてあります。

↑menu に戻る↑


お気に入りピアニストを探すのが好きなので、YouTubeやTV番組やリサイタルなどで、いろんなピアニストを見つけてはその演奏を聴いています。このカテゴリはその記録です。

2015年は国際ピアノ・コンクールの当たり年だったこともあり、ネット配信で大いにコンクール(での新しいピアニストとの出会い)を楽しみました。最大の収穫はルカ・ドゥバルグ君との遭遇。

また、自分でも海外のピアニスト50人を調べたり、日本人ピアニスト37人を聴いたりして、お気に入りピアニストの探索?を行いました。その結果をまとめたのが次の記事。

《50人のピアニストを聴いて思ったこと》
《日本人ピアニスト37人チェック結果》

以上も含めて、2015年に新たに出会ったピアニストのベスト10(↓)を選んでみました。最近は、何か新しい面白そうなことをやってくれそうな若手に興味があるようです。

《2015年:今年出会ったピアニスト10人♪》

↑menu に戻る↑


ピアノに関するイベント(聴きに行ったリサイタルなど)やニュース(主にネット記事)を取り上げたカテゴリです。2015年はピアノコンクールの記事がちょっと多過ぎたかも知れません…(^^;)。

《チャイコフスキー国際コンクール(ピアノ部門)まとめ》
《リーズ国際ピアノコンクール2015 まとめ》
《ショパン国際ピアノ・コンクール2015 [まとめ]》
《ロン=ティボー国際コンクール2015、日本人ピアニストは10人》
《浜松国際ピアノコンクール 2015 まとめ》

リサイタルは逆に少なくて、次の3つくらい。

《内田光子さんのリサイタル最高でした!♪》
《キット・アームストロングのバッハに感動!》
《ラ・フォル・ジュルネ初日堪能 ♪&マスタークラス予定》

↑menu に戻る↑


ピアノに関してあれこれ考えたことなどを書いています。本当はエッセイのようなものを書きたいのですが、私の文章力ではなかなか…。

ピアノについて、ときおり考えているテーマは次の3つですが、「ピアノ随想」では主に②と③に関連する話題が多いようです。(参考→《My Piano Life 2014 振り返り4:ピアノ・音楽を考える》

 ①大人向けの効果的な練習方法
 ②いい音楽(曲・演奏)とは?
 ③アマチュアの目指すべきいい演奏とは?

最近は、ピアノコンクールを聴いて改めて「いいピアノ演奏とは?」が気になっていたり、そもそも何のためにピアノやってるんだっけ?と思ったり、もっと上達したいんだけど「上達」って何だっけ?と悩んだり、…と勝手気ままなことを書いております。

《いいピアノ演奏の条件?「音楽」を奏でるために…》
《趣味のピアノの楽しみ方3種?》
《ピアノの「上達」3種類?》

↑menu に戻る↑


このカテゴリはピアノとは直接関係ない話題についての記事(雑文)です。のつもりなのですが、振り返ってみるとピアノや音楽のことも含めていろいろ書いてるようです…。

ちなみに、昨日(2016年1月8日)までのカテゴリ名は「閑話休題」でした。が、実はとんでもない勘違いをしていて…。

調べてみると、「閑話休題」とは閑話(むだ話・余談)をやめて話を本題に戻すときの言葉だったのです。これを閑話を始めるときの言葉だと、これまでまったく逆に覚えてしまっていて…お恥ずかしい…(^^;)。

ということで「余談?」に変更しました。正真正銘の「余談」では、食べ物の記事が多いみたいです…。

《ピアノグランデ:浜松国際ピアノコンクール公認スイーツ♪》
《柿ジャム作った!(ピアノと無関係です…)》
《カップヌードルまんじゅう?!》

↑menu に戻る↑


このカテゴリは、いわゆる「まとめ記事」的なものと、「管理台帳」的なものとがあって、共通するのは書いたあとにわりと頻繁に更新するというものです。

例えば、 [ピアノ練習曲:選曲のヒント] には、選曲のために調べ物をした記事をまとめてあります。また、 [ピアノ練習履歴2016] には、練習した曲の履歴を記録するようにしています。

他には《2015年にアクセスの多かった記事ランキング!》のような、あとから整理したような記事もあります。

↑menu に戻る↑




【関連記事】
《「ぴあのピアノ」の歩き方(ご案内)》(旧版)
《自己紹介(プロフィール)》
《ピアノに関する「興味マップ」》
《2016年 My Piano Life の目標 ♪》

【姉妹サイト】
『ぴあの研究ノート』
 →読書メモや考え途中の下書き等ノート代わりのブログです









この記事へのコメント