ピアノの練習、ゆく年くる年♪


今日は大晦日なので、ブログはお休みのつもりだったが、「バッハのアリオーソ」の近況報告もあるので、とりあえず気ままに書いてみようと思う。



「バッハのアリオーソ」、一応昨日で終わりにした。最後まで「暗譜」に苦しんだがなんとかギリギリ覚えて、楽譜なしで通して弾けるようにはなった。ひっかかる箇所は数カ所(まぁ、いつものレベル…)。

「仕上がりレベル」は、ちょっと甘いが「B:自己満足」ということにしておこう、年末だし…?

今回の曲で少し進歩したかも知れないのは、左手の和音伴奏、今までよりは小さい音である程度確実に押さえられるようになったこと。それと、右手のメロディーもある程度は「歌える」に近くなったこと(ホントか?)。

年末大サービスのような気もするが、終わり良ければすべて良し、ということで…(^^;)。



「ゆく年」の振り返りは「ピアノ上達したか?」「ピアノ楽しんだ?」で一応やったが、どんな年だったのかちょっと思い巡らしてみた。

私の中で、前半のトピックスは「バッハのフーガ」が何とか弾けたこと。それまでに挫折を繰り返していただけに、この時の喜びは大きかった。で、しばらくはフーガはいいかな?と思っている…(^^;)。

やるとすれば、ロマン派あたりのフーガ的な曲とか…(具体的に曲のイメージがある訳ではないが…)。

で、そのあとは「初めて弾く作曲家シリーズ」となっていった(なんとなく自然に…)。シューマン、ブラームス、ラフマニノフ、ハイドン、ラウタヴァーラ、ラヴェル。いやぁ〜我ながら頑張った…(^^)♪

それぞれの練習にはそれなりの物語?喜怒哀楽?があったが、もしも知りたい方がおられたら、この [ピアノ練習履歴2016] にまとめてあったりします…。

まぁ、正直いって、そんなに上達した実感はないのだが、少しずつ難しい曲に挑戦できる気力?とか胆力とか?(単なる気合いとか無謀…?)は備わってきたかも…。それで「良し!」としよう ♪

Joya.png

さて「くる年」の練習であるが、昨日《2017年 My Piano Life の目標 ♪》に書いたように、少し難しい曲に挑戦しようなどと考えている。

で、とりあえず1曲目はピアノソナタ(の一つの楽章)と決めている。

これまでに練習したピアノソナタは、モーツァルトのK.545(第1・2楽章)、K.282(第1楽章)とベートーヴェンの第8番(第1・2・3楽章)、第27番(第2楽章)、第25番(第2楽章)くらい。

あと、ハイドンのホ短調 Hob.XVI:34(第1楽章)とスカルラッティのホ長調 K.380も一応やった。



で、考えてみると(考えるまでもなく?)、ピアノソナタをそんなに知っている訳ではない。ベートーヴェンとモーツァルトの有名な曲くらいと、ここ1〜2年で聴き始めたシューベルトの数曲と、あとはコンクールなどでよく聴くショパン、プロコ、リストくらい?

なので、年明けに予定している「選曲期間」はピアノソナタのお勉強から始めるしかなさそうだ。勉強といっても、まずは手当たり次第に聴いてみて、少しでも弾けそう(かつ「いいなぁ」)と思ったら楽譜に当たってみる、ということ…。



あとは、家にある楽譜で試し弾きをしてみるか、と思っている。

ざっと見ると、モーツァルトとベートーヴェンとショパンとシューマンとブラームスは全曲ありそう。あとは、シューベルトは主なソナタを集めた曲集くらい。

ちなみに、今回はスカルラッティとハイドンはちょっと置いておこうと思っている。やや苦手意識があるのと、なにせ曲数が多すぎて選べない…(^^;)。ハイドン62曲、スカルラッティは555曲(↓)?

《スカルラッティのソナタ:難易度別候補》
《難易度別ピアノ曲:スカルラッティ》
《自由研究:ドメニコ・スカルラッティのソナタ (1)》
《自由研究:ドメニコ・スカルラッティのソナタ (2)》



…ということで、とりあえず心穏やかに、そして少しだけワクワクしながら新しい年を迎えられそうである。

では、皆さま、よいお年をお迎え下さい ♪







2017年 My Piano Life の目標 ♪


来年 2017年のピアノの目標を決めた。今年と同じ2項目ではあるが、中身は少し変えてある。

PianoGaol2017.png


ピアノの腕を上げる


これはピアノを続ける限り「永遠の課題」。低水準の話ではあるが…(^^;)♪

その中身は、「弾きたい曲を弾けるレベル」に少しでも近づくために、若干無理した難易度の設定をしたことと、これまで避けてきた?技術練習をやってみようかと思っていること。


1. 難易度20前後の曲

今年(2016年)は「難易度アップ:15→17」を目標にして、大雑把に言えば何とか達成したかと思っている(思いたい?)。(→《2016年の振り返り1:ピアノ上達したか?》

で、来年は「28段階難易度」で「20」前後を目指したいと思う。まぁ、ちょっと(かなり?)無理をしているかも…とは思いつつ…。

これも好きな曲を少しでも弾けるようになるための試練?だと思えば、楽しくチャレンジできるのでは?…なんて、とりあえずは気楽に考えている…(^^)♪

選曲も、ソナタなどを中心に「本格的」な曲に取り組みたいと思っている。たまには「間奏曲」を入れるかも知れないが…。


2. 技術練習

技術(メカニカル)練習は「曲の中でやる」ことを基本方針でやってきたが、難しい曲にチャレンジするにはハノンみたいな練習も必要かも?と思い始めている。

具体的な内容は、1月に考えようを思っているが、シンプルなものにしたい。あとは練習している曲の「課題」を補強するためのものもあるかも知れない。


ピアノ音楽を楽しむ


何かこれまでとは違う体験をしたい、という気持ちもあるのだが、とりあえずは思いつかないので、基本路線はこれまで通り。


1. 新しいピアノ曲探索

これまでは、お気に入りのピアニスト・作曲家・曲探しを何となく別々にやっていた。が、来年は「新しいピアノ曲」探しを中心にしようかと考えている。ピアニストと作曲家はその中で自然に見つかるだろう。

「新しい」は「私が知らなかった」に加えて「現代により近い作曲家の」というニュアンスである。

この秋に、12万枚のCD聴き放題の「NAXOS」の会員(IMSLPの特典)になった(↓)ので、これを最大限に活用したいと思っている。

《IMSLPに入会した:年間$22でCD12万枚聴き放題 ♪》


2. リアルな音楽体験

日常的には、どうしてもネットとかテレビなどを通した音楽体験になってしまうが、やはり生演奏の魅力は大きいので、できるだけ出かけたいと思っている。

コンサートが中心になると思うが、マスタークラスなども機会があれば聴きに行きたい。ピアノ教室の体験レッスンとか、ブランドピアノの試弾とかも…?

「夢」:ソコロフを聴きにヨーロッパに行く。(テロとかが下火になって、リーズナブルな値段のツアーとかあるといいのだが…)


おまけ:シーモアさんみたいな顔になりたい


これは「目標」にはなりにくいので「願望」みたいなものである。

今年出会ったピアニストのなかで、本当に穏やかでいい顔をしているなぁと思った人が2人いる。それが、シーモア・バーンスタインさんとエリザーベト・レオンスカヤさん。

2人とも、とても魅力的な笑顔をしていて、語り口が穏やかで、ピアノに対する姿勢が真摯で、その内容にも説得力がある。

こういう顔になるように年老いていきたい…(^^)♪

Seymour.png



…ということで、いつまで続くかと思って始めた「大人の趣味のピアノ」だが、いよいよ5年目に突入である ♪







2016年の振り返り2:ピアノ楽しんだ?


今年の目標への振り返り第2弾「ピアノ音楽を楽しむ」についてはどうだったか?

《2016年 My Piano Life の目標 ♪》

2016目標.png


「ピアノ音楽を楽しむ」というのを「目標」にするというのもどうかとは思うが、いろんなことを「知る」「学ぶ」「経験する」という、少し努力を必要とすることも含んでいるつもり。



2-1. お気に入りの作曲家・曲

お気に入り作曲家やピアノ曲を探す・増やす、という目標であるが、今年はなぜかご高齢(または逝去)の巨匠3人と出会った。


とくに、7月27日に87歳で亡くなったフィンランドの作曲家、エイノユハニ・ラウタヴァーラ(Einojuhani Rautavaara)は強い印象を残した。書いた記事の多さ(↓)にも表れている。

聴くピアノ曲としてもお気に入りだが、わりと簡単な曲も見つかったのが嬉しかった。

《ラウタヴァーラのピアノ曲、かっこいい!♪》
《好きなピアノ曲は永遠に弾けないのかも…?》
《ラウタヴァーラのピアノ作品》
《ラウタヴァーラ、自らの音楽を語った言葉 ♪》
《次の曲はラウタヴァーラの「村の音楽師」♪》


それから、《2016年:今年出会ったピアニスト》にも書いたが、クルターグ・ジェルジュとフレデリック・ジェフスキー。この二人も、もっと作品を知りたいと思っている作曲家だ。これは来年の楽しみ ♪

《クルターグ・ジェルジュ:ピアノ音楽の玉手箱♪》
《ピアニスト探索:イゴール・レヴィット:バッハとリストがいい♪》



2-2. お気に入りのピアニスト

内容がダブってしまうので、詳しくは《2016年:今年出会ったピアニスト》を…。

今年出会ったピアニストは、ご高齢の方が多くて、なかなかいいのだが「お気に入り」には入れづらいところがある。

「お気に入り」ピアニストの基準を決めている訳ではないが、何となくリサイタルを聴きに行きたい、新しい演奏を YouTube などで聴きたい、これまでにないワクワクするような演奏を聴きたい、といった感じなのだ。

なので、ご高齢で、もう出来上がっているピアニストは「お気に入り」に入れにくい気分なのだ。


まぁ、その中で、リサイタルに行きたいピアニストを挙げてみると、グリゴリー・ソコロフがダントツ1位で、あと(ヴィルサラーゼとかレオンスカヤ)は曲によっては…くらいかな? イゴール・レヴィットは、もう少し熟成?を待ちたい気がする。

そういえば、ダニール・トリフォノフの最近の熟成度はちょっと眼を見張るものがある。そろそろ、リサイタルに行ってもいいかな?と思っている。

《クラシックピアノ2016年の主なニュース》



2-3. 音楽関連アクティビティ

目標を見ると「これまでにやったことのない活動や経験」とか「私の中で『神領域』となっているピアニストはぜひ生演奏を」とか書いているのだが、残念ながら両方とも実現しなかった。


でも、生演奏で言えば、いろんなピアニストに結構楽しませてもらった。

ローラン・カバッソさんの「ディアベッリ」

《カバッソさんの「ディアベッリ変奏曲」圧巻でした♪!》

リュカ・ドゥバルグくんの、ギドン・クレーメルとの共演と日本初リサイタル

《ルカ・ドゥバルグ期待通り&期待以上♪!》
《リュカ・ドゥバルグのリサイタル、凄かった!♪》

エマールさんの「鳥のカタログ」(@ラフォルジュルネ)

《ラフォルジュルネ:エマールさんの「鳥のカタログ」♪》

高橋アキさんの「武満徹ピアノ独奏曲演奏会」

《武満徹×高橋アキのリサイタル ♪》

など、どれも期待通り〜期待以上に楽しめた。



それから、シーモア・バーンスタインさんの映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」と出会えたことも、私の中ではとても貴重な体験になった。

《「シーモアさんと、大人のための人生入門」名曲のような映画 ♪》

生きることとピアノを弾くことの関連などほとんど考えたこともなかった私としては、ピアノを弾くことや音楽を聴くことの質をもっと高めたい・深めたいと思う、いいきっかけになった。

このとき読んだシーモアさんの著書『心で弾くピアノ―音楽による自己発見』も、なかなかいい本だった。




「ピアノ音楽を楽しむ」という目標については、十分「よくできました!」ということなると思う。

「大変よくできました!」になるには、例えば、ブランドピアノの弾き比べを体験するとか(買えればもっといいのだが…(^^;);; )、ヨーロッパの音楽祭でピアノ・リサイタルを聴くとか、が必要になるだろう。が、それは来年以降のお楽しみということで…♪

stump01-006.gif









トリプル-トリプル-トリプル(3-3-3)!!! フィギュアスケートの話です ♪


今日は予定では「2016年の振り返り2」の記事を書くつもりだったが、あまりに衝撃的なニュースを見つけたので…。

ピアノではなくフィギュアスケートの話…(^^;)♪

お気に入りの選手の一人にロシアのメドベージェワがいるのだが、なんと彼女、(たぶん)世界初の「3−3−3」(3S3T3T)つまり3回転ジャンプを続けて3回も跳ぶという大技をやってのけたのだ!!!

しかも「余裕があったからやっちゃった ♪」らしいのだ! これはもう驚嘆するしかない…。



いつもフィギュアスケートをテレビで観戦していて、ロシア女子の強さにはびっくりしている。しかも、次々に新顔が出てくる、しかもみんな若い。

ロシア選手権を放映してくれると面白いのに、と思っていたら、YouTube に出ているらしいというので、これはもう見るしかない。



これ(↓)が「3-3-3」を飛んだフリーの演技の動画。

Evgenia Medvedeva FS 2017 Russian Nationals
Figure333.png


疲れているはずの後半に、しかも「ダブルアクセル-ダブル-ダブル」に続いて「トリプル-トリプル-トリプル」を跳んで、ノーミスで、余裕の笑顔。このスタミナはどこからくるのか?



それにしても、やはりロシアは凄い。1位〜6位までが 200点超え(↓)! しかも、その中に知らない名前も入っている。

1. エフゲーニャ・メドベージェワ :233.57
2. アリーナ・ザギトワ :221.21
3. マリア・ソツコワ :219.90
4. アンナ・ポゴリラヤ :215.62
5. エレーナ・ラジオノワ :209.24
6. スタニスラワ・コンスタンチノワ :200.19


これが、どのくらい凄いかというと…。同じ時期に行われた日本選手権の女子で200点を超えたのは、1位の宮原知子ただ一人。それでも 214.87点なので、ロシア勢の中ではやっと5位…なのだ。

ピョンチャン五輪は、日本にとってなかなか厳しい戦いになりそうだ…。



他の選手の動画もアップされているようなので、あとでゆっくり見てみようと思っている。(期間限定じゃないだろな…?)

詳しくは下記サイトから。主な選手の演技動画へのリンクも貼ってあり、解説なども詳しいのでなかなかいい ♪

「ロシアフィギュアスケート選手権2016-2017(ロシア ナショナル)結果速報」



それにしても、ロシアってピアノも凄いけど、スポーツも凄いなぁ…。教育システムとか育成環境の違いなんだろうか? 伝統? そもそもの体格の違い?

まぁ、楽しませてもらえるのだから、国籍はとりあえずいいとしよう。







2016年の振り返り1:ピアノ上達したか?


今年は、「ピアノの腕を上げる」と「ピアノ音楽を楽しむ」という2つの目標を立てた。まずは「腕を上げる」方の振り返りをしてみたい。

《2016年 My Piano Life の目標 ♪》

2016目標.png


具体的に3つの項目を設定したので、一つずつ「反省」してみる。


1-1. 難易度アップ:15→17

「28段階難易度」で、昨年の実力レベルを「15」くらいだと想定し、2段階アップの「17」を目指すという目標だった。

練習した曲を新しい順に下記にまとめてある。その「練習期間:仕上がりレベル:難易度」を( )の中に示した。

結果の仕上がりレベルを見ると、難易度20と21の2曲が B+、難易度18の2曲が B-、難易度17の2曲が B と B+、難易度16が C-、難易度15が C+。(A=発表会OK?、B=自己満足、C=不満、D=挫折)

難易度が低い方が仕上がりレベルが低いのが気にはなるが、まぁ目標達成と言っていいだろう。


[11] J.S.バッハ:「アリオーソ」
 (12/4~12/30 : B? : ?/28)

[10] ラヴェル:「クープランの墓」から〈メヌエット〉
 (10/23~12/17 : B- : 18/28)

[9] ベートーヴェン:ピアノソナタ第25番 Op.79 第2楽章
 (10/6~10/22 : B : 17?/28)

[8] ラウタヴァーラ:「The Fiddlers(村の音楽師)Op.1」から、第4曲「オルガニスト・サミュエル・ディックストローム」第5曲「悪魔のポルスカ」
 (9/17~10/5 : B- : ?/28)

[7] ハイドン:ピアノソナタ ホ短調 Hob.XVI:34(ウィーン原典版第53番)第1楽章
 (8/17~9/16 : C- : 16/28)

[6] ラフマニノフ:「楽興の時」Op.16 より第5番
 (7/21~8/21 : B+ : 17/28)

[5] ブラームス:「3つの間奏曲」Op.117 より第1番
 (6/2~7/17 : B+ : 21/28)

[4] シューマン:「森の情景」Op.82 より第3、6、1曲
 (4/21~5/30 : C+ : 15/28)

[3] 作曲遊び(ソルフェージュ代用)
 (4/1~4/20)

[2] J.S.バッハ:平均律 Book2 第7番変ホ長調のフーガ(BWV876)
 (2/1~3/31 : B+ : 20/28)

[1] J.S.バッハ:平均律 Book2 第12番ヘ短調のプレリュード(BWV881)
 (1/3~1/31 : B- : 18?/28)



1-2. 楽に弾ける弾き方を習得

ピアノを弾く基本能力を上げるため、「脱力」や「重量を感じる」や「弾きやすい指の形」や「音色」などを気にしながら、全体としては「ラクに弾く」ことを意識しようと心がけた。

難しい曲に挑戦しながらそれをやるのは結構しんどい、のではあるが…。

参考にしたのは、以前読んだ『からだで変わるピアノ』という本。

習得できたか?というと、出来てないのだが、部分的には(曲の中で)何となくできるようになった気もする。以前よりは…。

まぁ、進歩したということでよしとするか…♪



1-3. レパートリー曲を1曲!

これはかなり早い時期に挫折してしまった。完全敗北である。

楽譜を見ないで弾けるようになる「暗譜」は比較的得意なのだが…(例外もある…今やってる「バッハのアリオーソ」が例外の典型)、なぜかレパートリー化はうまくいかなかった。

つまり、短期記憶はできるけど、長期記憶ができないということ、なのだと思う。未だにその原因が分からないので、今のところ手の施しようがない。来年、その原因と対策を考えてみようとは思っているのだが…。




…全体としては、ある程度難易度の高い曲も弾ける?、少なくとも練習はできるレベルにはなってきた。

内容的には、バッハのフーガがとりあえず1曲は何とか弾けたこと、苦手意識のあったシューマンやブラームスも何とかなったこと、難しいと思っていたラフマニノフやラヴェルにも挑戦できたこと、などそれなりの「自己満足」感があった。

なので、「腕を上げる」目標については「よくできました!」ということにしておこう…(^^)♪

stump01-006.gif