リュカ・ドゥバルグのリサイタル、チケット購入 ♪


最近、コンサート情報のチェックをサボっていたら、突然「チケットぴあ」から「リュカ・ドゥバルグ(p) プリセールのお知らせ」が届いた。

ルカくん(どうも「リュカくん」だと語呂が悪い…)、今年はもう日本に来ないと思っていたので、まさに「青天の霹靂」「えっ!来るの?」という感じ。しかも、ソロ・リサイタル。

で、曲目は?と見ると、ピアノ・ソナタ4曲(モーツァルト、シューベルト、シマノフスキ、プロコフィエフ)。これは聴きに行くしかないだろうと、即購入した!


20161201Debargue.jpg


リュカ・ドゥバルグ ピアノ・リサイタル
2016年12月1日(木) 19:00
浜離宮朝日ホール

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K310
シューベルト:ピアノ・ソナタ 第14番 イ短調 Op.143 D784
シマノフスキ:ピアノ・ソナタ 第2番 イ長調 Op.21
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調 Op.28「古いノートから」




リュカ・ドゥバルグは、2015年のチャイコフスキー国際コンクールで4位入賞した。しかし、本当は1位なのでは?などといったコメントが審査員の中からも出て、ちょっとした騒ぎになった。で、それもあって、モスクワ音楽批評家協会賞というものを受賞している。

私は、このときの第2ラウンドで、メトネルとラヴェルを聴いて以来の大ファンである。まさに「音楽が聴こえてくる演奏」をする。


【参考記事】
《ルカ・ドゥバルグは根っからのアーティスト》
《応援したい!ルカ・ドゥバルグの音楽の方向性 ♪》
《ルカ・ドゥバルグへのインタビュー記事(2015/7/23)》



今年の6月7日、ギドン・クレーメルとの共演で初来日した。このときの演奏もよかった(↓)のだが、ソロがラヴェルの「ガスパール」1曲だけだったのが、ちょっと心残りであった。


【参考記事】
《ルカ・ドゥバルグ、ついに来日♪!》
《ルカ・ドゥバルグ期待通り&期待以上♪!》



なので、12月のソロ・リサイタルは「待ってました!」という感じである…(^◇^)♪。

…なのだが、一方ではすこし心配もしている。

そもそも十分に修行・経験を積んだピアニストではないので、コンサートやリサイタルよりも、もっと時間をかけて修行を積んで、レパートリーも増やして欲しいとも思う。

音楽事務所やCDレーベルが彼を消耗させないことを祈っている。個人的な期待としては、間違いなく大物に育つピアニスト・音楽家だと思っているので…。







暗譜力を上げる「精緻化リハーサル」!♪


《ピアノ曲の暗譜に関する10のテクニック ♪》の記事を書いたときに、ちょっとややこしいので説明を省いたことがある。それは、記憶の仕組みと、それを利用した記憶法の話である。

ピアノの暗譜にも応用できそうなので、ご紹介しておく。


記憶の仕組みとは


記憶の仕組みの考え方にはいくつかあるが、ここでは「短期記憶ー中期記憶ー長期記憶」という3階層の記憶場所があるとしている。

「短期記憶」はワーキングメモリとも言われるように、作業用のメモリであり、通常その記憶は1分以内に消えてしまう。また、一度に7項目程度しか覚えられないので、「かたまり」(チャンク)として覚えることが重要になる。

「中期記憶」は「長期記憶」にしまわれる前の一時的な貯蔵庫である。記憶の継続期間は1時間〜1カ月ほど。

「長期記憶」に入れられた記憶は数時間から一生涯の期間、保たれる。



記憶(情報)は短期記憶に一旦入り、そこで「覚えた」状態になったものは中期記憶に保存される。さらに、長期記憶に入れられるかどうかは、その情報に対する興味や理解度、あるいは覚えようとする努力(「リハーサル」と呼ぶ、図では「R」)によって決まる。

ピアノで「暗譜」するというのは、中期記憶ないし長期記憶にその曲の情報が入り、いつでも取り出せる状態だと思われる。


memory.png


記憶を確かなものにする


記憶を確かな(いつでも思い出せる)ものにするというのは、情報を「短期→中期→長期」と移していくことと考えることができる。

そのためには、その情報に興味があり、自分なりに理解していることが前提となるが、それに加えて「リハーサル」と呼ばれる「覚える努力」が重要な役割を果たす。



リハーサルには「維持リハーサル」と「精緻化リハーサル」がある。

「維持リハーサル」とは単純に繰り返すこと。ピアノで言えば、単純に何度も弾くことに当たる。

「精緻化リハーサル」とは、意味を深く理解したり、関連情報と結びつけたり、利用シーンを想定したりと、周辺・関連情報によって記憶を強化し、その情報をより深く理解することだ。

ピアノで言えば、そのフレーズの造り(音楽語法など)や曲の中での位置付け(例えば「第2主題の転調された再現部」とか)を理解したり、音楽が表現するものをイメージしたり、といったことが考えられる。

したがって、「暗譜」の強化のためには、この「精緻化リハーサル」のやり方を見つけることが重要になってくるだろう。


暗譜における精緻化リハーサルとは


ピアノ曲の暗譜のための「精緻化リハーサル」を考えてみる。おおまかには次の3種類くらいがありそうだ。

また、暗譜には「視覚、聴覚、運動感覚、頭脳/分析」という4つの感覚・能力を使っているので、それを組み合わせることも意識した方が効果があがると思われる。


①反復練習における工夫

・強弱、アーティキュレーション等を変化させる
・指使いを意識する
・自分の指の感覚を意識する(運動感覚)
・大事な「拍」の和音を意識する
・チャンク(まとまり)やパターンを意識する
・意識できるくらいゆっくり弾く

②理解を深めるための分析や練習(頭脳/分析)

・楽曲分析(曲の構成、時代、様式など)
・音楽の流れを感じとる(序、山谷、遷移、終結、…)
・伴奏、声部(和声)など縦の構造を意識する
・どう弾きたいか音楽のイメージを考える

③関連情報を増やす

・楽譜をよく読む(視覚)
・聴きながら楽譜を見る(聴覚+視覚)




…と書きながら、ひとつ重大なことに気がついた。私のこれまでの「暗譜」は「中期記憶」までにしか入っていなかった!ということに…。

これまでに「レパートリー化」、つまりいつでも楽譜なしで弾ける曲をいくつか持ちたい、という願望をもち、今年も最低1曲を目標として頑張ってみたのだが…。すでに挫折している…(^^;)。

プロのピアニストは「長期記憶」に何曲ものレパートリーが入っているんだろうな〜。中期記憶から長期記憶に移すための方法も考えたいが、今のところまったく思いつかない…。


【参考:「暗譜」関連記事】

13/11/23《暗譜力?》
14/04/10《【ピアノ練習】暗譜力を鍛えるには?》
15/05/26《ピアノ曲を暗譜するとはどういうことか?》
16/02/10《効果的ピアノ練習方法発見!か?:反復練習のやり方》







近況:ハイドンのソナタの練習方法(作戦)


ハイドンのピアノソナタ(Hob.XVI:34)の第1楽章の練習を始めて10日ほど過ぎているが、進み方は今ひとつ芳しくない。

苦手なパターン(速いテンポとスタッカート)なので、ある程度は予想していたことだが、予想外のところでひっかかっている。



一つには、右手の2声の部分が意外に難しい。3度とか6度なのだが、素直な指使いではうまくいかず、しかもレガート、しかも(最終的には)Presto というテンポ…。指使いを決めるのに苦戦中。

とくに、第2主題(↓)は最初から「難所」認定である…(``)。

HaydnNan1.png


ラフマニノフの「楽興の時」で、素直な3度はある程度練習したので、今回はその続きの応用編?と思って頑張るしかない。ちなみに、このとき考えた指の体操(↓)はまだうまくできてないので継続している…。

《ピアノ3度の練習・指の体操》



もう一つは、似て非なるパターン変化がけっこう多い。しかも速い箇所(16分音符のところ)で…。

例えば、

16th.1.png とか、

16th.2.png とか、

16th.3.png とか…。

これを一つ一つ指に覚えさせていくのは結構きつい。



で、少し練習の手順を考え始めた。

まず第一にテンポの設定。お手本のいくつかの演奏を聴くと、比較的遅めの演奏で、6/8拍子なので、付点四分音符で「♩.=85」くらい。

なので、最終目標はそれに近づけたいが、当面の目標をその約60%の「♩.=50」とすることにした。メトロノーム設定は「♪=150」としたほうが分かりやすそうだ。そうすると、最終目標は「♪=255」?



スタッカートについては、難しいところは最初はレガート気味で練習して、音と指使いを覚えようと思っている。

ただ、簡単なところと、旋律の中で出てくるスタッカートは最初からその通りに弾くつもり。



それから、問題の「似て非なるパターン」であるが、大雑把に数えてみると、11パターンほどある。これは一つ一つ部分練習で「攻略」していくしかない。ここが、当面の練習の中心になりそう。



あとは、先のことを考えて、少しでも速いテンポに慣れる練習もしたいと思っているが、とりあえずは片手で速く弾く練習をときどきやってみようと思っている。

速く弾いてみると、一度決めた指使いがしっくりこなくて指使いを変えることもあるので、最初から速く弾く練習はやっておいた方がよさそうである。

なんとなく、前途多難…(^^;)?







ピアノ曲の暗譜に関する10のテクニック ♪


一昨日ご紹介した「ピアノ道」のサイトをパラパラ見ていたら、

"10 Important Memory Tricks for Pianists"
(ピアニストのための10の重要な記憶法)

…という記事を発見した。

暗譜の方法かな?と思って読んでみたのだが、もう少し広い意味で、例えば、ピアノを弾いているときに暗譜が「トンでしまう」ことを防止する、といったことも考慮してるようだ。

できるだけ多くの方法を使って記憶を強化しましょう、という考え方らしい。軽くご紹介すると…。



1. かたまり("chunk")で覚えよう
Learn in chunks of small passages

これはよく言われること。音符1個1個を覚えていたら大変だ。そもそも覚えられない! なので、意味のあるかたまり、まとまりとして覚えましょう、ということ。

覚える単位は、半小節〜8小節くらいと書かれているが、8小節はとても無理…。上級者はできるんだろうな〜。

私の場合、伴奏部分だけとか、一つのパターンを覚えて、それが3度ずつ上がっていくとか、そういう覚え方もしているようだ。


2. 指使いを意識する、いつも同じ指使いで
Think actively about the fingering, and apply it every time

初めて指使いを考えるときに、その「神経回路」ができる。おなじ指使いを繰り返すことで、その回路が強化される。なので、指使いを常に意識して、同じ指使いを繰り返しましょう、ということ。

まぁ、その通りなのだろうが、私の場合、なかなか一度で指使いが確定しないことが多い。その部分だけ考えて一旦決めても、全体を弾き始めるとなんか違和感があって変えることもしばしばである。


3. メロディーに歌詞をつけて弾きながら歌う?
Give the melody some words and sing along

これは、個人的には、やりたくないし、お勧めできない。

記憶法としては、確かに「聴覚」は記憶を強化する。英単語や年号を覚えるときに、声に出して暗記した経験はどなたもお持ちだろう。

が、下手な歌詞をつけると、そもそも音楽のイメージが壊れてしまう。しかも、それで内声部や伴奏を覚えられる気がしない。


4. リズム・強弱・アーティキュレーションを変えて練習?
Change the rhythm, dynamics or articulation of a section

これは、スケールの練習で、指使いを定着させるための話をしているようだ。なので、普通の曲を暗譜する方法としてはあまり使えない。

曲の中の部分練習には使えるかも知れないが、私の場合、暗譜のためというより「ラクにいい音が出せる弾き方」を探る場合に、指使いと同時にアーティキュレーションも考える、という使い方。記憶の強化にもつながるとは思うが…。


5. 弾きながら音名やカウントを声に出す?
Say the note names or count out loud as you play

これも、上の3番の項目と同じで、あまり使えないと思う。

ただ、離れた音(超低音・超高音)、例えばベースの音が "8va" とか使わずに書いてあるときは、楽譜にも「ド」とか書き込むし、弾く時も心の中で「ド」と意識している。


6. 楽譜を読む
Step away from the piano and study the score by itself

ピアノを弾いていないときでも、楽譜を読むことで暗譜が確かなものになる、という話である。

曲を理解するためにも楽譜をよく読むことは必要だが、私のような素人にはそう簡単にできるものではない。私のおススメは楽譜を見ながらプロの演奏を聴くこと。いろんな発見がある。


7. 寝る前に練習する(ことをイメージする)
Practice (or envisage yourself playing the piece) just before you go to sleep

睡眠は記憶を強化するらしいという経験則?に基づいた方法。寝る前にピアノを練習するとよく覚えられる、と書いてある。

練習することをイメージしたり、楽譜を読んだり、曲を聴いたりしてもいいらしい。…が、受験生のための「暗記」とピアノを弾くための「暗譜」は微妙に違うような気がするが…?


8. 五線紙に曲を書いてみる?
Write out the music on manuscript paper

楽譜を見て写譜する、あるいは見ないで五線紙に書いてみる方法。個人的には、とてもここまでやる気がしない。勉強にはなるのかも…。


9. 楽譜を使ってジグソーパズル?
Photocopy the piece, cut it up and glue it back together in the right order

ここまでくると、だんだんこの記事自体の信憑性が怪しくなってくる。

上の「五線紙に書く」のが面倒なら、楽譜をコピーしてバラバラに切って、元に戻す方法もある。…と書いてあるのだが、こんな感じ(↓)か? ご興味があればどうぞお試しを……(^^;)。


HaydnJigsaw.png



10. とても速く・とても遅く弾く
Play the piece super fast and super slow

これは、私自身もときどきやっている。ただし「少し速く・少し遅く」であるが…。

速く弾くのは、暗譜が不確かなところや、十分に弾けていない箇所を確認するため。遅く弾くのは、弾くときに注意すべきことを十分に意識しながら弾いて、「弾き方」を確実にするためである。

以前「ピアノでのインターバル・トレーニング」を考案したことがあるが、遅く・速く・普通を組み合わせるのは、練習方法としてもいいのではないかと思う。



以上、ご紹介しながら少し反省もしている。よく中身を吟味してから記事にすればよかった…と。10個にするため無理やりひねり出したようなのも混じっている気がする(ジグソーとか…)。



この中で、自分が使っていること(暗譜のためだけではないが…)を、少し内容を修正して整理してみると…。

①まとめて覚える(パターンを意識)
②決まったあとはいつも同じ指使いで
③速く弾く・遅く弾く
④楽譜をよく見る(演奏を聴きながら)

これに、第4項(リズムや強弱を変えて…)のところでちょっと触れた方法、難所などの練習で効果があった方法(↓)を追加したい。

⑤音楽のイメージや出したい音色を探る部分練習



このとき、考えていることを改めて整理してみると、

・ラクに弾ける指使いや手首などの角度
・ラクに弾くための鍵盤を押す位置(奥行きなど)
・タッチによる音色の違い
・強弱・緩急・メリハリをどうつけるか
・鍵盤を離すタイミング、力の抜き方

など、「ラクに」「いい音」の2つを意識しながら、自分に一番あった弾き方を探るのである。これが、結果的には「暗譜」の確かさにもつながっているような気がする。

【参考記事】

《近況:ブラームスの間奏曲、きれいな音色を求めて部分練習》
《近況:ピアノ、少し上達したかも…♪?》



最後に、これまで「暗譜」について書いた記事をご紹介しておく。

《暗譜力?》
《【ピアノ練習】暗譜力を鍛えるには?》
《ピアノ曲を暗譜するとはどういうことか?》
《効果的ピアノ練習方法発見!か?:反復練習のやり方》







ねもねも舎主催公演第2弾は武満徹×高橋アキ!♪


ねもねも舎主催公演の第2弾がやっと発表された。

「公開致します、主催公演のお知らせ、武満徹×高橋アキ(上)」


なんと「武満徹×高橋アキ」!♪

前回のカバッソさんのこともあるので、日本人にはあまり知られてないヨーロッパのピアニストかな?と勝手に想像していたので、ちょっと意表をつかれた。

…が、今年が武満徹の没後20年で、ほぼすべてのピアノ独奏作品を揃えて、それを高橋アキさんが弾いて、しかも池辺晋一郎さんとのトークもある。…と読んでいくうちに、なるほど!さすがねもねも舎!という気になってきた。目の付け所が…♪



takemitsu_setagaya_omote_s.jpg


会場:世田谷美術館 講堂
日付:2016年12月18日(日)
開場:13時30分 開演:14時00分
出演:高橋アキ(ピアノ)、池辺晋一郎(トークゲスト)
料金:全席自由 4,300円
9月4日(日)午前10時発売!



「演奏曲目」(↓)を見ると、武満徹のピアノ作品というのはそれほど多くない、というのが意外であった。いくつかの曲は聴いたことがあるはずだが、タイトルを知っているだけの曲もあるかもしれない。

以前《【現代ピアノ曲】日本人作曲家》に曲を集めていたときは、「こどものためのピアノ小品」と「ロマンス」が気に入ったようだ。


リタニ ― マイケル・ヴァイナーの追憶に ― [1950/1989]
遮られない休息 [1952/1959]
こどものためのピアノ小品[1978]
ロマンス [1948-1949]
ピアノディスタンス [1961]
フォー・アウェイ [1973]
閉じた眼 ― 瀧口修造の追憶に ― [1979]
雨の樹素描 [1982]
閉じた眼II [1989]
雨の樹素描II ― オリヴィエ・メシアンの追憶に ― [1992]
ピアニストのためのコロナ [1962]




高橋アキさんは、一度はナマで聴いてみたいと思っていたピアニストの一人である。

たまたま、先月『パルランド 私のピアノ人生』という本を読んだばかりなので、なんとなく親近感が増していたところだ。

面白かったので、3つも記事(↓)を書いている…(^^;)。

《一つのピアノの音にすべてを込める…》
《ワクワク感のあるピアノ音楽(=同時代の音楽?)を聴きたい》
《ピアノにしか作れない音楽 ♪という可能性?》



この本の中に、武満徹さんもちょっと登場する。この読書メモのところに、つぎのような会話が出てくる。


武満(徹):最初の音楽的なことやマテリアルについては、ある程度は五線譜の上で考えますよ。けれども、その後はヴァイオリンならヴァイオリンの響きでもって考えたいし、それが遠くから聞こえるとか、近くで聞こえるとか、そういうふうに考えていくんですよ。

高橋:あっ、それは演奏する方としても感じます。遠近の感覚や、触覚で触っていくような感じが、最初はわからなくても、弾いていくうちにだんだんと見えてくるんです。それが武満さんの音楽の独特さに思えます。



短い会話だが、武満徹の音楽の秘密といったものが、とても音楽的?に語られていて、印象深かった部分だ。

こんな雰囲気の感じられる演奏が聴けると嬉しいと思う。


…ということで、これはもう聴きに行くしかないだろう…(^^)♪