2018年に第1回ショパンコンクール開催!但しピリオド楽器 ♪

「もうひとつのショパンコンクール」という、調律師の闘いのドキュメンタリー番組があったが、ショパン・インスティチュートはなんと!本当に「もうひとつのショパンコンクール」を始めるようだ。

その名も "International Chopin Competition on period instruments"(ピリオド楽器による国際ショパンコンクール)。

2018年がポーランド独立100周年に当たるので、それを記念してのコンクールのようだ。(でも、そのあとも続けるらしい)

ChopinPeriod1.png

出場者には、ショパン・インスティチュートが持っている「ピリオド楽器」などが貸し出されるようだ。

例えば、"Institute's collection"の Erards(1838, 1849, 1855)、Pleyels(1848, 1854)、Broadwood(1843)やそのコピー楽器、ワルシャワの "Chopin's Buchholtz piano" のコピー楽器など。(詳しくはこちら

素人として、すぐに疑問に思うのは、どういう人(ピアニスト)が参加者になるのだろうか?ということ。普通のピアニスト?それとも「古楽器奏者」?

普通のピアニスト(現代ピアノを弾いている)だとすると、コンクール期間中だけ「ピリオド楽器」を弾くだけで十分なのだろうか? 古楽器奏者だとしても、日頃弾いている楽器と貸し出される楽器とではずいぶん違うのではないだろうか?

pia small.png

もともと "Chopin and his Europe" というフェスティバル(参考《夏の疲れ?+「ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭」》)では、ピリオド楽器での演奏なども行なっていて、"the Orchestra of the Eighteenth Century" という古楽器オーケストラ(このコンクールにも登場)も度々そこに出演しているらしい…。

…で、すでに具体的な案内が出ているので、公式サイトから主な情報を拾ってみると…。


✳️スケジュール(2018年)
5/1:応募締め切り→事前審査
 ※年齢:18歳〜34歳
6/30:30人の参加者発表

9/2-9/3:開会コンサート
9/4-9/6:第1ステージ(ソロ):30人
9/8-9/10:第2ステージ(ソロ):15人
9/12-9/13:ファイナル(オーケストラと):6人
9/14:Winners' concert

✳️レパートリーRulesから)

第1ステージ

①バッハの平均律クラヴィーア曲集から1曲(プレリュード&フーガ)
②ショパンの初期ポロネーズ(下記)から1曲
(in A flat major, Op. posth; in G sharp minor, Op. posth; in B flat minor, Op. posth; in D minor, Op. 71 No. 1; in B flat major Op. 71 No. 2; in F minor Op. 71 No. 3)
③以下のポロネーズから1曲
 Karol Kurpiński – Polonaise in D minor, Polonaise in G minor
 Józef Elsner – Polonaise in B major, Polonaise in E flat major
 Michał Kleofas Ogiński – Polonaise in A minor “Farewell to Homeland”, Polonaise in D minor
 Maria Szymanowska – Polonaise in F minor
④ショパンのエチュード(Op.10 or Op.25)から1曲
 (Op.10-3, Op.10-6, Op.25-7 を除く)
⑤以下のショパン作品から1曲
 バラード Op.23、Op.38、Op.47、Op.52
 バルカローレ Op.60

第2ステージ:ショパン作品(50〜60分)

①以下の作品番号のマズルカ(フルセット)から
 Op. 17, 24, 30, 33, 41, 50, 56, 59
②以下のポロネーズから1曲
 Andante Spianato and Polonaise Op.22
 ポロネーズ Op.44、Op.53、Op.26
③ソナタOp.4、Op.35、Op.58 から1曲

ファイナル

①ショパンのピアノ協奏曲(Op.11またはOp.21)
または
②下記から2曲
・Variations in B flat major on La ci darem la mano from Mozart’s opera Don Giovanni, Op.2
・Fantasy in A major on Polish Airs, Op.13
・Rondo à la krakowiak in F major, Op.14

✳️審査員

Claire Chevallier
Nikolai Demidenko
Nelson Goerner
Tobias Koch
Alexei Lubimov
Janusz Olejniczak
Ewa Pobłocka
Andreas Staier
Wojciech Świtała
Dang Thai Son

✳️賞金

First prize - 15 000 €
Second prize - 10 000 €
Third prize - 5000 €

pia small.png

まぁ、どんなコンクールになるのかよく分からないが、ネット配信などは2015年のショパンコンクール(元祖?)と同じように行われるらしいので、楽しめる…かもしれない…(^^)?







エマニュエル・アックス:ベートーヴェンのピアノ協奏曲に感動♪

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(RCO: Royal Concertgebouw Orchestra)のビデオサイトが無料になったというニュース(↓)を見て、ついでに聴いてみた、エマニュエル・アックスの弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番がとても良かった ♪ という話。

✏️Concertgebouw goes free as video policy fails
✏️The Royal Concertgebouw Orchestra’s unique video platform
 (RCOの6月23日付リリース文)

EmanuelAx.png

エマニュエル・アックス(Emanuel Ax、ポーランド、1949年〜)は以前から知っているピアニストで、やや地味な印象があったのだが、このベートーヴェンを聴いてかなりお気に入り度がアップした。(プロフィールはこちら

pia small.png

そもそもは、RCOのビデオサイトがどんな感じ(ビデオの品質など)かな?と思って、ちょっとだけ聴いてみるつもりだった。


ところが、最初に見つけたエマニュエル・アックスが弾くベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を聴き始めると、それが素晴らしくて、つい最後まで聴いてしまったのだった…(^^)♪

音楽的にとても豊かな演奏というのか、これぞ「音楽」という感じ。オーケストラとの息もピッタリ。ロイヤル・コンセルトヘボウのオーケストラの響きもなかなか良かった。

とりわけ素晴らしかったのが多彩で表現力豊かなピアノの音。場面に応じてそのフレーズにあったタッチを縦横無尽に繰り出す。それが音として美しいだけでなく、音楽の語り方としてとても魅力的な説得力を持っている。

オーケストラとピアノのバランスも非常に洗練されている。オケとピアノが一緒になる合奏部分もあり、ピアノが主張する部分もあり、そのメリハリが気持ち良い。

管楽器とのかけあい、ソロ部分の存在感(カデンツァの迫力はすごかった)、ソロからオーケストラが入るあるいはオーケストラの伴奏にピアノが滑り込むところ、どれ一つ取っても完璧なアンサンブルである。上質な室内楽がそのままスケールアップしたような感じ…♪


最近、コンチェルトというとピアノコンクールのファイナルぐらいしか聴いていなかったので、久しぶりに本物のコンチェルトを聴かせてもらったという感じだ。(コンクールも「コンクール弾き」ではない、こういう味のある演奏を評価した方がいいと思うのだが…)

pia small.png

ところで、「RCOビデオ」であるが、映像はあまりよくないが、音はパソコン+イヤホンで聴くには十分だと思う。通信能力がやや弱いのか、演奏が始まるまでに少し時間がかかるのは難点だが、演奏が始まってからはとくに問題はなかった。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のサイトなので、オーケストラ作品が多いのは仕方ないだろう。ピアノ協奏曲を検索してみると、6つくらいしか見つからなかった。それでも、どれも一度は聴いてみようと思えるラインナップ(↓)だ。

・ベートーヴェン第1番(ラルス・フォークト、2014年3月)
・ベートーヴェン第2番(クリスティアン・ベザイデンホウト、2012年12月)
・ベートーヴェン第3番(エマニュエル・アックス、2013年9月)
・ショスタコーヴィッチ第1番(ユジャ・ワン、2014年9月)
・ラフマニノフ第3番(アレクサンダー・ガヴリリュク、2013年3月)
・バルトーク第3番(イェフィム・ブロンフマン、2013年8月)

pia small.png

N響なんかも、こういうサービスをやってくれたら…と思うのだが…。







キーシンのグラモフォン移籍第1弾が8月にリリース♪「ピアノ・マスターズ・シリーズ」のトップ!

つい最近、電撃的にグラモフォンへ移籍したエフゲニー・キーシンだが、その移籍第1弾のCDリリースが発表された。

タイトルは『ベートーヴェン・リサイタル ~《月光》《熱情》《告別》他』となっていて、ベートーヴェンの5つのピアノソナタなどの2枚組。2006年〜2016年の演奏だ(↓)。

ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 作品2の3(ソウル2006年)
創作主題による32の変奏曲 ハ短調 WoO.80(モンペリエ2007年)
ピアノ・ソナタ 第26番 変ホ長調 作品81a《告別》(ウィーン2006年)
ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2《月光》(ニューヨーク2012年)
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57《熱情》(アムステルダム2016年)
ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111(ヴェルビエ2013年)


8月30日発売で、Amazon では「予約受付中」となっている。まだCDのジャケットは公表されてないようなので、とりあえずお遊びで画像を作ってみた。(ユニバーサル・ミュージックさん、すみません。正式のものが公表されたら入れ替えますので…)

KissinNewCD.png

pia small.png

このCD、実は2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンが、その記念として企画している「ピアノ・マスターズ・シリーズ」("PIANO MASTERS")の第1弾でもある。

logo-piano-masters.jpg

なかなか魅力的なシリーズで、8月から毎月出ることになっていて、キーシンを入れて4つが年内にリリースされる予定。豪華メンバーだ(↓)。


9月:クリスチャン・ツィメルマン
『シューベルト: ピアノ・ソナタ 第20番・第21番』
ソロのフル・アルバムとしてはドビュッシー前奏曲集以来23年振りのリリース。2015年末〜翌1月の日本ツアーでの録音(新潟県柏崎市)。

10月:ダニール・トリフォノフ
『ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番』
プレトニョフ指揮マーラー室内管。

11月:チョ・ソンジン
『ドビュッシー:映像、ベルガマスク組曲』
ドビュッシー弾きとして名高いベロフ直伝(チョ・ソンジンは2012年からパリ音楽院でミシェル・ベロフに師事)のドビュッシー。

pia small.png

ちなみに、「2018年1月以降も超一流ピアニストの最新録音が続々発売予定!」と書いてあるので、12月はお休み?をして、来年のアニバーサリー・イヤーにもどっさりお楽しみが用意してあるのだろう。楽しみだ…(^^)♪

グラモフォンのピアニストは有名人がたくさんいそうだが、例えばこのページ(Gramophone Hall of Fame)には、以下のようなピアニスト名が列挙されている。

Leif Ove ANDSNES ★ Martha ARGERICH ★ Claudio ARRAU ★ Vladimir ASHKENAZY ★ Alfred BRENDEL ★ Emil GILELS ★ Glenn GOULD ★ Friedrich GULDA ★ Marc-André HAMELIN ★ Angela HEWITT ★ Vladimir HOROWITZ ★ Stephen HOUGH ★ Wilhelm KEMPFF ★ Evgeny KISSIN ★ Gustav LEONHARDT ★ LANG LANG ★ Dinu LIPATTI ★ Radu LUPU ★ Arturo Benedetti MICHELANGELI ★ Murray PERAHIA ★ Maurizio POLLINI ★ Sergey RACHMANINOV ★ Sviatoslav RICHTER ★ Arthur RUBINSTEIN ★ András SCHIFF ★ Artur SCHNABEL ★ Grigory SOKOLOV ★ Mitsuko UCHIDA

個人的な希望としては、アルゲリッチ、ソコロフ、マルカンドレ・アムラン、内田光子、シフあたりがいいと思う。グールド、ラフマニノフなんかも興味深いかも…。アシュケナージ、ブレンデル、ホロヴィッツ、…と言い出したらキリがなさそうだけど…(^^)♪

【関連記事】
《アルセニー・タラセビッチ・ニコラエフ、Deccaと契約 ♪》
《クラシックピアノ2016年の主なニュース》
 (トリフォノフ、グラモフォンの「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞)







幻となったアルゲリッチのオーストラリア・デビュー

去年の8月にこんな記事(↓)を書いて、アルゲリッチが初めてオーストラリアで演奏することにびっくりしたのだが、そのオーストラリア・デビューは幻となったようだ。

《アルゲリッチがデビュー!?初めてのオーストラリア ♪》

sso2017-a-feat-2017_concerts_26.jpg


✏️Sydney Symphony Orchestra Announces Yuja Wang to Replace Pianist Martha Argerich

上記の記事にあるアルゲリッチの "Dear Sydney public, " で始まる手紙によると、理由は「体調不良と身体の痛み」で、とてもオーストラリアまで移動してピアノを弾けるような状態ではないということ(↓)。

"I am unable to travel and play in this moment, feel very weak, exhausted and having physical pains that worry me, please excuse me! "

75歳という高齢だけに心配な文面だ("feel very weak, exhausted")。

元ダンナであるシャルル・デュトワのシドニー交響楽団デビュー40周年というコンサートであっただけに、本来なら何としても出たかったのではないだろうか。

代理はユジャ・ワンで、曲目の変更はなく、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番を弾くことになっている。(6月29日〜7月1日)







ピアノを止まらずに弾くコツ「一ではないところからやり直す」?

図書館の新着リストで、なんとなく気になった『介護するからだ』という本を読んだ。ピアノや音楽と関係ない本を読むのは久しぶりかもしれない。

紹介文(↓)にあった、「人間行動学者」が人間の動きから読み取った内容にちょっと興味をひかれたのだ。まぁ「なんとなく…」というレベルではあるが…。

「介護行為が撮影されたビデオを1コマ1コマ見る。心なんて見ない。ただ動きを見る。そこには、言語以前にかしこい身体があった。目利きの人間行動学者が、ベテランワーカーの「神対応」のヒミツに迫る。」



読んでみると、けっこう面白いことがいろいろ書いてあるのだが、いつの間にかピアノのことに結びつけている自分を発見して苦笑いするところもあった。

その一つが、長年の課題である「止まらずに弾く」ことに関連ある?かもしれないこと。

pia small.png

それは「食事介助」の話なのだが、初心者がやると1時間かかるところをベテランは15分でやってしまうという。その理由を行動観察から解き明かすわけだ。

kaigo_syokujikaijo_kyohi.png

分かってきたのは、初心者はうまく行かない場合、その度に仕切り直して「一からやり直す」のに対して、ベテランはうまく行かないことを予知すると、途中から、つまり「一ではないところからやり直す」ことをやっているらしい、ということ。

具体的に言うと、食べ物を箸でつかんで口元へ持っていくのだが、相手が口を開けずに食べるのを拒否したときの対応に差があるそうだ。

初心者は、無理やり口に近づけて、相手の「拒否動作」を完結させてしまう。介護している方も一旦動作を止めるしかない。なので、もう一度食べてもらうためには「一から」仕切り直すことになる。

ところがベテランは、箸を近づけたときに、相手が頭を後ろに引くような「拒否の兆し」を見せると、すっと箸を引っ込め、お茶をとって勧めるなどの行動をとる。つまり、相手の「拒否動作」を完結させない。

この「一ではないところからやり直す」方法によって「食事介助」は停止することなく続けられていく…。

pia small.png

これを読みながら、この介助初心者の「一からやり直す」方法が、私のピアノの「止まってしまうクセ」に似ていると思った次第…(^^;)。

つまり、私の場合、ちょっとでもミスすると、あるいはミスしそうになると、そこで思考も弾く動作も停止してしまって、少し前から仕切り直して弾くことが多いのだ。

指がもつれただけの致命的でない「ニアミス」の場合にも、例えば、音符通りに弾けているのだが、音の大きさが想定外に大きかったり小さかったりした場合とか、音の響きが気に入らない場合にさえ止まってしまうのだ。

悪いクセだと思いながらも、なかなか治らない…(^^;)。これまでに何度も記事を書きながら、まとめ記事(↓)まで作りながら、いまだに…。

《ピアノ練習のヒント:止まらずに弾く》

pia small.png

苦笑いのついでに、私の「止まるクセ」の場合、「一ではないところからやり直す」という方法はあるのか?少し考えてみた。

まず「ニアミス」の場合、これは意志の問題だろう。何が何でも止まらない!続ける!という強い意志。それと「出てしまった音は戻せない」という割り切り?も必要かもしれない。

あとは「止まって音楽そのものを台無しにするより、多少キズがあっても一つの音楽を完結させる方が大事」ということを、日頃から意識するようなことも…。

では、ホントに間違えた音を出してしまったときには…?

そのときは、そのミスの状態から「何げない顔をして次の音符に移る」という方法しか思いつかない。これはなかなか難しそうな気がするのだが、プロの演奏ではときどきお目にかかる技術?だ。

一流のプロには「ミスを予知し修正する」能力がある、という話を『ピアニストの脳を科学する』という本で読んだことがある。瞬間的にミスタッチする音を小さく弾いたりすることができるそうである。

そんな技術は身につきそうもないし、そのための練習などもありそうな気がしないので、それは諦めるしかないだろう。

pia small.png

ちなみに、このベテラン介護士のように「一ではないところからやり直す」ためには、「粘り強さ」が必要だと書いてある。

その「粘り強さ」には、小さなミスをそのままにしない(あるいは悪化させない)、逆にそのミスを新たな「手掛かり」として次につなげるという、細かいレベルでの(コンマ何秒の世界での)観察と調整が含まれているようだ。

外から見ていると、その動きはとてもスムーズで見事なのだが、実際には細かいミスとそれに対する微調整の繰り返しで成り立っているらしい。(ピアノも同じ?)

ピアノ演奏における「粘り強さ」でも考えてみるか…。

pia small.png

おまけ:もうひとつ、ちょっと面白いと思ったこと。人に「心」はあるか?という設問。

「最後はやっぱり、心がこもっているかどうかなんですよね」

この言葉は介護についてよく言われるひとつの例として出されているのだが、これはピアノの演奏について言われていてもおかしくない。

著者は「心のあるなし」よりも「人はいかに相手に"心のようなもの"を見出すか」に関心をよせる「人間行動学者」であると自認しているようである。

これを「人はいかにその演奏から"心のようなもの"を聴き取るか」と言い換えると面白いと思う。

つまり、聴いている音楽というのはしょせん「物理現象」に過ぎない。その物理現象でしかない音響から「心」という言い方に代表される「表情」「感情」「思い」「喜怒哀楽」「人間性」などを感じるとすれば、それは何故なのか、何を手掛かりに感じているのか?

ピアノの練習(レッスン)での「心を込めて」「感情を込めて」「こういう気持ちになって」…などという言い方があまりピンとこない私にとって、とても興味深い問題なのだが、今日はちょっと疲れてきたので、またの機会(があれば)に考えてみようかと思う ♪